「在庫管理」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「在庫管理」に関する情報が集まったページです。

物流のスマート化:
山善が物流拠点に総合物流管理システムを導入 全事業部横断で運用へ
山善は、栃木県足利市にある物流拠点「ロジス足利」に、統合物流管理システムと倉庫管理システムを導入した。これにより、これまで家庭機器事業部が個別運用していたロジス足利を、全事業部横断で運用できるようになった。(2024/1/24)

テラスカイ、財務会計や在庫管理などをSalesforce上で実現するクラウドサービス「mitoco ERP」
テラスカイは、Salesforceをプラットフォームとしたクラウドサービス「mitoco ERP」を発表した。(2023/9/28)

ERPニュースフラッシュ
日本郵船が「Veson IMOS Platform」に海運システムを一本化した理由
海運システムを「Veson IMOS Platform」に統一した日本郵船の事例、オープンロジの「Shopify」向け在庫管理アプリケーションなど、ERPの主要なニュースを紹介する。(2023/9/29)

Supply Chain Dive:
「倉庫いっぱいのチョコレート」を半減 倉庫管理と配送見直しの“効力”
メーカーや小売事業者にとって在庫管理は大きな課題だ。ある大手チョコレートメーカーが倉庫管理と配送方法を見直すことによって在庫を46%削減することに成功したという。(2023/8/25)

足場のサプライチェーンを変革:
PR:眠れる足場を利活用!専用フリマサービスで安心納得の中古取引 在庫管理のサービス化も視野に
建設資材のサプライチェーンは中小や零細が多いため、調達の手間や中間流通を省いた価格の安さに根強いニーズがある。そうした需要を見越して、眠っている足場材を適正価格で売買するフリマ形式のマーケットプレースが登場した。将来は、あらゆる建材を網羅したSaaS提供で建設業界のデジタル化につなげていくという。(2023/8/1)

がっかりしないDX 小売業の新時代:
日本は周回遅れ? ウォルマートを成長させた「データ整備」と「物流改善」の極意
小売業のDXを図る上で在庫管理におけるデータの活用は欠かせない。ウォルマートの事例から、日本の小売業の成長に必要な要素を浮き彫りにする。(2023/8/2)

Supply Chain Dive:
コロナがあらわにしたトヨタの弱み 同社が取り組む「カイゼン」とは
トヨタの在庫戦略はパンデミックの影響は避けられなかったようだ。同社は2023年5月、在庫管理に対するアプローチの一部の見直しを発表した。(2023/6/21)

Supply Chain Dive:
経営危機の百貨店が「フッ軽」化で急回復 CEOの狙いは
売上、利益率が悪化した百貨店が在庫管理の方法を改革して業績を回復させている。在庫管理の方法見直しが奏功したというが、その方法は。(2023/4/11)

Innovative Tech:
隠れているモノが見えるARヘッドセット「X-AR」 小売業者の在庫管理に一役 米MITなどが開発
米MIT(Massachusetts Institute of Technology)と米ミシガン大学に所属する研究者らは、段ボール箱や大量の物に隠れたアイテムの場所を特定し、教えてくれるARヘッドセットを提案した研究報告を発表した。(2023/3/15)

NTT東と連携した実証実験:
え、これが売れるの? 校内に作った生徒運営の「無人売店」 売上分析で見えた意外な人気商品
NTT東日本は、中高一貫校のドルトン東京学園と連携し、校内に無人売店を設置。生徒たちがビジネスやデータ分析を体験する場になっている。仕入れや在庫管理、売り上げ分析まで生徒が行っており、そこでは意外な「売れ筋」も見えてきたようだ。(2023/2/21)

Payments Dive:
Oracleが決済事業に参入 その狙いは
Oracleは2023年1月に小売店向けの決済事業に参入すると発表した。現在の決済事業者よりも安価な導入や容易な決済処理、在庫管理、スタッフ管理を実現するという。(2023/2/20)

コアスタッフ 代表取締役 戸澤正紀氏:
PR:世界的オンライン半導体商社への飛躍に向かい積極投資を展開するコアスタッフ
半導体/電子部品通販サイト「CoreStaff ONLINE」を運営するコアスタッフは2023年、本格的な海外事業展開に向けて積極的な投資を展開する。2022年12月には、これまでの物流センターの約10倍の収容能力を誇る新物流センターの建設に着手。新たな半導体/電子部品サプライヤーとのパートナーシップ締結や、真贋判定サービスやバッファー在庫管理代行サービスなど各種サポートサービスの強化も実施する。「日本発のグローバルなカタログディスティ(カタログ商社)になる」と語るコアスタッフ社長の戸澤正紀氏に2023年の事業戦略を聞いた。(2023/1/12)

医療機器ニュース:
AIとRFIDを活用した次世代医療サプライチェーンの実証試験を開始
帝人とアルムは共同で、脳血管内治療計画プログラムと電子タグシステムを活用した、次世代医療サプライチェーンの実証試験を開始した。正確な在庫管理が可能になることで、医療資源のロス削減を目指す。(2022/12/1)

製造業IoT:
遠隔自動在庫管理を実現、ソラコムのSIMを搭載したマット型IoT重量計発売
スマートショッピングは、在庫管理、発注自動化ソリューション「SmartMat Cloud」向けに、SIMを介してLTEで通信するデバイス「IoT重量計スマートマットSIM版」を発売する。(2022/9/12)

日本では丸井グループが導入:
小売店舗の在庫管理、ロボット導入に踏み切れないワケ
小売業の抱える大きな課題の一つに「在庫管理」があると言われている。ロボットは在庫管理問題を解消する救世主になれるのか? 海外・国内事例を踏まえながら可能性を探っていく。(2022/8/24)

スマートリテール:
ロボットによる在庫管理、レジ決済を可能にするための研究を開始
新エネルギー・産業技術総合開発機構は、「人と共に進化する次世代人工知能に関する技術開発事業」において、商品情報データベースを構築するための研究テーマを採択した。ロボットによる在庫管理やレジ決済が可能になるよう、研究開発を進める。(2022/7/28)

通年の成長率は30%台半ばと予測:
TSMC、需要見通し悪化で2022年の設備投資計画を縮小
TSMCは、生産能力の拡張に向けて2022年中に400億米ドル以上を投じる計画だったが、その計画を縮小した。PCおよび家電セグメントの在庫削減が予想され、需要の見通しが悪化したためである。(2022/7/20)

措置命令を受け:
なぜ、在庫不足に? スシロー「おとり広告」で報告書 AIの予測外れる
消費者庁から景品表示法違反(おとり広告)で措置命令を受けた大手回転寿司チェーンのスシローは7月8日、監査委員がまとめた調査報告書を公開した。(2022/7/9)

旭食品、需要予測ベースの自動発注システムを導入 発注・在庫管理業務にかかる時間が約8分の1に
旭食品は、国内35カ所の物流倉庫に日立の流通・小売業向けデータ活用ソリューションを活用した「需要予測型自動発注システム」を導入した。従来は1日あたり約4時間を要していた発注・在庫管理業務を約30分に削減し、欠品を約4割、返品を最大約3割低減した。(2022/6/13)

スギ薬局、AWSで基幹システム構築 店舗のモバイル端末も接続可能に 現場の業務効率化を加速
スギ薬局がAWS上に基幹システムを構築した。在庫管理や発注、売上分析といった業務に関わる処理を40%以上高速化。業務用PCだけでなく、本部や店舗にあるモバイル端末からの接続にも対応した。約1500店舗の現場業務の効率化や、データを活用した売り場作りに活用する。(2022/5/23)

Supply Chain Dive:
トヨタ式「ジャストインタイム」はもう終わり? ポストコロナ時代の在庫管理を考える
極力在庫を抱えない「ジャストインタイム」方式は長年、企業人に信奉されてきた。しかし、サプライチェーンの混乱が続く今、この方式が機能しなくなっている。ポストコロナ時代にトップに立つための在庫管理の在り方とは。(2022/3/17)

スマートリテール:
NEC、商品棚の在庫状態をAIで可視化するクラウドサービスの提供を開始
NECは、小売店舗の商品棚の状態をAIが可視化することで、在庫管理を効率化するクラウドサービス「NEC棚定点観測サービス」の提供を開始した。(2022/3/16)

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:
思ったよりも売れてない……!? 「iPhone 13シリーズ」の在庫不足と販売店の“たくましい”売り方
iPhone 13シリーズが発売されてから、間もなく半年が経過します。しかし、一部モデルの特定の構成はいまだに慢性的な在庫不足が続いています。そのことは携帯電話ショップの販売現場にどのような影響を与えているのでしょうか。スタッフに話を聞いてみました。(2022/3/3)

Supply Chain Dive:
クリスマス商戦を襲う「在庫不足」回避へ ウォルマートとターゲットが種明かし
世界的なサプライチェーン逼迫が続く中、WalmartとTargetは商品を確保するためにどのような施策を採ったのか。大手以外の小売業者に残された選択肢とは。(2021/12/6)

古田雄介の週末アキバ速報:
「旧正月明けくらいまでは覚悟しないと」――DDR5メモリの今
DDR5メモリの在庫状況は先週に比べたら、(あくまで比較の上での話だが)やや上向いた感がある。第12世代Core iはミドルレンジよりハイエンドの方が組みやすいという声も聞いた。(2021/12/4)

社員の独断を強調、組織的関与は否定:
進々堂、冷凍パンの賞味期限を最大2カ月書き換え コロナ禍で生産抑制中、「欠品させたくなかった」
老舗ベーカリー「進々堂」を展開する進々堂は社員2人が業務用の冷凍パンの賞味期限を書き換えていたとして謝罪した。社員が独断で、賞味期限を最大2カ月間延ばしていた。同社は今後、QRコードを使った在庫管理システムの導入などで再発防止に取り組む方針。(2021/12/2)

前年比で大幅成長も:
GPUの供給の混乱、この先も続く見通し
GPUの供給ネットワークは、2021年第3四半期もジェットコースターのような混乱が続いている。ある業界アナリストは、「ジャストインタイムの在庫管理に過度に依存していることがこの混乱を招いた」と指摘している。(2021/12/2)

NSW、「Infor WMS」提供でインフォアジャパンと提携 サプライチェーン全体の最適化で物流DXを支援
NSWは、倉庫管理システム「Infor WMS」の販売でインフォアジャパンと提携した。物流管理/輸配送管理システムやマテハン機器、自動倉庫などとの連携により、製造・流通・物流業などの顧客に総合的な物流基盤構築を支援する。(2021/11/17)

Google検索、ショッピングに便利な機能 Lensで画像検索(まずはiOSで)や最寄り点の在庫確認など
Googleは、Google検索での新しいショッピング機能を発表した。iOS版Googleアプリへの「画像を検索」ボタンの追加や検索結果を在庫でフィルタする機能などだ。(2021/9/30)

製造マネジメントニュース:
400年続く老舗綿布商が物流業務をIoT化、DXを推進する戦略的協業開始
ラトナは、綿布商の永楽屋と、在庫管理やサプライチェーンなどのDX推進を目的とした戦略的協業を開始する。永楽屋の発注から入荷検収業務、在庫管理などのさまざまな業務をデジタル化、IoT化する。(2021/9/27)

FAニュース:
タンクの在庫量を自動計測してクラウドへ、取り付け工事不要のレベル計
エンドレスハウザージャパンは2021年8月31日、オンライン展示会「ITmedia Virtual EXPO 2021 秋」(会期:2021年9月1〜30日)の新製品発表会において、測定器を設置することが困難な場所でも簡単に設置可能なレベル計「新型レーダーレベル計 Micropilot FWR30」を同年10月1日に発売すると発表した。(2021/9/13)

Supply Chain Dive:
「店舗や倉庫はそのまま」でスーパーのオンライン化や配達を支援 ロボット企業が共創する新サービス
消費者が必要な日用品をオンラインで購入し、戸口まで配達してもらう――、そんな買い物のニーズがコロナ禍で成長している。消費者のニーズに応えたいスーパーや食料品店向けに、米国で成長中のオンライン買い物代行サービス「Instacart」がロボティクス企業と一緒に在庫管理ソリューションを共創すると発表した。その中身と今後の可能性は。(2021/9/8)

「nasneいつでも買えます」 バッファローが在庫状況の改善アピール 生産体制の強化で
バッファローは25日、今年3月の発売直後から品薄が続いていたネットワークレコーダー「nasne」の在庫状況が改善していると明らかにした。SNSなどを通じて消費者にアピールする。(2021/8/25)

Supply Chain Dive:
「ジャストインタイム」に限界? コロナ禍が市場にもたらした在庫不足の教訓とは
長い年月をかけてサプライチェーンを最適化してきた企業は多い。しかし、コロナ禍で彼らが在庫が不足し、生産をやむなく停止する企業も出てきたことで、非常時でも在庫を確保できる“レジリエンス”不足を指摘する声も出てきた。これは果たしてジャストインタイム方式の弊害なのか。(2021/8/25)

製造マネジメントニュース:
マツダの1Q決算は米国好調でコロナ禍前水準以上に回復、通期は半導体不足で不透明
マツダは2021年7月30日、2022年3月期第1四半期の連結業績を発表した。米国市場の好調ぶりを着実に捉えた他、半導体不足などの生産制約に対し在庫効率化などを進めたことで、利益ベースではコロナ禍前以上の水準に回復した。(2021/8/2)

Microsoft Focus:
小売りDXにMSが本腰 「Microsoft Cloud for Retail」から三越伊勢丹の“24時間型VRデパート”まで、支援に生かす“強み”とは
小売業界に特化したクラウドソリューション「Microsoft Cloud for Retail」を発表したMicrosoftが、世界規模で小売り向けの戦略を強化している。消費者向けのデジタル施策から在庫管理の効率化といった多様なニーズにソリューションで応える他、国内外の小売企業と個別にタッグを組んでDXを進める背景には、Microsoftが小売業だからこそ押し出したい強みがあるという。(2021/7/21)

製造ITニュース:
物流倉庫の書類作成業務をデジタル化するシステム、実証実験を開始
東京エレクトロン デバイスは、物流倉庫での作業をデジタル化するシステム「HAKO-FLO」の実証実験を開始した。入荷時や出庫時の計測、検品、在庫管理、棚卸し、帳票ラベルなどの書類作成の業務を専用ソフトウェアで管理できる。(2021/7/14)

Japan Drone2021:
球体ドローン「ELIOS 2」のデモと、独自プラットフォームで運用する“送電線点検”など4用途のドローンシステムを訴求
「Japan Drone2021」でブルーイノベーションは、「ELIOS 2」の機体の展示と合わせて、プラントをイメージした模型内部でのデモ飛行を行った。他にも、独自開発したプラットフォームBEP(Blue Earth Platform)をベースに、「送電線点検」「工場内自動点検」「倉庫内在庫管理」「災害用物流」の4用途に応じるドローンサービスについて、パネル解説とそれぞれに使用する機体を紹介した。(2021/7/12)

古田雄介の週末アキバ速報:
今度はCore i5枯渇で閉口するショップ
AMDのRyzen 5000シリーズが枯渇した時期に登場し、店頭に並ぶラインアップの充実度でライバルを圧倒してきた第11世代Core iシリーズだが、Core i5の在庫不足が深刻化してきている。(2021/7/10)

磯部孝のアパレル最前線:
無印やユニクロの在庫管理はどう? アパレル業界が抱える「サイズ展開」と「需要予測」のジレンマ
アパレル市況は相変わらず厳しい。そんな中でも、カテゴリーにとらわれない拡張路線を走る良品計画の21年8月期第2四半期決算から課題点についてみていきたい。(2021/5/19)

AIで“出版流通改革” 集英社、講談社、小学館が丸紅と新会社
集英社、講談社、小学館は、出版流通を手掛ける新会社の設立について丸紅と協議を始めた。AIを使った配本の最適化や、RFIDを使った在庫管理などを進める計画。(2021/5/14)

厚労省や自治体のシステムにも影響、Salesforceの障害 現在は復旧
5月12日午前7時ごろから米Salesforceの製品で発生した障害で、厚生労働省は5月12日、新型コロナワクチンの在庫管理や配送状況を確認する「ワクチン接種円滑化システム」(V-SYS)に一時ログインできない状態だったと発表した。(2021/5/12)

ワークマン、商品の売れ行きに応じて自動発注する新システムを全店舗に導入へ 日立の「AI需要予測型自動発注」を活用
ワークマンは、商品の売れ行きに応じて自動的に最適数で発注する発注業務支援システムを全店舗に導入する。在庫回転率に応じて需要予測と自動補充のアルゴリズムを切り替えることで、店舗棚割に即した平均在庫量を維持しながら、欠品抑制や在庫適正化、業務効率化を実現する。(2021/4/20)

サプライチェーン改革:
在庫過剰を解消し、サプライチェーンの強靭化を促すAIソリューション
NTTデータ グローバルソリューションズは2021年2月17日、AIを活用した在庫管理ソリューションを展開する米国スタートアップVerusenとの協業開始を発表した。クラウドベースのAI在庫データ管理ソリューションを通じて、企業が過剰に在庫を抱える状況を防ぎ、コストを低減する。(2021/2/18)

国内の“倉庫内”物流テック市場に成長の兆し その背景は――矢野経済研究所
WMS(倉庫管理システム)などのクラウドサービス、作業支援の音声認識システムなどを提供する「倉庫内物流テック」は、2015年前後から導入件数が伸びており、今後も伸長の見込み。特にAIやRFIDの活用は、2021年に物流現場への本格導入が進むという。(2021/1/26)

製造ITニュース:
業務とIT両面で製造現場を支援する見える化ソリューション、原価低減などに貢献
日立産業制御ソリューションズは、業務とITの両面から製造現場の改革を支援する工場業務見える化ソリューション「MONOSOLEIL」を発売した。工場全体の原価低減、生産効率向上、在庫削減などに貢献する。(2021/1/6)

SIE、「PS4」初期モデルの修理受付を終了へ 部品在庫が枯渇
ソニー・インタラクティブエンタテインメントが、PS4の初期モデルの修理受付を12月25日に終了すると発表。部品の在庫不足が理由という。(2020/11/10)

製造ITニュース:
Eコマース向け注文プロセス管理システムの国内提供
セールスフォース・ドットコムは、Eコマース向け注文管理システム「Salesforce Order Management」の国内での提供を開始した。リアルタイムでの在庫状況の把握や注文の更新、返品手続きといった注文処理を迅速かつ効率的に実行できる。(2020/11/6)

Google Cloud Platformを活用:
POS/在庫データをリアルタイムで取り込む、セブン-イレブンのクラウドデータ活用基盤の中身
セブン-イレブンは全社的な統合データ活用基盤「セブンセントラル」を、Google Cloud Platform(GCP)上で構築中だ。同社は2020年9月16日、これについて説明した。(2020/9/23)

ブックオフが深刻な在庫不足で切実な買い取り企画開始 「『本ねぇじゃん』と言ってたら本当になくなりました」
ブックオフなのに本ねぇじゃん! ……本当にねぇじゃん!?(2020/8/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。