• 関連の記事

「MATLAB/Simulink」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「MATLAB/Simulink」に関する情報が集まったページです。

AI基礎解説:
エッジAIがIoTデバイスのリアルタイムの意思決定を可能にする
インターネットに接続されるデバイスの数は2030年までに290億台に達すると予想されている。これらのエッジデバイス上でAI処理を行う「エッジAI」について、進化をけん引する4つの要素や、導入するメリットを解説する。(2024/1/16)

組み込み開発ニュース:
マスワークスがテスト/解析機能を拡充、故障注入の前倒しと動的テストが可能に
マスワークスのモデルベース開発環境「MATLAB/Simulink」は半年に1回のアップデートを行うことで知られている。2023年9月発表の「R2023b」ではテスト/解析関連の機能を大幅に拡充した。(2023/12/12)

GaN/SiCに対応した最新バージョンが登場:
PR:電源の損失解析が大幅進化! 「純国産」の高速回路シミュレーター
電源/パワーエレクトロニクス分野では、GaN/SiCパワーデバイスの採用が進んでいる。そこで課題になっているのが、回路設計時のシミュレーションだ。スマートエナジー研究所が手掛ける高速回路シミュレーターは損失解析の機能などを拡充し、GaN/SiCパワーデバイスを用いた高効率電源の回路設計を支援する。(2023/11/28)

組み込み開発ニュース:
AMDがSOM製品に新ラインアップ「Kria K24」を追加、モーター制御など産業機器向け
AMDは、SOM(System on Module)製品「Kria」の新たなラインアップとなる「Kria K24 SOM(Kria K24)」とその評価キット「KD240ドライブスターターキット」を発表した。(2023/9/20)

組み込み開発 インタビュー:
モデルベース開発でマイクログリッドをコスト削減、中堅中小製造業の脱炭素に向け
中堅自動車部品サプライヤーである武蔵精密工業は、モデルベース開発によってコスト削減を可能にしたマイクログリッドを自社で構築した。国内の中堅中小製造業が悩みを抱えるカーボンニュートラルへの対応に向けて外販も検討している。(2023/8/25)

「Python」は首位を維持:
TOP 20にランク入りした「Julia」とは――プログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」に波乱
TIOBE Softwareが発表したプログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2023月8月版では、初めて「Julia」がTOP 20にランク入りした。(2023/8/23)

「JavaScript」は史上最高ランク:
「COBOL」がトップ20にまさかの復帰、「C++」は「C」を超えるか――2023年7月言語人気ランキング発表
プログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2023年7月版が公開された。「C++」が順位を上げ、「C」を追い抜こうとしている。「JavaScript」は史上最高ランクに達している。(2023/8/5)

CAEニュース:
Unityを活用した協働用ロボットのデジタルツインとは
京セラは、東京都内で開催された「Unity産業DXカンファレンス」で、Unityで構築したデジタルツインにより協働用ロボットの開発を加速する手法について解説した。(2023/7/13)

既に射程範囲内:
不動の1位「Python」を脅かすのは「C」か「C++」か、それとも「Java」? 2023年6月言語人気ランキング発表
プログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2023年6月版が公開された。1位は変わらず「Python」。だが、2023年に入ってシェアが下がっており、2位以下からは「背中が見えている」状態だ。(2023/6/24)

フジクラ 5Gミリ波通信システム向け開発キット:
28GHz PAAM搭載の5G向け開発キット
フジクラとアヴネットは共同で、5Gミリ波通信システム向けの開発キットの販売を開始した。ミリ波周波数帯域向けにフジクラが開発した、28GHzのフェーズドアレイアンテナモジュール「FutureAccess」を搭載する。(2023/6/15)

マクニカと共同で展開:
振動計測と機械学習で状態基準保全を容易に、ADI
アナログ・デバイセズは「FOOMA JAPAN 2023」で、マクニカと共同で展開している状態基準保全ソリューションを展示した。MEMS加速度センサーで計測した振動データを機械学習が可能なソフトウェアで解析する。(2023/6/15)

ロボット開発ニュース:
MathWorksが「UR+」に参加、協働ロボットのモデルベース開発が可能に
MathWorksが、Universal Robotsの協働ロボットとの統合が認定された製品によるエコシステム「UR+」プログラムに参加。「MATLAB」がUR+の認定を受けた。(2023/4/24)

組み込み開発ニュース:
MATLAB/Simulinkに動的テストの開発を支援する新製品を追加
MathWorksは、モデルべース開発環境「MATLAB/Simulink」製品ファミリーの最新版「Release 2023a(R2023a)」を発表した。(2023/4/13)

車載ソフトウェア:
車載ECUのアプリケーション検証がドライビングシミュレーター上で可能に
ユビキタスAI、バーチャルメカニクス、AIBODは、車載ECUソフトウェア開発向けツール「GSIL」、ドライビングシミュレーター「CarSim」、圧縮AIソリューション「AIC Compact」が連携可能になったと発表した。(2023/3/1)

車載ソフトウェア:
車載マイコン向けにSimulink製品のハードウェアサポートパッケージを提供
インフィニオン テクノロジーズは、車載マイクロコントローラー「AURIX TC4x」ファミリー向けに、MathWorks Simulink製品のハードウェアサポートパッケージを提供する。(2023/1/24)

組み込み開発ニュース:
MATLAB R2022bに対応した統計ツールの最新版をリリース
AZAPAは、統計ツールボックス「AZP-QE」の最新版(Ver.2022b)を発表した。新たに「MATLAB R2022b」に対応したほか、MACアドレスによる認証に移行しており、ドングル無しでのツール起動が可能となった。(2023/1/10)

自動運転技術:
PR:自動運転技術の開発を加速するシミュレーション、仮想環境の構築はどうする
ADASや自動運転システムを開発するには膨大な回数の試験が必要であり、もはや実車を用いた試験ではカバーしきれない。自動車業界において導入されている仮想環境を用いたシミュレーションを容易にするのが、MathWorksのソリューション「RoadRunner」と「RoadRunner Scenario」だ。(2022/12/28)

リアルタイムOS列伝(29):
DSP向けが源流の「TI-RTOS」はこのままフェードアウトしてしまうのか
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第29回は、TIが提供するRTOSである「TI-RTOS」を紹介する。(2022/12/8)

組み込み開発ニュース:
宇宙空間でのオンボードAI処理が可能な宇宙グレードSoCの信頼性評価を完了
AMDは、宇宙グレード「Versal」適応型SoCとして、「耐放射線XQR Versal AIコアXQRVC1902」を開発し、米軍仕様MIL-PRF-38535規格のクラスB信頼性評価を完了したと発表した。高帯域幅信号処理とAI推論を可能にする。(2022/11/30)

自動車開発だけじゃない! MATLAB、Simulinkは電力システム構築にも:
PR:V2G/V2H時代の電力システムをどう構築すべきか、そのヒントはモデルベース開発に
再生可能エネルギーを中心とする新たな電力システムでは、エネルギーストレージとして電気自動車(EV)を組み込むV2G/V2Hが検討されている。だが、こうした次世代の電力システム開発には、さまざまな課題が存在する。家やビルから町、都市レベルでエネルギーを管理するアルゴリズムはどう開発すべきか。新たに電力システムと関わりを持つようになる自動車メーカーは、人材育成を含めどう取り組むべきなのか――。V2G/V2H時代の電力システム開発を取り巻く課題の解決方法を探る。(2022/11/15)

組み込み開発ニュース:
ノーコード開発が可能なHMIデザイン開発ツールを発表
カンデラジャパンは、HMIデザイン開発ツール「Candera Studio」を発表した。家電などの民生機器から建設、農業分野の産業機器まで、さまざまな組み込み機器向けのUIを作成できる。(2022/10/31)

Innovative Tech:
他人のスマホ通話をミリ波で盗聴する技術 スマホ用イヤフォンの振動から音声解読
米The Pennsylvania State Universityの研究チームは、他人が会話中のスマートフォンのイヤフォンの振動を検出し、通話相手が何を話しているかを最大83%の精度で解読できることを実証した研究報告を発表した。(2022/10/21)

組み込み開発ニュース:
EV用バッテリーや医用画像処理の開発を強化するモデルベース開発環境の最新版
MathWorksは、MATLABおよびSimulink製品ファミリーの最新版「Release 2022b」を発表した。2つの新製品と6製品の主要なアップデートを提供し、モデルベースデザインの簡略化と自動化を図る。(2022/10/13)

車載ソフトウェア:
ECUの試作前から動作検証できる、車載ソフトウェア向け統合開発環境を提供
ルネサス エレクトロニクスは、車載ソフトウェア向け統合開発環境を発表した。ハードウェアのない初期段階から、仕様や機能、性能の検証が可能で、複数のデバイスを搭載したECUレベルのソフトウェアを開発できる。(2022/10/11)

データで見る「ちょうど良い求人」:
「経営をDXしてほしい。給与は1000万円!」と求人してしまう企業の、致命的な勘違い
「経営をDXしてほしい。給与は1000万円!」──華やかな求人だと感じるかもしれないが、実は根本的な問題を抱えているという。(2022/10/6)

車載ソフトウェア:
PC上で車載ECU制御ソフトウェア開発を演習可能な学習パッケージ
ユビキタスAIは、車載ECU制御ソフトウェア開発者向けの学習パッケージ「GTrainer」の販売を開始した。オートクルーズ制御の開発を想定したステップバイステップの演習を通して、初心者でも効率よくコーディング技術を学べる。(2022/9/14)

組み込み開発ニュース:
要求設計から仮想適合まで対応可能な開発ツール、MATLAB R2022aに対応
AZAPAは、要求設計から仮想適合まで対応可能な開発ツール「AZAPA Total Design Management」の最新版として、MATLAB R2022aに対応した「2022a」をリリースした。動作速度が従来版の3.5倍向上し、UI機能も改善した。(2022/9/8)

AUTOSARを使いこなす(26):
AUTOSAR CP入門(その3)SW-C内部のふるまいを実装する
車載ソフトウェアを扱う上で既に必要不可欠なものとなっているAUTOSAR。このAUTOSARを「使いこなす」にはどうすればいいのだろうか。連載第26回は、「AUTOSAR CP入門」のその3として「AUTOSAR SW-C内インタフェース」と「SW-C内部で利用できるその他のメカニズム」について取り上げる。(2022/8/29)

CASE時代をリードするドライビングシミュレーター:
PR:バーチャルなテストコースで感性評価、開発初期にユーザー体験をリアルに検証
自動車業界は100年に1度といわれる大変革期を迎えている。競争が激化する中、実車の完成を待ってから評価するのではなく、ドライビングシミュレーターをフル活用しながら乗車体験を作り込む必要がある。ISIDとエステックは、次世代モビリティのバーチャル検証拠点「VDX Studio」によって次世代自動車の開発を支援する。(2022/8/22)

組み込み開発ニュース:
自然言語で記述した仕様書をSimulinkモデルから自動生成するツール
AZAPAは、自然言語で記述した仕様書を既存のSimulinkモデルから自動で生成する機能を備えた「AI-Modeling」最新版の提供を開始した。これまで約1カ月要していた仕様書作成を、人による修正を含めても3日ほどで完了できる。(2022/7/27)

AUTOSARを使いこなす(25):
AUTOSAR CP入門(その2)インタフェースの切り方次第で再利用性も変わる?
車載ソフトウェアを扱う上で既に必要不可欠なものとなっているAUTOSAR。このAUTOSARを「使いこなす」にはどうすればいいのだろうか。連載第25回は、「AUTOSAR CP入門」のその2として「処理の中身(ふるまい)の実現」をについて取り上げる(2022/7/12)

組み込み開発ニュース:
工場におけるCBMの実現に向け、アナログ・デバイセズとマクニカが共同提案
アナログ・デバイセズは、「FOOMA JAPAN 2022(国際食品工業展)」において、マクニカと共同で国内向けに展開しているCBM(状態基準保全)ソリューションを展示した。(2022/6/10)

AUTOSARを使いこなす(24):
AUTOSAR CP入門(その1)RTOSがAUTOSAR理解の壁になっている?
車載ソフトウェアを扱う上で既に必要不可欠なものとなっているAUTOSAR。このAUTOSARを「使いこなす」にはどうすればいいのだろうか。連載第24回からは、AUTOSAR CP(Classic Platform)の導入拡大の大きな障壁になっているであろう、スケジューラ方式による開発からRTOSを用いた開発への移行で求められる知識をまとめた「AUTOSAR CP入門」をお送りする。(2022/6/7)

組み込み開発ニュース:
スタートアップ向けに「MATLAB/Simulink」を優待価格で提供
MathWorksは、「MATLAB」や「Simulink」製品に加え、多様な産業分野別のツールボックスを含む標準スイート2製品を発表した。スタートアップ企業向けに、優待価格で提供する。(2022/5/31)

リアルタイムOS列伝(22):
RTOS的に使えるがRTOSではない「QP」はMATLABの代替候補にもなり得る?
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第22回は、厳密にはRTOSではないものの、RTOS的な利用も可能なフレームワーク「QP」を紹介する。(2022/5/9)

開発の期間短縮とコストを削減:
NXP、車載レーダーセンサー向け開発キットを発表
NXP Semiconductorsは、車載レーダーセンサーの性能強化に向けた「Premium Radarソフトウェア開発キット(PRSDK)」を発表した。2022年内にもレーダーシステムの評価用として供給を始める。(2022/4/13)

組み込み開発ニュース:
無線通信/産業用通信や自動運転に対応、モデルベース開発環境の最新版
MathWorksは、MATLABおよびSimulink製品ファミリーの最新版「Release 2022a」を発表した。無線通信、産業用通信、自動運転に対応した5つの新製品と11製品の主要なアップデートに加え、多くの機能を追加している。(2022/4/7)

AI・機械学習のデータセット辞典:
SVHN:ストリートビューでの家の番地(数字)の画像データセット
データセット「SVHN」について説明。約10万枚(難易度が低いサンプルを含めると約63万枚)の「Googleストリートビューから切り抜いた家の番地における1文字分の数字」の「画像+ラベル」データが無料でダウンロードでき、画像認識などのディープラーニングに利用できる。TensorFlow、PyTorchにおける利用コードも紹介。(2021/12/16)

FAニュース:
オープンCNCでIoT適用などの検証を簡単に、研究/試験用の小型マシニングセンタ
岩間工業所、ベッコフオートメーション、connectome.designの3社は2021年10月14日、オープンなCNCであるベッコフオートメーション製のPCコントローラーを採用することで、高速高精度なデータ取得と自作制御処理の組み込みを可能とした、研究/試験用の小型マシニングセンタを発表した。(2021/10/18)

組み込み開発ニュース:
2つの新製品追加と5製品のメジャーアップデート、モデルベース開発環境の最新版
MathWorksは、MATLABおよびSimulink製品群の「Release 2021b」を発表した。2つの新製品「RF PCB Toolbox」「Signal Integrity Toolbox」を加えた他、多くの機能追加やアップデートを実施している。(2021/10/14)

自動運転技術:
PR:自動運転の検証に不可欠な「柔軟性」「統合性」「拡張性」を確保するには?
dSPACE Japanは2021年9月15〜16日、毎年恒例のユーザーイベント「dSPACE Japan User Conference(JUC)」をオンラインで開催した。基調講演を含め、自動運転システムの開発で必要だとされたのが「効率的な検証試験の実施」だ。そして、それを支える仕組みとしてdSPACE Japanは発売したばかりの「SIMPHERA(シンフェラ)」を紹介した。(2021/10/11)

自動車業界の1週間を振り返る:
「クルマのよりよい作り方を追求できる」という強み
土曜日ですね。1週間お疲れさまでした。季節外れの暑さだったり、夜遅くの大きな地震だったり、ぐったりしてしまいます。皆さまご無事でしょうか。(2021/10/9)

「C」「Java」は下降中:
「Python」が初の首位に、プログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」
TIOBE Softwareが発表したプログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2021年10月版では、20年間で初めて「Python」が初めて首位に立った。(2021/10/8)

車載ソフトウェア:
トヨタが6年ぶりに「MATLAB/Simulink」を刷新、今後は更新サイクルを短縮へ
MathWorksはモデルべース開発環境「MATLAB/Simulink」のユーザーであるトヨタ自動車が、量産開発に適用しているバージョンを「R2015a」から「R2021a」に移行すると発表。トヨタ自動車が、MATLAB/Simulinkの量産開発適用バージョンを変更するのは、2015年10月に「R2010b」からR2015aに移行して以来で、約6年ぶりとなる。(2021/10/7)

インタラクティブなランキングを表示できる:
IEEEがプログラミング言語の各種ランキングを発表、上位に並んだのは?
IEEEはプログラミング言語の年次ランキングの最新版「Top Programming Languages 2021」を公開した。インタラクティブなアプリケーションとして公開されており、言語の分野を絞り込んだり、独自の重み付けに合わせたカスタムランキングを作成したりできる。(2021/9/15)

MATLAB Expo Japan 2021:
国内航空機製造業界にモデルベース開発は浸透するのか、MBACの挑戦
「MATLAB EXPO Japan 2021」に、三菱重工業の増子洋一郎氏とIHIの坂井俊哉氏が登壇。「国内航空機業界初! MBD技術コンソーシアムの紹介と今後の展望」をテーマに、航空機開発におけるMBDの普及および技術力向上を目指す航空機関連メーカー横断のMATLAB/Simulinkユーザーによる技術コンソーシアム「MBAC」について紹介した。(2021/8/10)

車載ソフトウェア:
自動運転システム検証基盤ソフトウェアを公開、シナリオベースの開発を支援
NTTデータ オートモビリジェンス研究所は、自動運転システム検証基盤ソフトウェア「GARDEN ScenarioPlatform」をオープンソース化した。自動運転ソフトウェア開発における、シナリオベースの開発プロセスをサポートする。(2021/7/6)

ロボット開発ニュース:
複雑化する自律移動ロボットをモデルベース環境で効率よく開発する
自律移動ロボットへの期待感が、倉庫や工場、プラントの作業自動化ニーズとともに高まっている。だが、ロボットの高度な知能化はアルゴリズムの複雑化や、機械/油圧/電気などの分野のドメインナレッジを要求する。こうした開発を容易にするツールとしてMathWorksのMATLAB/Simulinkがある。(2021/5/21)

Javaにわずかな差で迫るPython:
人気ランキング「TIOBEインデックス」で「Objective-C」が20位圏外に
TIOBE Softwareが発表したプログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2021年4月版では、常連の「C」「Java」「Python」「C++」「C#」が1〜5位を占め、10年前に隆盛を誇った「Objective-C」が20位から転落した。(2021/4/7)

組み込み開発ニュース:
衛星通信やレーダー、DDS用途向け機能を追加したモデルベース開発環境の最新版
MathWorksは、モデルベース開発環境「MATLAB/Simulink」の最新バージョン「Release 2021a(R2021a)」を発表した。衛星通信、レーダー、DDSアプリケーション分野に向けた3つの新製品、12製品の主要なアップデートなどが含まれる。(2021/4/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。