• 関連の記事

「学習」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「学習」に関する情報が集まったページです。

「はたらく細胞」→「理科の勉強」 好きなアニメをつまらなさそうに紹介するハッシュタグがむしろ面白そう 「ガンダム」「ジョジョ」なども紹介
つまらなさそうに紹介してもにじみ出る「推しの面白さ」。(2022/7/1)

プロのイラストレーターが色塗りで意識する“3つの色”が参考になる 「後世に伝えていきたい」「勉強になった」と反響
「物の色」「心の色」「場の色」(2022/7/1)

Innovative Tech:
「この写真を金髪に変えたい」──脳で考えた通りに画像を編集するAI、欧州チームが開発
フィンランドのUniversity of Helsinkiとデンマークのコペンハーゲン大学の研究チームは、人間が考えたことをもとにコンピュータに画像を編集させる深層学習を用いたブレインマシンインタフェース(BMI)技術を開発した。(2022/7/1)

3Dスキャナーニュース:
深層学習で透明や黒色、金属の物体を忠実に再現する3Dスキャン代行サービス
Preferred Networksは、多様な材質の対象物品をデジタル化する、3Dスキャン代行サービス「PFN 3D Scan」の提供を開始した。深層学習を用いた独自技術と3Dスキャン装置により、透明、黒色、金属などの物品でも忠実に再現できる。(2022/6/30)

AI×教育でミドル層の生徒を磨く 過去20年の記録で最適な学習ポイント導く スプリックス・常石社長
1校舎当たりの生徒数が最も多い個人指導塾「森塾」を運営、傘下に進学塾「湘南ゼミナール」などを置くスプリックスの常石博之社長は、AIを取り入れた教材開発などユニークな取り組みを進めている。(2022/6/29)

「Python+PyTorch」と「JoeyNMT」で学ぶニューラル機械翻訳(1):
ニューラル機械翻訳(NMT)の基礎を「JoeyNMT」で学んでみよう(準備編)
精度向上により、近年利用が広まっている「ニューラル機械翻訳」。その仕組みを、自分で動かしながら学んでみましょう。第1回は海外の大学で教材として使われている「JoeyNMT」のインストール方法やモデルの訓練方法を紹介します。(2022/6/29)

embedded world 2022:
センサー内で学習、推論できる6軸慣性測定ユニット
STMicroelectronicsはドイツ・ニュルンベルクで開催された組み込み技術の展示会「embedded world 2022」(2022年6月21〜23日)に出展し、インテリジェントセンサープロセッシングユニット(ISPU)搭載の6軸慣性測定ユニット(IMU)「ISM330IS」のデモなどを展示していた。(2022/6/28)

新聞広告を自動配置 「AI割付」で天候に即した商品提示も
産経新聞社と電通グループのデータアーティストが、AIを利用して新聞広告を紙面に配置する「AI割付」のシステムを共同開発した。さまざまなルールがある割付作業を学習させ、天候や社会情勢などに合わせた広告掲載などを見込む。(2022/6/28)

Innovative Tech:
MinecraftをAIがプレイ、10分で「ダイヤモンドのツルハシ」を高速作成 米OpenAIが技術開発
米OpenAIの研究チームは、人間がプレイするMinecraft(マインクラフト)の映像から複雑な動作を学習するモデルを開発した。学習したモデルは、熟練した人でも20分以上かかるダイヤモンドツールの作成を10分程度で成し遂げ、その有効性を示した。(2022/6/28)

保育園の防災訓練を受ける4歳娘に「先生は何て言ってた?」と尋ねたら…… “リアルすぎる”回答に「違う、そうじゃない」と笑ってしまう漫画
うん、間違ってはいないね!(2022/6/28)

医療技術ニュース:
ひきこもりに特徴的な血液バイオマーカーを発見
九州大学は、ひきこもり状況にある人の血液中の代謝物や脂質を測定し、ひきこもりに特徴的な血液バイオマーカーを発見した。また、機械学習アルゴリズムを作成し、ひきこもり者と健常者を高精度に識別した他、重症度予測にも成功した。(2022/6/28)

現場教育:
空き時間に動画で建設業の職業訓練、BuildWittが米国でトレーニングプラットフォームを提供開始
米・BuildWittは、建設業界の現場作業員向けに、施工手順などを解説した動画による現場教育サービスを米国で開始した。(2022/6/27)

AWS、プログラミングを機械学習で支援する「Amazon CodeWhisperer」プレビュー公開 コメントを書くとコードを提案
AWSが、機械学習を用いてプログラミングを支援する「Amazon CodeWhisperer」をプレビュー公開した、オープンソースリポジトリなどから数十億行のコードを基にした機械学習により、プログラマーが書き始めたコードの続きを提案してくれるサービスという。(2022/6/24)

施工:
AIモデルを活用しシールドマシンの掘進方向制御を支援する新システム、西松建設
西松建設は、熟練オペレーターの操作技術などを数値化し、シールドマシンの掘進方向制御をAIモデルで支援するシステムを開発した。新システムは、導入することで、シールドマシンによる掘削精度の向上や施工の効率化を図れる。加えて、個人差があったオペレーターの操作技術を数値化し、システムのAIモデルに学習させるため、熟練者から細かい技術を学ばなくてもシールドマシンの掘進方向制御を行えるようになる。(2022/6/24)

集英社のマンガで英語を学べるアプリ登場 「鬼滅の刃」「SPY×FAMILY」「ONE PIECE」など30作品以上
マンガ特化のAI翻訳技術を手掛けるMantraは、マンガ作品で英語の多読学習ができるアプリ「Langaku」を公開した。漫画作品には集英社が協力しており、30作品をラインアップする。(2022/6/22)

FAニュース:
人手作業を手指の関節点とモノの画像認識で正確に把握、NECがAI技術を開発
NECは2022年6月20日、AI(人工知能)を活用した映像解析により、手指の動きと作業するワークを高精度に識別し、工程の流れを見える化できる技術を開発したと発表した。工程当たり数回の映像による学習で、従来は難しかった細かい作業内容を正確に把握できる。製造の組み立て作業や物流の詰め込み作業などの人作業の見える化で2022年度中に製品化を進めていく。(2022/6/22)

「1人1台」端末配備2年目 子供たちの主体的学び鍵に
コロナ禍で全国の小中学生に1人1台の学習用タブレット端末が配られ、2年目を迎えた。端末の活用は学校現場の情報化を進める足がかりとなるが、ハードとソフトの両面でまだ課題も多い。(2022/6/21)

自動車業界向けAI活用入門(前編):
AI活用が進む自動車業界、その継続的な運用に必要な「MLOps」とは
AIの活用が進む自動車業界だが、その使いこなしという意味では課題も多い。本稿は前後編に分けて、自動車業界が抱えるAI活用の課題を取り上げるとともに、その解決策として「機械学習モデル管理の重要性」(前編)と「コネクテッドデータの活用」(後編)という2つの観点で解説する。(2022/6/21)

Reddit、機械学習のSpell買収
Redditは、SaaSベースの機械学習プラットフォームを手掛けるSpellを買収した。製品や広告に機械学習機能を統合していく計画だ。(2022/6/17)

AIで異音を「見える化」 製造現場の監視などに成果 札幌のIT企業が開発
札幌市のIT企業が開発した音をリアルタイム監視するシステムが注目されている。AIに工場設備の平常音などを事前に学習させ、「聞いたことがない音」を異音として検知させる他、グラフデータで「見える化」もする。(2022/6/17)

現行製造プロセスとも高い親和性:
FeFETによる機械学習、音声認識の精度は95.9%
東京大学は、強誘電体トランジスタ(FeFET)を用いた「リザバーコンピューティング」と呼ばれる機械学習方式を開発し、高い精度で音声認識を行うことに成功した。採用したFeEFTは現行の製造プロセスと親和性が高く、LSIの大規模化も比較的容易とみている。(2022/6/15)

Webデザインの有料学習サイトが無料化 IllustratorやPhotoshop入門などが見放題
Webデザインの有料学習サイト「chot.design」を運営するちょっとは全コンテンツを無料公開した。「Photoshop」や「Illustrator」の基礎レッスンからUIデザインやバナー制作テクニックを紹介する本格的なレッスンまで571本を公開している。(2022/6/14)

穴埋め問題を簡単に作れるWebサイト、「試験勉強に役立つ」と話題に 教育系IT企業のCTOが作成
マウスやタッチ操作で直観的に穴埋め問題を作成できるWebサイト「テストメーカー」が話題だ。Twitterでは「個人学習や試験勉強に役立つ」などの声が上がっている。(2022/6/14)

Appleの機械学習モデル、Apple TVへ tvOS 16で一部利用可能に
Appleは機械学習モデルに関する「What's new in Create ML」を公開。(2022/6/14)

VR:
ショベルカー操作シミュレーションアプリが10万ダウンロード
トライアローのショベルカー操作シミュレーションアプリ「重機でGo」が、10万ダウンロードに到達した。操作訓練や安全教育に加えて、一般向けの建設現場での見学会やイベントに活用されている。(2022/6/14)

製造マネジメントニュース:
マクニカ、横河電機の予測型AIプロジェクト向け製品導入を支援
マクニカは、横河電機の予測型AIプロジェクトにおいて、H2O.ai製の機械学習自動化プラットフォーム「Driverless AI」と、Luminoso製の自然言語分析AI「Luminoso Daylight」の導入を支援した。(2022/6/13)

Innovative Tech:
AIが信号機を自律操作 交通渋滞の軽減を目指す 英国の研究チームが技術開発
英Aston Universityの研究チームは、交差点にあるライブカメラの映像で交通状況を監視し、深層学習モデルで適切な信号操作をリアルタイムに行う、ビジョンベースの完全自律型信号制御システムを開発した。(2022/6/13)

議事録作成の効率化の「鍵」とは
自社で学習できる文字起こしツールの強みとは? 「セルフカスタマイズ」の真価
Web会議の利用が活性化するとともに、議事録の作成が求められる場面が広がっている。文字起こしツールを標準搭載するWeb会議ツールはあるものの、専門用語の認識精度には課題が残る。認識精度を手軽に高めるには、どうすればいいのか。(2022/6/13)

教育機関が「なりすましメール」から身を守る方法【第4回】
なりすましメールにだまされないために学習者のセキュリティ意識を高める方法
教育機関がサイバー攻撃を受けたとき、最前線にいるのは学習者と教職員だ。彼らにセキュリティ意識と知識がないと、被害を防ぎにくくなる可能性がある。どのように対処すればよいのか。(2022/6/13)

Google、Chromeブラウザの機械学習採用機能を紹介 うるさい通知のブロックなど
GoogleがChromeブラウザの機械学習採用の新機能を紹介。通知許可プロンプトをユーザーの履歴からブロックするかどうか判断する機能や、Android版で適切なツールアイコンを表示する機能などだ。(2022/6/10)

結果が誰に影響を与えるのかを考えなければならない:
「説明可能なAI」に欠陥、少数派の扱いが不公平になるとMITが指摘する根拠は?
マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームは、機械学習モデルの予測を信頼するかどうかをユーザーが判断するためによく使われる「説明モデル」には問題があることを示した。少数派を公平に扱えないという問題だ。なぜこのようなことが起きるのだろうか。(2022/6/9)

時間が足りない:
自分の1時間の価値 プライベートは「1万3639円」、仕事は?
自分の1時間の価値は、どのくらいなのだろうか。10〜60代の男女に、仕事や家事・勉強をするオンタイムの価値を値付けしてもらったところ……。(2022/6/8)

小倉優子、ドラマ「ドラゴン桜」監修の東大生から指導受ける 「38年間気が付きませんでしたが今は勉強が楽しいです」
自習室での勉強風景を公開。(2022/6/7)

PR:女の子「おねがいっ」→探偵・刑事「任せて…!」 くすっと笑えて勉強にもなる“アメリカ大豆”のWebドラマに新作登場
日本の食卓に欠かせない「大豆」、どこから来ているか知っていましたか?(2022/6/7)

Innovative Tech:
文章から“動画”を自動作成するAI、中国の研究チームが開発
中国の清華大学の研究チームは、簡単なテキストを入力に、その文章を基にした簡単な動画を自動作成する機械学習モデルを開発した。(2022/6/6)

内蔵の機械学習コアで直接AI処理:
ST、車載用6軸MEMSモーションセンサーを発表
STマイクロエレクトロニクスは、機械学習コアを内蔵した車載用6軸MEMSモーションセンサー「ASM330LHHX」を発表した。車両の動きや姿勢を高精度に検出することができ、より高度な自動運転を実現するための機能を提供する。(2022/6/6)

理想的な「オンライン授業」のつくり方【後編】
自宅組と教室組が一体になれない“残念なオンライン授業”をなくす方法
授業において学習者は、教員から学ぶのと同じくらい、他の学習者から学んでいる。オンライン授業では、自宅と教室のそれぞれから参加する学習者同士のやりとりがしづらいケースがある。どうすれば解決できるのか。(2022/6/3)

TechTarget発 世界のITニュース
Salesforceによるマーケティングと顧客サポートの新機能は何がすごい?
Salesforceは、カスタマーサポートツールとMA(マーケティング自動化)ツールの新機能を発表した。GoogleとGenesysの提携によるデータの統合や、機械学習を活用した機能とは。(2022/6/2)

教育機関が「なりすましメール」から身を守る方法【第2回】
「なりすましメール」の被害から学習者と教職員を守る方法
サイバー攻撃の成否を左右する「なりすましメール」。学習者や教職員をなりすましメールから保護するために、教育機関はどのような対策を取ればよいのか。(2022/6/1)

医療技術ニュース:
脳や神経機能を発現可能な4端子メモリスタの人工シナプス素子を開発
大阪大学は、4端子のメモリスタを用いた人工シナプス素子を開発し、生体が学習や行動する際に働く脳および神経系の情報伝達や処理に関わる連合性、変調性、相関性など高度な機能の実証に成功した。(2022/5/31)

“自社DB破壊&身代金要求”に直面してfreee経営層が気付いた3つの課題 佐々木CEOに聞く
「自社のDBを破壊し、CEOに身代金を要求する」訓練を実施し話題を集めたfreee。全社を巻き込んだ訓練で、経営層は当時どんな教訓を得たのか。同社の佐々木大輔CEOに聞く。(2022/5/30)

CIO Dive:
ハネウェルは「Snowflake」でビジネスをどう変えた? データ戦略に迫る
コロナ禍を経て企業のデータ戦略は大きく進んだ。迅速なインサイトを得るために、データプレイブックで学習させたAIや、自動化を取り入れたデータ活用を進める企業も出てきている。データ戦略の現在地を探った。(2022/5/27)

スタディラボ、デジタルと紙を融合した塾向け家庭学習サービス「StudyOne」
スタディラボは、デジタルと紙を融合した塾向け家庭学習サービス「StudyOne」を発表した。(2022/5/26)

メカ設計ニュース:
検索の快適さや利便性を向上させる4つの新機能を追加した類似形状検索システム
スマートスケープは、機械学習を活用した3D類似形状検索システム「SS4M」に検索の快適さや利便性を向上させる“4つの新機能”を追加した新バージョンの提供を、2022年5月20日から開始したことを発表した。(2022/5/26)

ビジネスパーソン1016人に聞く:
継続は力なり オンライン英会話を続けるコツは?
ビジネス特化型オンライン英会話事業「Bizmates」を展開するビズメイツ(東京都千代田区)は、「オンライン英会話学習の習慣化」に関する調査を実施した。65.5%がオンライン英会話の受講を継続することは難しいと感じていることが分かった。(2022/5/25)

新しい物体でも高い精度で検出:
東芝が物体検出AIを開発、画像1枚を登録するだけ
東芝は、未学習の物体が映った画像1枚を登録すれば、新規の物体でも高い精度で検出できる画像認識AI「Few-shot物体検出AI」を開発した。製造現場や流通現場での活用に向けて、2023年度中の製品化を目指す。(2022/5/25)

医療技術ニュース:
ネコは同居しているネコや人の名前を学習している
ネコは同居しているネコや人間の名前を学習しており、名前を聞くとその顔を思い出していることが、京都大学らの共同研究で明らかになった。(2022/5/24)

コンテナベースの機械学習基盤を大解剖(1):
リクルートのエンジニアが詳説、クラウドネイティブな「機械学習基盤」を内製した理由
リクルートのエンジニアが内製している機械学習基盤について詳しく解説していく本連載。初回はリクルートでクラウドネイティブな機械学習基盤を内製した理由について。(2022/5/24)

「子供のやる気、親の花マルでアップ」データで判明 コクヨ「しゅくだいやる気ペン」
「花マルを日々もらっている子どもほど、学習の継続率が高い」――コクヨが「しゅくだいやる気ペン」のユーザー約1700人のデータから、こんな調査結果を発表。(2022/5/23)

エンジニア以外の社員にもアジャイルを:
「開発者が体調不良、どうする?」 アジャイル開発を学習できるボードゲームを大日本印刷が開発
大日本印刷は、「アジャイル開発が体験できるボードゲーム〜目指せスクラムマスター〜」の試作品を開発した。できるだけ早く小さい成果物を積み重ねるプロセスを、ゲームを通じて経験することで、アジャイル開発の本質を理解できる。(2022/5/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。