• 関連の記事

「学習」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「学習」に関する情報が集まったページです。

武蔵野大、メタバース上にキャンパスを構築 いつでも「オンライン登校」して交流や議論 キャンパス訪問
メタバースに、既存のキャンパスと連動した第4のキャンパスを構築。立地や距離、時間を超越した生涯学習や社交、相互作用の場として大学を進化させていく。(2024/2/22)

オンライン学習を学んでいるのは誰? モバイル社会研究所が調査
その他受講経験のあるオンライン学習のジャンル、メリットとデメリットなどを尋ねた。(2024/2/22)

「物理世界の汎用(はんよう)シミュレーター構築に向けた有望なステップ」:
OpenAI、動画生成AI「Sora」を発表 技術レポートで明かされる開発ビジョン、学習の仕組み、課題とは
OpenAIは、テキストから最大60秒の動画を生成するAIモデル「Sora」を発表した。(2024/2/22)

トライバルメディアハウスの「マーケティングの学び方を学ぶ塾」:
マーケティングの「学習範囲と8つのスキル」 プロは「理論」から学ぶ
一言で「マーケティング」といっても、その領域は広く深いため、どこから学べばいいか迷子になっている人も多いです。今回はマーケティングの全体像を示すとともに、学習すべき範囲や求められるスキルについて解説します。(2024/2/21)

ビジネスパーソンのためのIT用語基礎解説:
いつもお世話になっている「メモリ」の基礎を理解しよう
IT用語の基礎の基礎を、初学者や非エンジニアにも分かりやすく解説する本連載、第17回は「メモリ」です。ITエンジニアの学習、エンジニアと協業する業務部門の仲間や経営層への解説にご活用ください。(2024/2/21)

学習塾の倒産件数、直近20年で最悪に コロナ関連も増加
東京商工リサーチが学習塾の倒産に関する調査結果を発表した。ニーズの変化にも直面する中で、特に中小・零細の学習塾は厳しい時代にあるようだ。(2024/2/20)

深層学習モデルの仕組み【前編】
画像認識や生成技術の基礎「CNN」「GAN」とは? 押さえたい特徴と違い
主要な深層学習モデルとして「畳み込みニューラルネットワーク」(CNN)と「敵対的生成ネットワーク」(GAN)がある。両者には似通う点があるが、仕組みや使い方は異なる。その成り立ちから解説する。(2024/2/19)

グッドパッチとUXの話をしようか:
三日坊主にはなれない? Duolingoの「離脱ユーザー」を引き戻す画期的な仕組み
今年の抱負の常連でもある、語学学習ですが、三日坊主になってしまう人も多いのではないでしょうか。語学学習アプリ「Duolingo」はサービス内で、離脱ユーザーを引き戻す画期的な仕組みを整えています。どんな体験が待っているのかというと……(2024/2/16)

Innovative Tech:
GoogleのゲームAI、“探索なし”でチェスのグランドマスターレベルを達成 大量データでの訓練のみで
Google DeepMindに所属する研究者らは、これまでの定石である探索アルゴリズムを使用せずに、AIがチェスにおいて人間のグランドマスターに匹敵するレベルに到達できることを示した研究を発表した。(2024/2/15)

マグロ、ワイン、日本酒……AIが目利き 「10年以上かかる」職人スキルを深層学習で再現
各業界で人手不足が深刻になっているが、特に高いスキルを持つ人材の不足が企業にとって大きな課題となっている。(2024/2/14)

トライバルメディアハウスの「マーケティングの学び方を学ぶ塾」:
マーケティング学習で陥る3つの罠 「学び方を学んでいない」迷子が多すぎる
マーケティングを学ぶとき、迷子になるマーケターが後を絶ちません。なぜでしょうか? また、学習時に陥りやすい3つの罠についても解説します。(2024/2/14)

マグロ、ワイン、日本酒……AIが目利き 「10年以上かかる」職人スキルを深層学習で再現
AIなどを活用してベテランのスキルを再現したり、若手に伝承したりする取り組みが進んでいる。昔ながらのアナログなスキルをデジタル技術が支える時代が到来しつつある。(2024/2/13)

機械学習入門:
機械学習をPythonで学ぼう! 基礎、できること、ライブラリ
「知識ゼロから学べる」をモットーにした機械学習入門連載の第1回。ルールベースと機械学習ベースの違いから、教師あり学習などの学習方法、回帰/分類などのタスクまで基礎の基礎から説明。機械学習のためのPythonライブラリも概説する。(2024/2/8)

炭化したパピルス巻物をAIで解読するコンテストで2000文字以上解読成功
ポンペイ火山噴火で埋もれた図書館から発掘された炭化したパピルスの巻物を解読するコンテスト「ベスビオ火山チャレンジ」で、新たな機械学習アルゴリズムが開発され、11行2000文字の解読に成功した。(2024/2/6)

住谷杏奈&レイザーラモンHG、12歳娘が1日10時間の猛勉強で志望中学に合格「娘、号泣。私も号泣」 受験勉強開始は2カ月前
4教科受験は失敗も、2教科で合格を勝ち取りました。(2024/2/3)

製造工程の最適化などにも適用可能:
量子アニーリングマシンとMLを活用、新規化学材料の組成発見
東北大学の研究グループとLG Japan Labは、量子アニーリングマシンとベイズ的最適化と呼ばれる機械学習(ML)技術を連係し、これまで未探索であった目標特性値を持つ新規化学材料を発見した。今回の研究成果は、製造工程の最適化や生物分野などにも適用できるという。(2024/2/1)

イチから分かる! 楽しく学ぶ経済の話(7):
日本の固定資産への投資額はどう推移した? 国際比較で確かめる
勉強した方がトクなのは分かるけど、なんだか難しそうでつい敬遠してしまう「経済」の話。モノづくりに関わる人が知っておきたい経済の仕組みについて、小川さん、古川さんと一緒にやさしく、詳しく学んでいきましょう!(2024/2/1)

「AIが卵より安くなる時代」に向けて:
ChatGPTで「オリジナル穴埋め問題集」を作ってみよう
ビジネスパーソンには学ばなければならないことがたくさんあります。あなたはどんな教材で勉強していますか。「これをこういうふうに学びたい」という細かなニーズにピッタリ合う問題集をChatGPTで作る方法とは。(2024/1/31)

現場改善を定量化する分析手法とは(6):
「工場診断」は見える化による盤石な組織づくりの手法である
工場の現場改善を定量化する科学的アプローチを可能にする手法を学習する本連載。第6回工場運営分析の後編として、見える化に基づく「工場診断」を取り上げる。(2024/1/30)

組み込み開発ニュース:
ソフトウェア定義開発に向けて組み込み開発者のスキルを向上する学習環境を提供
BlackBerryは、高度なスキルを持つ組み込みシステム開発者に対する需要の高まりを背景に、「QNX Everywhere」を2024年初頭に開始する。QNXソフトウェアに関する知識を学生や学術研究機関、専門家が容易に習得できるよう環境を提供する。(2024/1/29)

真っ白な部屋にインテリアのプロが手を加えたら……? “統一感とメリハリ”意識で印象激変に「真似したい」
模様替えのときの「統一感」と「メリハリ」の考え方が勉強になる!(2024/1/26)

電通グループ、AWSのAI・ML開発サービスを駆使して顧客のDXを支援
電通グループはAWSの生成AIサービス「Amazon Bedrock」と機械学習サービス「Amazon SageMaker」を採用し、顧客の事業成長とDXの推進を支援すると発表した。(2024/1/26)

読売新聞、Web記事の“生成AIへの学習利用”を禁止に 利用規約を改定 スクレイピングなどもNG
読売新聞社は、Webメディア「読売新聞オンライン」の利用規約を改定すると発表した。掲載記事を生成AIなどに学習させる行為などを新たに禁じる。2月1日から適用する。(2024/1/25)

Google、Bardなどの生成AIトレーニングに貢献した下請けAppenを突然解約
機械学習用のデータ準備・管理の支援を手掛ける豪Appenは、重要顧客のGoogleから突然契約終了を通告されたと証券取引所への提出文書で明らかにした。(2024/1/24)

「継続的な学習」を普及させる12のヒント【後編】
こんな社内制度で「スター社員」ばかりに? やる気が出る理由とは?
スキルの向上に努力を惜しまない従業員には末永く働いてもらいたい――そのために企業が構築すべき「継続的な学習」の制度とは。(2024/1/23)

ユニクロ「冬のコーディネート術」を指南! 誰でもおしゃれに見える8選が勉強になる
マネしやすいコーデ!(2024/1/22)

医療機器ニュース:
リストバンド型生体センサーを用いて脳内アミロイドベータの蓄積を予測
エーザイと大分大学は、リストバンド型生体センサーから取得した生体データを活用し、アルツハイマー病の病理である脳内アミロイドベータの蓄積を予測する機械学習モデルを開発した。(2024/1/22)

「ビジネスへの適用」を実現するためのプログラム構成:
PR:AWS、2024年2月22日に「AWS Innovate - AI/ML and Data Edition」を開催 生成系 AIや機械学習で今理解すべきポイントを押さえ、「生きたノウハウ」をつかむ3時間
社会全体の関心を集めている生成系 AI。だが、企業がこれまでもビジネス活用に取り組んできたAI/機械学習も含めて、「ビジネス価値につなげている」例はまだ限定的だ。デジタル人材不足も課題となっている中、どうすれば生成系 AIや機械学習を使いこなせるのか。(2024/1/22)

色覚が違うとピンクは「茶色」に? 多色マッキーを使った比較投稿に「こんなに違うんだ」「勉強になる」
カラフルなマッキーのセットも、P型色覚の人には全体的に茶色っぽく……。(2024/1/21)

川に突っ込んだ手がモヤって見える……? 河口で起こった“不思議な現象”が「勉強になる」「初めて映像で見た」と話題
現象としては、砂糖などが水に溶けるときに見える“ゆらゆら”と同じ。(2024/1/20)

Microsoft、AIと一緒に物語を作り、朗読スキルを磨く「Reading Coach」をプレビューリリース
Microsoftは、生成AI採用の学習アクセラレーター「Reading Coach」のアプリ(プレビュー版)をMicrosoft Storeで無料で公開した。学習者はAIと一緒に物語を作りながら、その物語を音読し、AIが流暢さなどを評価する。(2024/1/19)

Gartner Insights Pickup(334):
需要が高まるAIベースのインテリジェントアプリケーション
インテリジェントアプリケーションは人工知能(AI)で拡張され、取引や外部ソースからのデータが注入されている。生成AIの機械学習(ML)により、自律的な応答を改善していく。これはユーザーや開発者の体験を変革する可能性があり、生成AIの域をはるかに超えている。(2024/1/19)

作業通話アプリ「もくり」3月終了 運営のMIXI「目標KPIを達成できなかった」
MIXIは18日、「作業通話アプリ」をうたう多人数同時接続の通話サービス「mocri」を3月22日の午後3時をもって終了すると発表した。勉強や創作活動のお供として利用者に愛されていた。(2024/1/18)

Innovative Tech:
「基本情報技術者試験」に最年少合格した小学3年生(8) どうやって勉強した? 学習法を紹介
2023年4月、東京の公立小学校に通う8歳の小学3年生(男子)が「基本情報技術者試験」(FE)と「情報セキュリティマネジメント試験」(SG)に最年少で合格した。合格者はどのような学習方法を行っていたのだろうか。(2024/1/18)

ビジネスパーソンのためのIT用語基礎解説:
よく耳にする「BI」とは何か 導入手順や注意点を把握しよう
IT用語の基礎の基礎を、初学者や非エンジニアにも分かりやすく解説する本連載、第16回は「BI」です。ITエンジニアの学習、エンジニアと協業する業務部門の仲間や経営層への解説にご活用ください。(2024/1/18)

イラストのAI学習を妨げる「emamori」正式サービス開始 有料プランも
SnackTimeは17日、ネットにアップするイラストのAI学習を妨げるサービス「emamori」を正式発表した。無料プランと3つの有料プランを用意している。(2024/1/17)

セキュリティニュースアラート:
Pythonの機械学習ライブラリ「PyTorch」に脆弱性 研究者が発見
Pythonの機械学習ライブラリ「PyTorch」に脆弱性が見つかった。GitHubのデプロイシステムと組み合わせることで悪用が可能になるという。(2024/1/16)

Innovative Tech:
“AI生成の文章/画像だけ”でデータを学習する手法 人間が作るものは一切使わず GoogleとMITが開発
Google ResearchやMIT CSAILに所属する研究者らは、合成画像と合成キャプションから視覚表現を学習するアプローチを提案した研究報告を発表した。(2024/1/16)

「継続的な学習」を普及させる12のヒント【中編】
辞める理由は「成長できないから」では? 何が足りない?
従業員が主体的に学び、さまざまな場面で力を発揮できるようにするための取り組みとして「継続的な学習」は有用だ。支援のために企業は何をすべきか。(2024/1/16)

2歳妹の誕生日、3歳姉が号泣した理由は…… 娘に寄り添うママの声掛けに共感の声「良い対応」「勉強になりました」
共感や称賛の声が寄せられています。(2024/1/18)

日向坂46・金村美玖、写真学科の現役日藝生とカミングアウト→ブログ写真の腕に納得の声 「専門的な勉強をしてたんだから」
どうりで上手い訳だ。(2024/1/15)

「イメージする秋葉原」と「地名としての秋葉原」はこんなに違う!? 2枚の比較地図が「知らなかった」「勉強になる」と話題に
どちらも秋葉原です。(2024/1/14)

日向坂46・齊藤京子、卒業を発表 「人生の勉強をさせていただきました」 卒コン開催&デビュー記念ライブは不参加
ファンへの思いをつづりました。(2024/1/11)

AI:
建築物単位でCO2排出量を自動算定する「Susport 建設」β版の提供開始
Sustineriは、建築物単位のCO2排出量自動算定サービス「Susport 建設」でβ版の提供を開始した。自然言語や機械学習で、既存の業務フローを変えることなく、建築物単位のCO2排出量算定が実現する。(2024/1/10)

AI・機械学習の業界動向:
2024年の「AI/機械学習/データ分析」はこうなる! 7大予測
昨年2023年は、ChatGPTやGoogle BardなどのチャットAIに注目が集まり、企業やサービスに生成AIが導入されていくなど、大きな変化が一気に起こりました。今年2024年の「AI/機械学習/データ分析/データサイエンス」かいわいはどう変わっていくのか? 現状を踏まえつつ、未来を予測します。(2024/1/10)

「継続的な学習」を普及させる12のヒント【前編】
「三日坊主」だった従業員が学習をやめられなくなる簡単な方法とは
従業員のために「継続的な学習」の機会を社内に広げるとどのようなメリットがあるのか。普及に向けてどのような取り組みが必要なのか。(2024/1/10)

JALのクルーはどんな脱出訓練をしている? 「万一の事態が発生した場合でも……」
JAL広報部に対し、クルーたちは普段どのような脱出訓練を実施しているのか取材しました。(2024/1/9)

「ブギウギ」、小夜のファインプレーに「流石」「何か起こりそう」 米兵役はプロレス選手
チョコレート欲しさに英語を勉強していた小夜。(2024/1/9)

ITmedia エグゼクティブ勉強会スケジュール
ITmedia エグゼクティブに入会いただくと、ビジネスに役立つ情報をはじめ人材育成、ライフスタイル、カルチャー分野も含めた勉強会に参加できます。(2024/1/5)

習うより慣れてほしい!:
PR:生成AIサービスも提供する「AWS」を初心者が学ぶには? “中の人”が教えるオススメ学習法
サーバやストレージ、モダンアプリケーション開発、さらには生成AIまでをカバーしているAWS。2023年12月時点で約250もの機能、サービスを提供しているAWSを一から学ぶにはどうすればよいのか。AWSトレーニングサービス本部のマネージャーにオススメの学習方法を聞いた。(2024/1/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。