• 関連の記事

「出資」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「出資」に関する情報が集まったページです。

Microsoftも出資するAI企業Mistral、オープンソースLLM「Mixtral 8x22B」リリース
Microsoftも出資するAI企業Mistralは、オープンソースのLLM「Mixtral 8x22B」をリリースしたとXにポストした。(2024/4/11)

新しいarrowsやらくらくスマートフォンは出る? Lenovoグループに入って何が変わった? キーマンに聞く「新生FCNT」
富士通の携帯電話端末事業に源流を持つメーカー「FCNT」が、Lenovo出資のもと再出発した。「arrows」や「らくらくスマートフォン」は一体どうなるのか。Motorola(モトローラ)とどうすみ分けるのか。そしてハイエンド端末は出るのか――新生FCNTのキーマンに話を聞いた。(2024/4/8)

駿台、教育AIベンチャーatama plusと資本業務提携 株式35.5%取得
駿台が、AIを活用した学習塾向け教材サービスを提供するatama plus(東京都港区)と資本業務提携を結んだと発表した。駿台はatama plusの株式の35.5%を取得。2社は今後、オンライン塾サービスを共同で展開する。駿台による出資額は非公開。(2024/4/8)

製造マネジメントニュース:
物流施設内の作業最適化にAI活用へ、オカムラとGROUNDが資本提携を強化
オカムラは物流テックのGROUNDに追加出資し、資本提携を強化した。AIソフトウェアを活用して物流施設内の作業を適正化、省力化し、企業の物流改革に寄与する。(2024/4/8)

丸紅、スマホ買取・販売の「イオシス」に出資
丸紅は、イオシスホールディングス(イオシスHD)と資本業務提携を結び、スマートフォンリユース事業に参入する。スマートフォンやPCなどのIT機器買取・販売事業を手掛けるイオシスの親会社で、今回の出資によりイオシスHDは丸紅の持分法適用会社となる。(2024/4/4)

VCに聞く「投資したい・したくないテックスタートアップ」:
VTuber「ぶいすぽっ!」運営になぜ投資? VCに聞く「スタートアップに出資するとき、何を見る」
本連載ではVCなどスタートアップ投資に携わる人たちに、出資に当たっての考え方などをインタビュー。今回は、マネーフォワードグループのVC「HIRAC FUND」に取材した。(2024/4/2)

Microsoft、AI部門新設 出資先Inflection AIのCEO(DeepMind共同創業者)引き抜き
Microsoftは、「Copilot」などのAI推進に重点を置く新部門「Microsoft AI」を立ち上げた。CEOと主任研究員として、昨年6月に出資したAI企業Inflection AIの共同創業者を迎える。2人は英DeepMindの共同創業者でもある。(2024/3/20)

産業制御システムのセキュリティ:
三菱電機が米国のOTセキュリティ企業に協業/出資、ネットワーク可視化に強み
三菱電機は米国のNozomi NetworksとOTセキュリティ事業の拡大を目指し、長期的な協力関係構築に向けた技術開発およびマーケティングの協業契約を締結するとともに、Nozomi Networksに出資した。(2024/3/15)

ロケットで話題の企業「スペースワン」とは キヤノン電子、IHIエアロスペースなど出資し設立
小型固体燃料ロケット「カイロス」初号機を運用している宇宙事業会社スペースワン。2018年にキヤノン電子やロケットメーカーのIHIエアロスペース(IA)などが出資して設立された企業だ。(2024/3/13)

HIS、“空飛ぶ船”電動シーグライダーを開発する米REGENTに出資 「心躍る旅行体験」に
エイチ・アイ・エスは7日、電動シーグライダーを開発する米REGENT Craftに出資したと発表した。将来、シーグライダーを活用した「心躍る旅行体験」を提供したいとしている。(2024/3/7)

ドコモがオリックス・クレジットを子会社化、個人向け金融事業を強化へ ドコモ版「マネ活、ペイトク」は?
NTTドコモは2024年3月6日、オリックス子会社のオリックス・クレジットを買収すると発表した。出資額は792億円。NTTドコモがオリックス・クレジットの株式66%を取得し、連結子会社化した。(2024/3/6)

電動化:
車載用電池のプライムアースEVエナジーがトヨタの完全子会社に
トヨタ自動車はプライムアースEVエナジーを完全子会社化する。PEVEに共同出資するパナソニックホールディングスと合意しており、2024年3月下旬に完全子会社化する予定だ。車載用バッテリーの量産体制強化につなげる。(2024/3/6)

CIOのモバイルバッテリーや充電器の使い勝手は? 注目の6製品を試して分かったメリットと注意点
クラファンプロジェクトを立ち上げればたちまち出資者が殺到し毎回大成功を収める国内スマホアクセサリーメーカーCIO。今回は、すでに販売が軌道に乗っている6製品をお借りして、モバイルユーザーとしてガチレビューしてみましたよ。果たして満足のいく結果になったでしょうか。(2024/2/27)

製造マネジメントニュース:
千代田化工建設、センシンロボティクスに出資 産業分野の業務効率化を加速
千代田化工建設は、ロボティクス技術やAIなどを活用した業務ソリューションを開発するセンシンロボティクスに出資する。協業により、産業分野における業務効率化と高度化を加速する。(2024/2/20)

石川温のスマホ業界新聞:
KDDIが三菱商事とローソンを共同経営――商社との折半出資はKDDIの勝ちパターン?
KDDIがローソンの株式に対するTOB(株式公開買い付け)を実施し、三菱商事との共同経営を行うことが発表された。「通信と小売のシナジー」について懐疑的な見方も少なくないが、KDDIは過去にも「50:50」の比率で異業種と組んできた成功体験がある。(2024/2/18)

工場ニュース:
TSMCが熊本に6/7nm対応の第2工場を建設、トヨタも出資し2027年末までに稼働へ
台湾の半導体受託製造大手のTSMCは熊本県に2つ目に工場を建設することを発表した。(2024/2/7)

政府が「IOWN」の開発プロジェクトに452億円の出資 「我が国としての大きな戦略がある」
政府は1月30日に、NTTが率いる技術開発プロジェクト「IOWN(アイオン)」の開発プロジェクトへ出資すると発表した。これを受けてNTTは、IOWNに関する記者説明会を実施し、IOWNの構想を説明した。(2024/2/2)

ICT:
戸田建設など4社がレーザー投影墨出しの「Mechasys」へ出資 量産モデル展開を支援
戸田建設や東急建設など4社は、建設業/製造業向けのレーザーレイアウトシステムを開発するカナダのMechasys(メカシス)へ出資した。Mechasysのシステムが墨出し作業の課題解決につながるとして、日本国内での普及を促す考えだ。(2024/1/26)

製造現場向けAI技術:
三菱電機がHACARUSに出資、AI外観検査事業の拡大へFA機器と融合
三菱電機はAI外観検査事業の拡大を目指してHACARUSと協業契約を締結した。(2024/1/23)

東京発・AIドリームチーム「Sakana.ai」が45億円調達 元Googleトップ研究者らが設立 AI業界の著名人や日本の大手IT企業も出資
元米Googleの著名な研究者、リオン・ジョーンズ氏とデビッド・ハー氏が東京で立ち上げたAI企業Sakana.aiが、シリコンバレーのベンチャーキャピタルやNTTグループ、KDDI、ソニーグループなどから45億円の資金を調達したと発表した。(2024/1/16)

モビリティサービス:
スズキがインドで「空飛ぶクルマ」、四輪車の生産能力増強も発表
スズキはインド・グジャラート州で開催されている州のイベント「バイブラント・グジャラート」において、空飛ぶクルマを手掛けるSkyDriveへの追加出資や、四輪車の生産工場の新設について発表した。(2024/1/12)

車載向けをターゲットに:
BoschやInfineon、NXPなど半導体大手5社によるRISC-V新会社が始動
Robert BoschやInfineon Technologies、NXP Semiconductors、Nordic Semiconductor、Qualcomm Technologiesら半導体大手の計5社が共同出資するRISC-Vベースのプロセッサ開発の新会社Quintaurisが2023年12月22日(ドイツ時間)、正式に設立された。まずは車載向けをターゲットとし、最終的にはモバイルやIoT(モノのインターネット)向けにも拡大していく方針だ。(2024/1/10)

自動運転技術:
ソニー・ホンダモビリティが模索する新たなモビリティの価値とは
ソニーグループは2024年1月8日(現地時間)、同年1月9日から開催される「CES 2024」に先立ってプレスカンファレンスを実施し、ホンダとの共同出資会社ソニー・ホンダモビリティの自動運転EV「AFEELA」の開発状況などを紹介した。(2024/1/10)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
2画面ノートPC「DXUSCREEN」の出資者募集、10万円以下のコースも/10G SFP+やU.2 NVMe SSD対応の超小型PCをMinisforumが販売開始
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、12月24日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/12/31)

心筋炎経験の志尊淳、12年間所属の事務所から独立「仕事観・人生観が変わり」 “出資約束”の古巣に感謝「15歳の何者でもない僕を拾って」
新たな個人会社には旧事務所からの出資も。(2023/12/29)

Google・Amazonが巨額を出資──生成AIの新星「アンソロピック」大躍進
人工知能の新興企業である米Anthropic(アンソロピック)は、2024年末までに年間売上高が8億5000万ドルを超えると予測している。12月26日、米The Information(ザ・インフォメーション)が同社の財務状況に詳しい2人の関係者の話として報じた。GoogleとAmazonが巨額を投資した同社は、どれほど期待されているのか。(2023/12/29)

製造マネジメントニュース:
アニオン交換型の水電解装置用の膜を取り扱うカナダのスタートアップに出資
旭化成は、アニオン交換型の水電解装置用の膜を取り扱う、カナダのスタートアップ企業Ionomr Innovationsに出資参画することを発表した。ノウハウを提供するなど研究開発分野での連携を深め、膜の性能強化も支援する。(2023/12/18)

7億7500万ドルで、韓国に:
ASMLとSamsung、次世代EUV装置によるR&Dファブを共同設立へ
ASMLとSamsung Electronicsが、次世代EUV(極端紫外線)リソグラフィ装置による先端半導体プロセス技術開発のR&D(研究開発)ファブを韓国に設立するMoU(協業覚書)を締結した。両社は、ファブ設立に向け1兆ウォン(約7億7500万米ドル)を共同出資する。(2023/12/15)

ドローン:
JALがKDDIのドローン子会社に出資「レベル3.5飛行が事業化を後押し」
JALとKDDIスマートドローンが、両社によるドローンの社会実装に向けた取り組みを加速することを目的に資本提携契約を締結。JALがKDDIスマートドローンの第三者割当増資により発行する株式を取得する。(2023/12/15)

なんかヤバそうな番組キタ! ザコシシショウが自腹で全額出資した特別番組放送「やりたい放題特番作ったやん!」
この番組は、ザコシシショウの提供でお送りします。(2023/12/15)

車載情報機器:
世界の通信キャリアに接続する単一プラットフォーム、ソフトバンクが740億円出資
ソフトバンクはIoTプラットフォームを手掛けるアイルランドのキュービックテレコムに4億7300万ユーロを出資する。(2023/12/6)

電動化:
スズキが“燃えない電池”のエリーパワーと業務提携、追加出資で筆頭株主に
エリーパワーとスズキは資本業務提携契約を締結した。蓄電システムや多様なモビリティに搭載可能なリチウムイオン電池を共同開発する。(2023/11/15)

楽天証券、上場を延期 みずほが870億円追加出資
みずほ証券が楽天証券に追加出資。楽天証券は上場申請をいったん取り下げる。(2023/11/10)

任天堂、『ゼルダの伝説』実写映画化 大ヒット『スーパーマリオ』に続きIP強化
任天堂が『ゼルダの伝説』を実写映画化すると発表。映画『スパイダーマン』シリーズを手掛ける米アラッドプロダクションズが共同で制作。ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント (SPEJ)が制作費用を任天堂と共同出資する。(2023/11/13)

ツールの先にいる「人」のために:
高広伯彦氏がウェビナーマーケティングSaaSのBizibl Technologiesへ出資
スケダチ代表で社会構想大学院大学特任教授の高広伯彦氏が、ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」を開発・提供するBizibl Technologiesに出資する。(2023/11/8)

NTT、自動運転技術のMay Mobilityへ出資 システムの国内独占販売権も獲得
NTTは自動運転走行の実績を持つMay Mobilityへ出資し、同社の自動運転システムの日本国内独占販売権を獲得。より安心かつ安全な自動運転サービスを継続的に供給する体制を整えるという。(2023/11/7)

米WeWorkが破産法申請 ソフトバンクグループが出資
ソフトバンクグループ(SBG)が出資するシェアオフィス大手の米WeWorkが11月6日(現地時間)、米連邦破産法11条の適用を申請した。高額なリース費用や在宅勤務に伴う法人顧客の解約が響いた。(2023/11/7)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
356億円が消えた「クールジャパン機構」の大失態 その“楽観的すぎる計画”の中身
10月31日の国会中継では、官民出資のファンドである「クールジャパン機構(海外需要開拓支援機構)」の356億円にも上る巨額の累積損失が厳しく追及された。日本のアニメ、ファッション、食品などの文化コンテンツを海外市場に展開することを目的とするファンドだが、運用上の問題や損失が度々指摘されており、その経営効率と透明性が問題視されている。(2023/11/6)

中国EV「アイコンを並べただけ」 ソニー・ホンダモビリティの川西社長、技術的な驚きなし
ソニーグループとホンダが折半出資するEV事業会社、ソニー・ホンダモビリティの川西泉社長は、ITと車の融合で先行しているとされる中国EVメーカーについて、開発のスピードの速さを「勢いがある」と評価する一方、IT利用は「スマートフォンのアイコンを並べているだけという感じだ」と述べ、技術的な驚きはないとの見方を示した。(2023/10/22)

AnthropicのAIチャット「Claude 2」、日本語に対応
GoogleやAWSが出資するAnthropicのAIチャット「Claude 2」が日本からも利用可能になり、日本語を含む95カ国語に対応した。(2023/10/19)

エンタメ×ビジネスを科学する:
MAPPA単独『呪術廻戦』大成功の一方で……「製作委員会方式」は本当に悪なのか?
『呪術廻戦』が人気だ。同アニメの制作会社のMAPPA(東京都杉並区)が実行した「単独出資方式」に脚光が当たっている。これまで主流だった「製作委員会方式」とはどう違うのか? それぞれのメリット・デメリットは。(2023/10/19)

3Dプリンティング:
東急建設が3Dプリンタでファサードを製造する「Branch Technology」へ出資
東急建設は、独自開発の3Dプリンタでファサードや構造物を製造する米Branch Technologyに出資した。3Dプリンティング技術の活用で、生産性向上と環境負荷低減を両立しながら、意匠性の高い建物の実現を目指す。(2023/10/13)

Coherentが発表:
デンソーと三菱電機、米社のSiC事業に計10億ドルを出資
米Coherent(コヒレント)は、分社化を予定しているSiC(炭化ケイ素)事業会社に対し、デンソーと三菱電機の2社が総額10億米ドル(約1500億円)を出資することで合意した。2社は長期にわたって、SiC事業会社よりSiCウエハーの調達が可能となる。(2023/10/12)

製造マネジメントニュース:
デンソーと三菱電機が米国材料企業に総額1500億円出資、SiC基板の安定調達に向け
米国コヒレントとデンソー、三菱電機は、同年4月にコヒレントが設立したSiCウエハーの製造などを手掛ける事業会社に対して、デンソーが5億米ドル、三菱電機が5億米ドル、総額10億米ドル(約1500億円)を出資することで合意したと発表した。(2023/10/11)

AI/ML開発の時間とコストを低減:
ルネサス、エッジコーティックスと戦略的提携
ルネサス エレクトロニクスは、エッジAIソリューションを提供するEdgeCortix(エッジコーティックス)に出資した。今回の戦略的提携によってルネサスは、エッジコーティックスが保有する技術を組み合わせ、エネルギー効率をさらに高めたAI/ML(機械学習)機能を提供していく。(2023/10/6)

瑞起が「DanceDanceRevolution」のミニチュア版を開発 10月10日19時から出資を受け付け 1口4万3780円
瑞起が、1998年にリリースされた業務用ゲーム機「DanceDanceRevolution(ダンスダンスレボリューション)」のミニチュア版を開発した。10月10日19時からクラウドファンディングサイト「Kibidanngo(きびだんご)」で出資の募集を開始し、早ければ2024年夏には出荷される予定だ。(2023/10/4)

「arrows」のFCNT、レノボ出資で復活 「らくらくスマホ」含めブランド維持へ
民事再生手続きの申請を発表していたFCNTは9月29日、合同会社として10月1日から事業を開始すると発表した。FCNTが手掛けていたスマートフォン「arrows」「らくらくスマートフォン」も継続するとしている。(2023/9/29)

「MFマテリアル」:
村田製作所ら、チタン酸バリウム製造の新会社を設立
村田製作所、石原産業および富士チタン工業は、共同出資により、チタン酸バリウムの製造と販売を行う新会社「MFマテリアル」を設立した。2027年には、新工場の稼働を予定している。(2023/9/4)

東北大学の挑戦:
東北大が三井住友信託と仕掛けた産学のゲームチェンジ オープンイノベーションの狙い
東北大学が産学連携を進めている。4月には、同大と三井住友信託銀行が共同で出資し「東北大学共創イニシアティブ(THCI)」を設立。設立発表会では東北大学の大野英男総長、三井住友トラスト・ホールディングスの高倉透社長、THCIの石川健社長の三氏が狙いを語った。(2023/8/31)

スマートコンストラクション:
コベルコ建機がクラウド機器操作「JIZAIPAD」を開発するジザイエと提携 建機の遠隔“自在化”へ
コベルコ建機は、ベンチャーキャピタルの15th Rockなどと共同で、遠隔就労のプラットフォーム「JIZAIPAD」を開発するジザイエへの1.5億円の出資を決めた。コベルコ建機は、建機の遠隔操作システムと稼働データを使った「K-DIVE」を提供しており、ジザイエとの業務提携の背景には、建機の遠隔操作に新たなインタフェースを実装する狙いがある。(2023/8/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。