• 関連の記事

「電動バイク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
誠Style:クルマ・バイク

蓄電池の寿命・EV走行距離を5倍以上に 大阪ガス子会社が開発 7年度から電動バイク用試作品
大阪ガス子会社のKRIは26日、電気自動車などに搭載するリチウムイオン電池で現在の5倍以上の寿命を実現する「超長寿命蓄電池」の開発に、世界で初めてめどをつけたと発表した。(2024/2/27)

3DEXPERIENCE World 2024:
騒音や排気ガスの問題を解決、電動水上バイクを手掛ける米スタートアップの挑戦
ダッソー・システムズの年次ユーザーイベント「3DEXPERIENCE World 2024」の会場で、水上バイクの電動化を目指す米国のスタートアップ企業eSkiを取材。開発に至った経緯や狙い、今後の展望などについて詳しく聞いた。(2024/2/26)

メカ設計メルマガ 編集後記:
Magicに魅せられて「ぐむむ……」となった米国イベント取材
設計業務におけるAI活用とは?(2024/2/20)

電子ブックレット(オートモーティブ):
電動化ニュースまとめ
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、自動車業界の電動化に関連したニュースをまとめた「電動化ニュースまとめ」をお送りします。(2024/2/19)

3DEXPERIENCE World 2024:
都市物流のギャップを埋める電動バイク開発にMODSIMアプローチを採用
「CLV(Compact Logistics Vehicle)」という都市物流の新たなセグメントに向けた電動モビリティを開発するインドのQARGOSは、ダッソー・システムズの年次ユーザーイベント「3DEXPERIENCE World 2024」において「QARGOS F9」を発表した。(2024/2/15)

バッテリー式UPSのリスク【前編】
UPSは「安心安全」のはずが……バッテリーで変わる非常用電源の火災リスク
データセンター停電時の非常用電源になる「無停電電源装置」(UPS)。安心と安全のための装置だが、UPSの種類によっては火災を引き起こすことがある。どのようなリスクがあるのか。(2024/2/15)

3DEXPERIENCE World 2024:
製品開発だけでなくビジネスの成功も支援するダッソー・システムズのAI戦略
SOLIDWORKSと3DEXPERIENCE Worksの年次ユーザーイベント「3DEXPERIENCE World 2024」が米国テキサス州ダラスで開幕した。本稿では、ダッソー・システムズのAI戦略について詳しい説明があった2日目のゼネラルセッションの模様をお届けする。(2024/2/14)

3DEXPERIENCE World 2024:
AI×設計・解析の未来を示す「Magic SOLIDWORKS」についてシャーレス氏が言及
SOLIDWORKSと3DEXPERIENCE Worksの年次ユーザーイベント「3DEXPERIENCE World 2024」が米国テキサス州ダラスで開幕した。本稿ではダッソー・システムズ、SOLIDWORKSおよび3DEXPERIENCE Worksのキーマンの発表内容を中心に、1日目のゼネラルセッションの模様をダイジェストでお届けする。(2024/2/13)

自動車業界の1週間を振り返る:
米国のEVシフト減速に対するスバル日産ホンダの声
1月下旬から先週にかけて、2024年3月期第3四半期の決算発表ラッシュでした。自動車メーカーやサプライヤーの中には過去最高の業績を達成した会社が多く、好調さが伺えます。(2024/2/12)

3DEXPERIENCE World 2024:
25周年を迎えるSOLIDWORKSの年次イベント「3DEXPERIENCE World 2024」が開幕
3D設計/製造ソリューション「SOLIDWORKS」および「3DEXPERIENCE Works」の年次ユーザーイベント「3DEXPERIENCE World 2024」が米国テキサス州ダラスで開幕した。ワールドイベントとして開催25周年を迎える。(2024/2/12)

高根英幸 「クルマのミライ」:
「東京オートサロン」はどこまで成長するのか クルマ好きをひき付ける魅力がある
今年も年明けに東京オートサロンが開催された。カスタムカーの祭典だが、自動車メーカーも積極的に出展し、クルマ好きの心をつかんでいる。環境に配慮した次世代モビリティの提案も増えた。自動車産業を支える一大イベントとして、どこまで成長できるのか。(2024/2/5)

小寺信良のIT大作戦:
ライドシェア導入、日本の進め方が“いびつ”と感じるワケ 爆発的に普及した海外と違う、日本特有の事情
民間人が自家用車を使ってタクシー的な業務ができるライドシェア。2015年前後にも日本での導入が期待されていたが、日本のタクシー会社の反対が大きく、結果的にUberはタクシーの配車サービスと、Uber Eatsをローンチするにとどまったと記憶している。(2023/12/21)

自動車業界の1週間を振り返る:
充電時間が短いのはいいこと……のはずなのに
今週はホンダが二輪車の電動化計画について発表しました。投資額が2030年までに5000億円に上ること、電動バイクの専用工場を新設することなど、かなり意欲的な計画が示されました。個人的に気になったのは、バッテリー交換式の電動バイクに関する見立てです。(2023/12/2)

ホンダ、電動二輪に5千億円投資 2030年に400万台販売、専用工場新設も
これまで年間350万台としていた電動二輪の30年の世界販売目標を50万台増の400万台に引き上げたほか、新たに27年以降に電動二輪専用工場を稼働させる計画を示した。(2023/11/30)

電動化:
バッテリー交換式は電動バイクの主流にならず、プラグ充電に注力
ホンダは二輪車の電動化に向けた事業方針を発表した。(2023/11/30)

ITmedia Virtual EXPO 2023 秋 講演レポート:
箱型に変形する電動バイク「TATAMEL BIKE」の開発秘話
「ITmedia Virtual EXPO 2023 秋」のメカ設計EXPOの基調講演に登壇したICOMA 代表取締役の生駒崇光氏による講演「たたんでハコべる電動バイク『TATAMEL BIKE』の開発秘話」の内容をダイジェストで紹介する。(2023/11/29)

自動車業界の1週間を振り返る:
スズキと「リン酸鉄系」リチウムイオン電池
今週は興味深いニュースがありました。スズキがリチウムイオン電池のメーカーと業務資本提携を結んだ件です。(2023/11/19)

電動化:
EVトラックのバッテリー交換は横から? 下から? 異なるアプローチ
既に走行実証に移ったバッテリー交換式トラックではキャビンと荷室の間に駆動用バッテリーが縦に搭載されたが、「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」ではこれと異なる方式がみられた。(2023/11/17)

高根英幸 「クルマのミライ」:
「マイクロモビリティ」が次々に登場 個性的なモデルは広まるのか
ジャパンモビリティショーでさまざまな「マイクロモビリティ」が展示されていた。品質が高く個性豊かなモデルが並んでいたが、日本で普及するのだろうか。(2023/11/6)

セイコーエプソンが「CEATEC 2023」でデモ:
1チップでLCDもLEDバックライトも制御、ローカルディミングを導入しやすく
セイコーエプソンは「CEATEC 2023」(2023年10月17〜20日)に出展し、車載ディスプレイ向けローカルディミング技術をはじめ、車載用ICなど展示した。(2023/10/30)

ジャパンモビリティショー2023:
ヤマハ発動機は3輪オープンEVを初公開、前後輪操舵で操縦を楽しく
ヤマハ発動機はJAPAN MOBILITY SHOW 2023の出展概要を発表した。3輪フルオープンのEV「TRICERA」など6モデルを世界初公開する。(2023/10/12)

車載半導体:
製品を修理して長く使うには、スペアパーツの安全性の証明が必要だ
インフィニオンがサーキュラーエコノミー(循環型経済)に貢献する認証ソリューション「OPTIGA」やサーキュラーエコノミーへの取り組みについて紹介した。(2023/10/2)

ジャパンモビリティショー2023:
ホンダが使用済みアクリル樹脂を再利用したコンセプトモデルを初公開
ホンダは「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」の出展概要を発表した。(2023/9/27)

自動車業界の1週間を振り返る:
モトコンポ復活! スズキはパナソニック系と新モビリティを共同開発
週末です。1週間お疲れさまでした。3連休という方も多いのでしょうか? 金曜日は企業が重大な発表を行うことが多いのですが、今日は不正アクセスに関する発表がありました。(2023/9/16)

価格やスペックも明らかに ホンダ、モトコンポの後を継ぐ折りたたみ式の電動バイク「モトコンパクト」発表 米市場で2023年11月に発売
はやく乗ってみたい……!(2023/9/15)

「モトコンポ」が電動バイクになって復活 ホンダ「モトコンパクト」海外で発表
ホンダが米国でかつての「モトコンポ」を思わせる小型電動バイク「Motocompact」を発表した。(2023/9/15)

福田昭のデバイス通信(415) 2022年度版実装技術ロードマップ(39):
充電時間「ゼロ」を実現するバッテリ交換システム
今回は、電気自動車(EV)の充電インフラでも設計思想が全く異なる、バッテリ交換式システムをご紹介する。(2023/8/25)

電子ブックレット(メカ設計):
日本ものづくりワールド 2023 まとめ[メカ設計編]
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、「日本ものづくりワールド 2023」の展示ブース取材記事を厳選した「日本ものづくりワールド 2023 まとめ[メカ設計編]」をお送りします。(2023/8/17)

電動化:
空飛ぶクルマ、建機、船舶……さまざまなモビリティで電動化が進展
富士経済はさまざまな電動モビリティの市場調査結果を発表した。建設機械や二輪車、船舶、航空機、いわゆる空飛ぶクルマなど四輪車以外のモビリティ15品目を対象に調査した。(2023/8/4)

フォトギャラリー(メカ設計):
MONOist編集部厳選! 写真で振り返る「日本ものづくりワールド 2023」
MONOist編集部が取材した展示会やイベントの模様を“写真で振り返る”PDF形式のフォトギャラリー。今回は「日本ものづくりワールド 2023」の模様をお届けする。(2023/7/24)

メカ設計メルマガ 編集後記:
数字で見る日本ものづくりワールド、「コロナ前に戻った」は本当か!?
気になって「日本ものづくりワールド 2018」までさかのぼって調べてみました。(2023/7/4)

日本ものづくりワールド 2023:
キヤノンが「MREAL」を活用した視覚と触覚によるMRデザイン検証を提案
キヤノンおよびキヤノンITソリューションズは「日本ものづくりワールド 2023」に出展し、MRシステム「MREAL」を活用した製造業向け最新ソリューションの紹介や体験デモを実施した。(2023/6/29)

日本ものづくりワールド 2023:
ペレット押し出し方式大型3Dプリンタ「EXT Titan Pellet」導入の決め手と可能性
スリーディー・システムズ・ジャパンは「日本ものづくりワールド 2023」に出展し、ペレット押し出し方式大型3Dプリンティングの普及に向けたスワニーとの協業について、ブース内特別セッションで紹介した。(2023/6/28)

和田憲一郎の電動化新時代!(48):
EVは「普及期」へ、生き残りに向けた3つの方向性
2023年にEVとPHEVを合わせた販売比率が18%になると予測されている。マーケティング理論上はアーリーアダプターからアーリーマジョリティーの領域に入る。また、多くの環境規制では2035年が1つの目標となっている。では、このように急拡大するEVシフトに対し、日本の自動車部品産業はいま何を考えておくべきか。(2023/6/28)

日本ものづくりワールド 2023:
ストラタシスがICOMAの電動バイク「TATAMEL BIKE」用3Dプリントパーツを提案
ストラタシス・ジャパンは「日本ものづくりワールド 2023」に出展し、“ストラタシスからの提案”として、ICOMAの電動バイク「TATAMEL BIKE」を題材とした、3Dプリンタによるパーツ製造の取り組みを紹介した。(2023/6/28)

開発リードタイム「従来の半分に」:
研究開発の全機能を岡山に、オムロンの電子部品戦略
オムロンが電子部品事業の研究開発体制を刷新した。同社は全国6カ所にあった研究開発拠点を岡山事業所(岡山市中区)に集約。この研究開発体制刷新によって、「開発リードタイムを2分の1以下にする」としている。(2023/6/19)

電子ブックレット(オートモーティブ):
水素エンジンニュースまとめ
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、自動車業界での水素エンジンに関するニュースをまとめた「水素エンジンニュースまとめ」をお送りします。(2023/6/12)

ハブレスホイールがカッコイイ! ミカ・ハッキネンの名を冠した電動スーパーバイクが登場
車体にはハッキネンのサインプレートも配置しています。(2023/5/31)

電動化:
ホンダが電動スクーター「EM1 e:」発表、ビジネスバイクも一般販売
ホンダは原付一種の電動バイク「EM1 e:」を発表した。2023年8月24日に全国で発売する。(2023/5/22)

「7月から免許不要」電動キックボードの出品、ヤフオクが一時禁止に
7月1日の道路交通法改正で、16歳以上であれば免許不要で乗れるようになる電動キックボードが、ヤフオクで出品禁止に。年齢制限などの準備が整うまでの一時的な対応という。(2023/5/15)

デクセリアルズ SFM-50150:
アーク放電を抑制、Liイオン電池向けヒューズ
デクセリアルズは、セルフコントロールプロテクター「SFM-50150」を発表した。最大定格電圧125V、定格電流150Aで、高電圧製品の回路遮断時に課題となっていたアーク放電を抑制し、高電圧かつ大電流の遮断に対応する。(2023/5/10)

ドワンゴ従業員がクリエイターを揶揄する発言 取締役が謝罪「従業員に厳重注意してツイートを削除させた」
Twitter上で「配慮に欠けた発言」として謝罪。(2023/5/9)

ドワンゴ栗田氏が謝罪 画像生成AIの議論巡り「従業員がクリエイター揶揄した」
ドワンゴの栗田穣崇COOが、従業員がSNSでクリエイターを揶揄(やゆ)するような発言をしていたとして謝罪した。「クリエイターへの配慮に欠けた発言であり、対象従業員に厳重注意の上ツイートの削除を行った。責任者として深くおわびする」(同氏)(2023/5/9)

電動化:
ホンダが日本のEV投入計画を更新、2025年に軽乗用、翌年にも2車種
ホンダが電動化など企業変革の取り組みの最新状況を発表した。(2023/4/27)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
カセットボンベの歴史を調べて、エネルギーの入れ物の可能性にニヤニヤする
第2、第3のカセットボンベに。(2023/4/5)

電動化:
二輪車の交換式バッテリーを軽商用EVにも、電池シェアで低コスト実現
ホンダは「第13回国際スマートグリッドEXPO」において、自動車の電動化のコンセプト「MEV-VAN Concept」を披露した。(2023/3/23)

電子ブックレット(オートモーティブ):
電動化ニュースまとめ(ホンダ、スズキ、マツダ他)
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、電動化戦略に関するニュースをまとめた「電動化ニュースまとめ(ホンダ、スズキ、マツダ他)」をお送りします。(2023/2/27)

動作周波数最大350MHz、8MBフラッシュ搭載:
PR:6年ぶりの新製品! 飛躍的に進化したモーター/パワー制御に強いマイコン「XMC」
インフィニオン テクノロジーズは、産業機器向けマイコン「XMC」の新製品としては6年ぶりになる「XMC7000シリーズ」の量産出荷を開始した。高度なモーター/パワー制御を手軽に実現できるマイコンとして定評のある「XMC」はどのような進化を遂げたのだろうか。詳しく紹介していこう。(2023/1/19)

ちょっとカブっぽいかも 自転車としても使えるe-Bike「Aik」がおもしろそう スウェーデンのバイクメーカー「CAKE」が発表
カスタムパターンも豊富。(2023/1/17)

この頃、セキュリティ界隈で:
つながるクルマ、自動運転車に潜む脆弱性 不正な遠隔操作でロック解除や始動も
米ラスベガスで開幕したCESでは、クルマが話題の中心になることが増えた。クルマ本体だけでなく、自動運転やつながるクルマなどの技術に注目が集まる一方、メーカー各社のシステムに、数多くの脆弱性が潜んでいる実態が明らかになっている。(2023/1/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。