• 関連の記事

「AIアシスタント」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「AIアシスタント」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「Meta Quest」にAIアシスタント「Meta AI」搭載へ 周囲の状況をAIに質問できる機能も
米Metaは7月24日、VR/MRヘッドセット「Meta Quest」向けに、AIアシスタント「Meta AI」を2024年夏から提供開始すると発表した。米国とカナダで実験モードとして展開され、当初は英語で利用可能という。(2024/7/24)

人工知能ニュース:
作業現場の情報や業務知識を得られるAIアシスタントにGPT-4oを実装
MODEは、AIアシスタント「BizStack Assistant」に、OpenAIの最新のマルチモーダルLLM「GPT-4o」を実装した。AIによる回答の精度や速度が大幅に改善する。(2024/7/18)

Amazonプライムデー:
Amazonの「Echoシリーズ」「Fire TVシリーズ」がお買い得! 音楽や動画、便利機能で日々の生活に潤いを!
7月16日と17日に行われる「Amazonプライムデー」に先駆けて、先行セールが始まった。アマゾンジャパン(Amazon)は、自社で開発している音声アシスタント「Alexa(アレクサ)」搭載のスマートスピーカーやスマートディスプレイなどをセールへ出品している。最大割引率は62%。欲しかったアイテムがお得に買えるかもしれないチャンスを逃さないようにしよう。(2024/7/11)

AppleはAIで遅れていた?【前編】
「SiriのChatGPT連携」がAppleユーザーに落とす“暗い影”
AppleはmacOSやiOSに関する大きな変更を幾つか発表した。その一つが、音声アシスタント「Siri」と「ChatGPT」の連携だ。これはApple製品の進化ではあるが、単純に良いことばかりではない事情もある。(2024/7/11)

「LINE AIアシスタント」有料プランを月額900円→200円に値下げ 「GPT-4o」を利用可能に
コミュニケーションアプリ「LINE」内で提供する「LINE AIアシスタント」の月額利用料金と料金プランを改定。有料プランは月額900円から200円に変更し、体験プラン期間を問わず10回分無料で利用できる。(2024/7/10)

「HUE」がMicrosoft Copilotと連携 “現場の負荷を軽減する”新機能の全貌を聞いた
ワークスアプリケーションズは2024年7月8日、同社が提供しているERP「HUE」とMicrosoftが提供しているAIアシスタント「Microsoft Copilot」の連携による新機能を、同年7月に開始したと発表した。(2024/7/10)

Amazon、Alexa搭載半球「Echo Spot」新モデルをプライム会員に先行割引(5980円)発売
Amazonは、半球形スマートアラームクロック「Echo Spot」の新モデルを発表した。プライムデー終了まで、プライム会員向けに特別価格5980円で販売中だ。先代と違い、カメラが搭載されていないのでベッドサイドに安心して置ける。(2024/7/9)

AmazonのAlexa対応スマートアラームクロック「Echo Spot」に新モデル 半円型ディスプレイ採用で1万1480円(期間限定/条件付きで5980円)
アマゾンジャパンが、ディスプレイ付きのスマートアラートクロック「「Echo Spot」の新モデルを発表した。先代は円形ディスプレイが特徴的だったが、新モデルでは半円形ディスプレイを採用し、残り半分にスピーカーを配していることが特徴だ。(2024/7/9)

「SAPはオンプレユーザーを置いてきぼりにしている」 パートナーシップ、新機能の発表から考える
SAPはビジネスAIと生成AIを活用したAIアシスタントの重要性を強調した。しかし、アナリストは、AIの強調は必ずしも顧客の状況に合致していないという。(2024/7/5)

パナソニック コネクト、生成AI導入から1年 1回当たり20分削減する「製造業ならではの使い道」
パナソニック コネクトは、自社向けの生成AIアシスタントの活用により、1年間で労働時間を18.6万時間削減した。今後は、職種や権限に応じて回答する「個人特化AI」も開発するとしている。(2024/7/2)

SAPが強化した生成AIアシスタントJouleがクラウドERP導入につながるワケ
SAPは生成AIアシスタントのJouleをビジネスソリューション全体に組み込み、ERPの移行を企業に促している。JouleがクラウドERP導入を支援する理由とは。(2024/7/1)

製造マネジメントニュース:
「製造業らしい活用」が増加 パナソニック コネクトの生成AI全社導入の経過報告
パナソニック コネクトは社内向けのAIアシスタントサービス「ConnectAI」について、2023年6月〜2024年5月までの活用実績と今後の活用構想について発表した。(2024/6/26)

「生成AI導入1年で労働時間を18.6万時間削減」パナソニックコネクト
パナソニックコネクトは、OpenAIのLLMをベースに開発した自社向けAIアシスタントサービスを導入してから1年間で、労働時間を18.6万時間削減したと発表した。(2024/6/25)

CRM領域で進む生成AI機能の実装:
Salesforceの「Einstein Copilot」は他社のAIアシスタントと何が違うのか?
Salesforceが対話型AIアシスタント「Einstein Copilot(β版)」を日本市場で提供開始した。これを使うことで、ユーザーは自社のニーズに合わせて生成AIをSalesforceのCRMアプリで活用できるようになる。同社のAI製品のプロダクト戦略の方向性について、幹部に話を聞いた。(2024/6/25)

セキュリティニュースアラート:
ZscalerがNVIDIAと提携を発表 AIアシスタント技術の大幅強化を計画
ZscalerはAIアシスタント技術の強化を目的にNVIDIAと提携を発表した。NVIDIAのマイクロサービス群などをZscaler Zero Trust Exchangeに組み合わせて、データ処理能力の向上を図る。(2024/6/21)

「AirPods Pro(第2世代)」にアップデート 首を振るだけでSiriに応答、通話品質の向上など
Appleが6月11日、ワイヤレスイヤフォン「AirPods Pro(第2世代)」のアップデートについて発表した。Siriとやりとりをする際、「はい」と答えるときは首を縦に、「いいえ」と答えるときは横に振るだけで応答できるようになる。iPhone、iPad、Macのユーザーと通話する際に「声を分離」機能を導入する。(2024/6/11)

「AirPods Pro」秋に無料アップデート 首を振ってSiriに応答、ゲーム時の遅延低減など
米Appleは10日(現地時間)、完全ワイヤレスイヤフォン「AirPods Pro(第2世代)」向けに無料ソフトウェアアップデートを秋に提供すると発表した。(2024/6/11)

Apple Intelligenceでオリジナル絵文字を生成する「Genmoji」、「メッセージ」で利用可能に
Appleは、新しいAIパーソナルアシスタント「Apple Intelligence」で生成するオリジナル絵文字「Genmoji」(ジェンモジ)を発表した。今秋リリースのOS上の「メッセージ」で利用できるようになる見込み。テキストで説明すると新しい絵文字を提示する。(2024/6/11)

Apple、生成AI「Apple Intelligence」発表 オンデバイス処理でSiriも大幅進化、ChatGPTとも連携
Appleが独自の生成AI「Apple Intelligence」を発表した。さまざまなデバイスやアプリで活用できる。(2024/6/11)

業務効率化の限界を超える:
PR:AIは人材不足の解決策になり得るか IBMが考える業務のあるべき姿
人材不足の解決策としてAI技術への期待が高まっている。「AIアシスタント」が業務プロセスを自動処理し、次のアクションを提案してくれるような未来はすぐそこまで来ている。熟練者がタスクに忙殺される状態を抜本的に解決する秘策は。(2024/6/11)

「FUNAI Fire TV 搭載スマートテレビ」に新モデルが追加 Alexa対応の上位製品も
ヤマダホールディングスは、船井電機製となるFire TV搭載スマートTV「FUNAI Fire TV 搭載スマートテレビ」の新モデル発売を発表した。(2024/6/3)

NVIDIA、難しいゲームでプレイをアシストしてくれるAI「Project G-Assist」
NVIDIAはPCゲームやアプリの操作を手助けするAIアシスタントプロジェクト「Project G-Assist」を発表した。RTXの機械学習性能を活用し、ゲームやアプリの状況を認識して適切なアドバイスを行う。(2024/6/3)

中国Meizuはスマホから“AIデバイス”のメーカーへ転身 「Meizu 21」にその一端を見る
中国の老舗スマートフォンメーカーであるMeizu(魅族)は、2024年2月に新たな製品戦略を発表し、スマートフォンからAIデバイスへの転身を図るとしました。最新スマートフォン「Meizu 21 Pro」はAI機能を強化しています。AIアシスタント機能として「Aicy」を備えています。(2024/5/27)

クラウドベースのAI支援機能の懸念点をカバー:
「JetBrains」の各種IDE、AIコード補完機能をローカルで使用可能に
クラウドベースのAIアシスタントを利用して著作権やデータプライバシーの問題を回避するというトレンドがますます広がっている。そうした中、「JetBrains」が「GitHub Copilot」に先んじてローカルでのAIコード支援機能を実装した。本記事ではそのメリットを解説する。(2024/5/16)

Google、マルチモーダルなAIアシスタント「Project Astra」デモでARメガネをチラ見せ
GoogleはリアルタイムのマルチモーダルAIアシスタントプロジェクト「Project Astra」を発表した。デモ動画には、Pixel搭載のプロトタイプとの会話を途中でARメガネに切り替える場面も。(2024/5/15)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「営業活動におけるAIアシスタント」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2024/5/10)

ビジネス用生成AIアシスタント「Amazon Q」公開 自然言語でアプリ作れる「Amazon Q Apps」も
AWSがビジネス利用に特化した生成AIアシスタント「Amazon Q」の一般提供を始めた。(2024/5/7)

AIを活用した店舗運営の効率化や生産性向上を推進・支援:
楽天グループが「楽天市場」出店店舗向けに「楽天AI大学」を公開
2024年3月より提供している店舗運営支援ツール「RMS AIアシスタント β版」に加え、AIツールの活用推進のための動画講座「楽天AI大学」を公開。(2024/5/4)

AIに聞く:
AIに予算20万円以下でピラーレスケースのビジネスPCを組んでもらって分かったこと
GWの連休中に、新しいPCを一式組んでみようという人も多いのではないだろうか。そこで、自作PCで人気のピラーレスケースを採用したビジネスPCを複数のAIアシスタントに聞いてみた。(2024/5/4)

自然言語で生成AIアプリを作成できる新機能も発表:
AWS、ビジネスとソフトウェア開発を支援する生成AIアシスタント「Amazon Q」の一般提供を開始
AWSは、ビジネス全般とソフトウェア開発を支援するように設計され、業務に合わせてカスタマイズできる生成AIアシスタント「Amazon Q」の一般提供を開始した。(2024/5/7)

CAEニュース:
ChatGPT技術を活用したAIアシスタント「AnsysGPT」発表、有用な回答を数秒以内で
Ansysは、AIを活用したバーチャルアシスタント「AnsysGPT」を発表した。同社のデータを使用してトレーニングしており、ユーザーの質問に対して有用な回答を数秒以内に提供する。(2024/4/30)

Amazonタイムセール:
AlexaもGoogleもつながるMatter対応SwitchBotデバイスがお得! iPadやiMacなどApple製品も
人気商品を日替わりで値引き販売するAmazonタイムセール。現在、スマートホームデバイスの共通規格「Matter」に対応したSwitchBot製品や、2021年モデルのiPadやiMacといったApple製品が対象になっている。残り少ない製品もあるので早目のチェックをお勧めしたい。(2024/4/29)

製造業IoT:
IoTデータの活用可能性を拡大 現場で使いやすいスマホのAIアシスタント
MODEは2024年4月25日、現場で取得したIoTデータを基に、現場作業者を大規模言語モデルで支援する「BizStack Assistant」を同年5月1日に提供開始すると発表した。(2024/4/26)

「SAPのUXをガラッと変える」 AIアシスタントJouleの全体像とは?
SAPジャパンは2024年4月23日、「SAP Business AI」の最新情報について記者向け説明会を開催した。自然言語処理によるERPの操作によってビジネスプロセスの自動化や予測の高度化を可能にするという。(2024/4/26)

製造ITニュース:
AIとリアルタイムデータを活用し、フィールドサービスを効率化
Salesforceは、AIを活用してフィールドサービスの業務を効率化する「Einstein 1 Field Service Edition」パッケージを発表した。パッケージには生成AIアシスタント「Einstein Copilot」ベータ版も含まれている。(2024/4/22)

Meta、AIアシスタント「Meta AI」をInstagramやMessengerでロールアウト
Metaは、昨年のConnectで予告したAIアシスタント「Meta AI」をInstagramなどの同社サービスで展開していくと発表した。同日発表の新LLM「Llama 3」で構築した。まずは英語版のみを数十カ国で提供する。(2024/4/19)

開発者やクラウド担当者、セキュリティ担当者、ビジネスアナリストを支援:
Google Cloud、Gemini LLMベースの新世代AIアシスタント「Gemini for Google Cloud」を発表
Google Cloudは、開発者、Google Cloudサービス、アプリケーション向けの新世代AIアシスタント「Gemini for Google Cloud」を発表した。(2024/4/12)

次世代Siri? Apple、画面内の状況を理解できるAI「ReALM」を論文発表 GPT-4超えとアピール
米AppleのMachine Learning Researchが、論文投稿サイト「arXiv」において「ReALM: Reference Resolution As Language Modeling」を発表した。ReALMは、画面上の物体への曖昧な言及や、会話での背景の文脈を理解し、音声アシスタントより自然なやりとりを可能にする新たな人工知能システムだという。(2024/4/3)

「Copilot」の種類と要件【後編】
「Copilot」は複雑過ぎ? Microsoft 365で使うならこれを要チェック
「Copilot for Microsoft 365」は、Microsoftアプリケーション利用時に使えるAIアシスタントだ。導入に際しては、単にライセンスを購入するだけではない、幾つかの条件がある。それは何か。(2024/4/1)

Amazon 新生活SALE FINAL:
いろいろ使えるFireタブレットが最大7000円オフ! Echo Budsは半額以下で買える!
「Amazon 新生活SALE FINAL」の先行セールに、Amazonが自社デバイスのFireタブレットシリーズやEcho、Echo Showなどを出品している。Fireタブレットは最大25%オフ、Echoスピーカーは最大33%オフ、Alexa搭載完全ワイヤレスイヤホンEcho Budsは半額以下の54%オフだ。(2024/3/26)

セキュリティソリューション:
Tenable Oneに生成AI関連の新機能 AIに攻撃経路の解説や質問が可能に
Tenableはサイバーエクスポージャー管理プラットフォーム「Tenable One」の生成AI機能「ExposureAI」を強化し、複数の新機能を追加した。サイバー攻撃経路の要約やAIアシスタントへの質問などが可能になる。(2024/3/26)

「Copilot」の種類と要件【前編】
実はこんなにある「Copilot」 明日の仕事がはかどりそうなのはどれ?
「Copilot」は、Microsoftが提供するAIアシスタントのブランド名だ。その対象は「Microsoft 365」で利用できるアプリケーションだけではなく、さまざまな同社製品やサービスに広がっている。何があるのか。(2024/3/25)

AI機能の利点を問う
Zoomの「Web会議アシスタント」は本当に“コスパ抜群”で使えるのか?
ZoomのAIアシスタント「AI Companion」は、Web会議に関連する業務の生産性向上につながるツールだ。機能やコストの観点で、同ツールの何が特徴的で、どのような利点があるのかをまとめる。(2024/3/15)

オンライン会議実施→ZoomのAIアシスタントに容赦なく“激詰め”される 「こんなこと言われたら泣いちゃいそう」
これがきっかけで無駄な会議が減ってくれるとよいのだけれど。(2024/3/10)

対話型AI「Microsoft Copilot」はどう使う? マイクロソフト開発者が伝授する“プロンプトのコツ”
日本マイクロソフトは3月5日、AIアシスタントサービス「Microsoft Copilot」をイベントを開催した。の開発部門部門の担当者が“プロンプトを書くコツ”を伝授した。(2024/3/6)

トーク感覚で生成AIを利用できる「LINE AIアシスタント」開始 料理の写真でカロリー計算も
LINEヤフーは21日、「LINE」のトークルーム内で使える「LINE AIアシスタント」の提供を始めた。(2024/2/22)

スマートホームを一括管理できるコントロールパネル「Amazon Echo Hub」登場 Amazon.co.jp限定販売で2万5980円
Amazonが、Alexa対応スマートホームコントロールパネル「Echo Hub」を国内で発売した。販路は自社のAmazon.co.jp限定で、価格は約2.6万円となる。(2024/2/21)

「Meeting GenAI」発表:
Web会議で「何を話したっけ?」 会話履歴から答える「Otter」新機能は役立つのか
複数のWeb会議ツールの会話履歴を横断して、ユーザーの質問に答える「Meeting GenAI」を、Otter.aiが発表した。AIアシスタント「Microsoft Copilot」やZoomのユーザーを取り込む狙いがあるが、課題も抱える。(2024/2/15)

ChatGPT使いこなし術:
AIアシスタント「Copilot」はスマホからも使える ChatGPTに対する強みは?
「ChatGPT」の基礎から応用まで、仕事や生活で役立てるためのTipsを連載で紹介する。(2024/2/9)

CIO Dive:
フォルクスワーゲンがChatGPTをクルマに搭載 自動車メーカーの「生成AI活用例」を紹介
「風邪を引いたんだけど」と告げると、一番近いドラッグストアへの道順を教えてくれる――。フォルクスワーゲンがChatGPTと社内の音声アシスタントの統合を進めているという。生成AIに積極的に利用する自動車メーカー各社の取り組みを紹介する。(2024/2/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。