ニュース
» 2023年07月26日 14時00分 公開

車載コミュニケーションゲートウェイ用SoC向けに低価格の開発ボードを発売車載ソフトウェア

ルネサス エレクトロニクスは、車載コミュニケーションゲートウェイ用のシステムオンチップ「R-Car S4」のソフトウェア開発向けに、低価格開発ボード「R-Car S4 Starter Kit」を発表した。

[MONOist]

 ルネサス エレクトロニクスは2023年7月11日、車載コミュニケーションゲートウェイ用のシステムオンチップ(SoC)「R-Car S4」のソフトウェア開発向けに、低価格の開発ボード「R-Car S4 Starter Kit」を発表した。

キャプション 「R-Car S4 Starter Kit」のイメージ[クリックで拡大] 出所:ルネサス エレクトロニクス

 R-Car S4は、クラウド通信と安全な車両制御を両立するため、高性能なコンピューティングと豊富な通信機能を備えている。これまで開発環境として「R-Car S4 Reference Board」を提供しているが、入手しやすい低価格のキットを提供することで、早期のプロトタイプ開発が可能になった。

 R-Car S4 Starter Kitには、イーサネットTSNスイッチやCAN FDといったR-Car S4の主要なインタフェースをはじめ、4GBのLPDDR4、128GBのUFS、64MBのQuad SPIフラッシュなどのメモリを搭載する。また、拡張コネクターを活用し、ユーザーがニーズに合わせてハードウェアをカスタマイズできる。

 同年8月末には、オープンな車載開発環境「R-Car S4 Whitebox SDK」がR-Car S4 Starter Kitに対応する予定。無線通信でソフトウェアをアップデートするOTA、ネットワークセキュリティとしてのIPS(不正侵入防止システム)やIDS(不正侵入検知システム)、リソースモニタリングツールなどが含まれており、さまざまな試作や評価が可能だ。

⇒その他の「車載ソフトウェア」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.