ニュース
» 2023年05月17日 10時30分 公開

エプソンが高機能な導電性繊維を製造する東北大発スタートアップに出資材料技術

セイコーエプソンとエプソンクロスインベストメントは、高機能な導電性繊維「LEAD SKIN」を開発/製造する東北大学発スタートアップのエーアイシルクに出資した。

[遠藤和宏MONOist]

 セイコーエプソンとエプソンクロスインベストメントは2023年5月15日、両社の出資するEP-GB投資事業有限責任組合を通じて、高機能な導電性繊維「LEAD SKIN」を開発/製造する東北大学発スタートアップのエーアイシルクに出資したと発表した。

 セイコーエプソンは、さまざまな生活シーンで生体情報を取得し、新たな価値に転換していくためのインタフェース技術としてLEAD SKINを評価し、今回の投資を実行した。

LEAD SKINとは?

 これまで、生体センシングやEMS(微量の電気によって筋肉を刺激して動かし、筋力トレーニングのような効果が期待できる機器)などの用途で車載部品用や各種ウェアラブル機器用素材として使われている導電性繊維は、導電抵抗の影響によるセンシング精度や肌触り/変質(サビ)で、快適性/安全性、製造コスト、耐久性に課題があった。

 そこで、エーアイシルクは、染色技法を用いて導電性高分子をコーティングする量産技術を適用したLEAD SKINによりこれらの課題を解決し、シルクやポリエステル、不織布、スエードなど、さまざまな素材の導電化に成功。これは、東北大学で発明された技術をもとに、独自の導電性高分子塗布技術を取り入れて製造方法を大幅に改良したことにより可能とした。

 この他に、導電抵抗の低減によるセンシング精度の向上や肌触り、着心地といった快適性/耐久性の向上、製造コストの低減化も実現している。

 エーアイシルクでは、今回の第三者割当増資を通じて、LEAD SKINの量産拡大を図るとともに、海外展開を進め、国内外で需要が高まっている車載部品用素材やEMS製品など各種ウェアラブル機器用素材として販売するとともに、メディカル領域への拡販も視野に入れている。

⇒その他の「材料技術」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.