ニュース
» 2023年05月10日 06時00分 公開

日産アリア/リーフ/サクラの購入に東京都が10万円の上乗せ補助電動化

日産自動車のEV3車種が東京都の令和5年度ZEV購入補助金制度における自動車メーカー別の上乗せ補助対象に認定された。

[齊藤由希MONOist]

 日産自動車は2023年5月8日、EV(電気自動車)3車種が東京都の令和5年度(2023年度)のZEV(ゼロエミッション車)(※)購入補助金制度における自動車メーカー別の上乗せ補助対象に認定されたと発表した。

(※)電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)、燃料電池車(FCV)を指す。

 自動車メーカー別の上乗せ補助は、令和4年(2022年)に東京都内で一定以上のZEVを販売し、所定の条件を満たすと対象になる。

 上乗せ補助対象になったことで、東京都内に住所を持つ個人もしくは法人が新車で「アリア」「リーフ」「サクラ」を購入する際に基本補助額に加えて10万円の補助が受けられる。再生可能エネルギー電力を導入している場合はさらに補助が上乗せされる。

写真左からアリア、サクラ、リーフ[クリックで拡大] 出所:日産自動車
個人で日産のEVを購入した場合に受けられる補助[クリックで拡大] 出所:日産自動車

 また、アリアなど3車種は国の令和4年度補正予算「クリーンエネルギー自動車導入促進補助金(CEV補助金)」で最大85万円の補助を受けられる。東京都内の一部自治体による独自のEV購入補助金の対象にもなっている。

 今回、日産自動車以外に自動車メーカー別の上乗せ補助額が満額の10万円となったのは三菱自動車、テスラだ。

 自動車メーカー別の上乗せ補助額は、2022年に東京都内でZEVを新車で20台以上、「非ガソリン乗用車」(ZEVとHEV=ハイブリッド車で2020年度燃費基準20%向上達成車以上の低燃費車)の新車を300台以上販売し、次のいずれかの条件を満たすことで決まる。

 1つ目はZEVの販売比率が5.9%以上であること、2つ目は非ガソリン車の販売比率が37.9%以上であることだ。この比率は2022年に東京都内で初度登録/初度検査された乗用車に占めるZEVや非ガソリン車のシェアだ。3つ目の条件は最も多くのZEVを販売したこと、4つ目が前年比で2倍以上のZEVを販売すること、となっている。

各自動車車両製造事業者・自動車輸入事業者が取扱う車両の上乗せ補助額
自動車車両製造事業者、
自動車輸入事業者名
ブランド名 上乗せ補助額
トヨタ自動車 トヨタ、レクサス 5万円
日産自動車 日産 10万円
ビー・エム・ダブリュー BMW、MINI 5万円
ボルボ・カー・ジャパン ボルボ 5万円
本田技研工業 ホンダ 5万円
マツダ マツダ 5万円
三菱自動車 三菱 10万円
Stellantis ジャパン プジョー、シトロエン、DS、ジープ、フィアット、アバルト、アルファロメオ 5万円
Tesla Motors Japan テスラ 10万円

→その他の「電動化」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.