サステナブルなモノづくりの実現
ニュース
» 2023年02月27日 10時30分 公開

1000台の使用済み自動車からアクリル樹脂を回収する実証実験を開始リサイクルニュース

三菱ケミカルグループは、アクリル樹脂ケミカルリサイクルの事業化に向け、東京海上日動火災保険やABTと共同で、使用済みの自動車からアクリル樹脂を回収するためのスキームについて実証実験をスタートした。

[遠藤和宏MONOist]

 三菱ケミカルグループは2023年2月20日、アクリル樹脂ケミカルリサイクルの事業化に向け、東京海上日動火災保険やABTと共同で、使用済みの自動車からアクリル樹脂を回収するためのスキームについて実証実験を開始したと発表した。

2024年度に全国ネットワークでの取り組みに拡大

 同グループは、世界有数のアクリル樹脂メーカーであり、製造だけでなく、廃棄や回収されるアクリル樹脂をケミカルリサイクルして再利用する事業の本格化に向けて取り組んでいる。

 東京海上日動は、自動車保険業を運営する中で、自動車事故などによる保険金の支払いに伴い多数の使用済み自動車を取得しているという。ABTは、東京海上日動から委託を受け、全国各地の解体業者とともに使用済自動車のリユースとリサイクルを含めた適正処理を行っている

 三菱ケミカルグループ、東京海上日動、ABTは、東京海上日動およびABTが持つ使用済み自動車処理のネットワークを活用し、テールランプなどのアクリル樹脂を回収するスキーム構築を目指す。

アクリル樹脂は自動車のテールランプなどに使用されている[クリックで拡大] 出所:三菱ケミカルグループ

 まずは、2023年3月から関東地区で、1000台ほどの使用済み自動車からアクリル樹脂を回収する実証実験を開始する。この実証実験を踏まえて、オペレーションや素材の品質、コストなどの検証を行い、2024年度に全国ネットワークでの取り組みに拡大していくことを目標として掲げている。自動車保険のネットワークを活用して使用済み自動車からアクリル樹脂を回収する試みは国内初の取り組みだという。

使用済みの自動車からアクリル樹脂を回収するためのスキーム[クリックで拡大] 出所:三菱ケミカルグループ

⇒その他の「リサイクルニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.