サステナブルなモノづくりの実現
ニュース
» 2023年02月10日 13時30分 公開

「ISCC PLUS」認証に基づいたバイオマスPC樹脂の生産および販売を開始リサイクルニュース

帝人は、国内で生産するポリカーボネート(PC)樹脂について、「ISCC PLUS」認証を取得した。同認証に基づいたマスバランス方式でバイオマスPC樹脂の生産および販売を開始する。

[MONOist]

 帝人は2023年1月30日、愛媛県松山市と広島県三原市で生産するポリカーボネート(PC)樹脂について、持続可能な製品の国際認証の1つである「ISCC PLUS」認証を取得したと発表した。

 同社のPC樹脂「パンライト」「マルチロン」、PCシート「パンライトシート」、PCフィルム「パンライトフィルム」で認証を取得した他、PC樹脂で同認証を取得したのは、国内では初になるという。

キャプション 「ISCC PLUS」認証を取得したPC樹脂製品「パンライト」(左)と「マルチロン」(右)[クリックで拡大] 出所:帝人
キャプション 「ISCC PLUS」認証を取得したPC樹脂製品。[クリックで拡大] 出所:帝人

 石油由来のPC樹脂だけでなくバイオマスナフサを使用したビスフェノールA(バイオマスBPA)を用い、同認証に基づいたマスバランス方式でバイオマスPC樹脂の生産および販売を開始する。バイオマスPC樹脂は、バイオマスBPAが石油由来のBPAと同等の物性であることから、石油由来のPC樹脂と同等の物性を有し、従来品から容易に切り替えられる。

 同社は今後、環境配慮型のPC樹脂製品を「Circular Materials(CM、サーキュラーマテリアルズ)」のブランド名で展開する見込みで、今回、生産および販売を開始するバイオマスPC樹脂は、「パンライトCM」「マルチロンCM」の製品ラインアップの1つとなる。

⇒その他の「リサイクルニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.