【実例】現場の声から治具が出来上がるまで(その2)製造現場の地味な要!? 治具設計の舞台裏(3)(3/4 ページ)

» 2022年10月05日 07時00分 公開
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

いよいよ組み立て! 無事仕様通りに完成なるか!?

 その後、3週間ほどで全ての部品がそろったので、いよいよ組み立てていきます。ボトムプレートは治具のベースとなる部分で、自動機への脱着と移動用のハンドルを付けています。一列に空いている複数の長穴は、はんだ付け後に基板を取り出すためのピンが入る穴です。トッププレートは治具にセットした基板と端子を上から押さえる役割があります。端子は平板で押さえ、基板は搭載部品を避けて、左右の板端を1mm押さえるようにしています。

治具のボトムプレート(左)とトッププレートの裏面(右) 図7 治具のボトムプレート(左)とトッププレートの裏面(右)[クリックで拡大]
トッププレートの裏面に取り付けられた2種類の押さえ金具 図8 トッププレートの裏面に取り付けられた2種類の押さえ金具[クリックで拡大]

 ボトムプレートの上に、基板と端子をセットする部品を組み付けていきます。ここで、基板の位置とトッププレート裏面の基板押さえの位置がずれていたら、もう全てが台無しになります。しかし、そこは事前にアセンブリデータでしつこく確認済みなので、問題ないはずです。

治具の母艦に位置決めユニットを3列装着した状態(30pcs仕様) 図9 治具の母艦に位置決めユニットを3列装着した状態(30pcs仕様)[クリックで拡大]

 実際に、組み上がった治具に基板と端子を置いてみると、計画通りのクリアランスに基板も端子もちょうどよく収まり、ガタつくことなく、きつくもなく、いい感じに固定できました。

治具に基板と端子をセットした状態 図10 治具に基板と端子をセットした状態[クリックで拡大]
基板と端子の位置決め部(基板挿入部にはナンバリングを施した) 図11 基板と端子の位置決め部(基板挿入部にはナンバリングを施した)[クリックで拡大]
端子部の拡大イメージ 図12 端子部の拡大イメージ[クリックで拡大]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.