ニュース
» 2022年09月27日 09時00分 公開

海外クラファンで話題、超大型光造形3Dプリンタの国内販売を開始3Dプリンタニュース

サンステラは、12.8インチの6KモノクロLCDスクリーンを搭載した、光造形方式3Dプリンタ「Elegoo Jupiter」の販売を開始した。高品質な構成部品と優れたデザイン性、充実した機能で造形精度や耐久性、ユーザビリティを高めている。

[MONOist]

 サンステラは2022年9月22日、12.8インチの6KモノクロLCDスクリーンを搭載した、光造形方式3Dプリンタ「Elegoo Jupiter」を発売し、出荷を開始した。Elegooが開発した3Dプリンタで、海外のクラウドファンディングで6億円以上の調達に成功したこともあり、注目を集めている。

光造形方式3Dプリンタ「Elegoo Jupiter」 光造形方式3Dプリンタ「Elegoo Jupiter」[クリックで拡大] 出所:サンステラ

 12.8インチの大型パネルに、加工エリアも278×156×300mmと広いため、大型モデルや複数の小型モデルの高精細な造形が可能だ。

複雑な形状モデルの高精細造形が可能 複雑な形状モデルの高精細造形が可能[クリックで拡大] 出所:サンステラ

 筐体は金属製で強度に優れ、主要部品も高強度のメタル素材を使っている。ボディーのシートメタル(板金)は長期にわたって劣化や傷を防ぎ、ハンドルなどにアルミニウム合金を用いることで軽量化を図っている。

高品質な部品構成で耐久性を向上 高品質な部品構成で耐久性を向上[クリックで拡大] 出所:サンステラ

 高品質のZ軸ボールスクリューは耐久性が高い上に、60dB以下と静音かつ滑らかに動く。また、4スライダーデザインにより安定性と位置精度が向上しており、LCDスクリーンやZ軸は容易に取り外しができる設計だ。他にも、レジンの自動充填(じゅうてん)システムや消臭エアフィルターなど、便利な機能を搭載している。

 本体サイズは498×358×750mmで、重さは40kg。X、Y軸精度は51μm、Z軸精度は1.25μm、レイヤー厚は10〜200μm、プリント速度は毎時30〜70mmとなっている。

 サンステラの販売サイトでは、同年9月末まで「サンステラElegoo取り扱い開始記念セール」を実施しており、通常価格23万3116円を19万8000円(いずれも税込)で販売する。同社は日本語対応の取扱説明書や、初心者向けに3Dプリンタ入門書から抜粋して制作した別刷誌なども合わせて提供する。

⇒ その他の「3Dプリンタ」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.