ニュース
» 2022年09月12日 14時00分 公開

Bluetoothデバイス向けのIoTゲートウェイを発売製造業IoT

obnizは、IoTゲートウェイ「obniz BLE/Wi-Fi Gateway Gen2.0」を発売した。短期間、低コストでBluetoothデバイスのデータ収集やIoTサービスへの連携ができる。

[MONOist]

 obniz(オブナイズ)は2022年8月22日、IoT(モノのインターネット)ゲートウェイ「obniz BLE/Wi-Fi Gateway Gen2.0」を発売した。販売価格は1台当たり1万4080円(税込み)。短期間、低コストでBluetoothデバイスのデータ収集やIoTサービスへの連携ができる。

キャプション IoTゲートウェイ「obniz BLE/Wi-Fi Gateway Gen2.0」 出所:obniz

 同社は、ゲートウェイ本体に加えて通信ネットワークやクラウドシステム(機器管理機能)をオールインワンで提供する。温湿度やCO2濃度などの環境センサー、ビーコン、体温計や血圧計といった汎用的なBluetoothセンサー、Bluetoothデバイスを利用可能で、センサーを既存の機器や設備に後付けすることでIoT化できる。

 同ゲートウェイには、obnizOSがインストールされており、クラウドライセンス(期限なし)が付帯する。操作や制御向けのプログラムがクラウド上で動作するため、遠隔からのデバイス管理やOSのアップデートに対応する。PoC(概念実証)後の本格運用においても柔軟にサービスを設計できる。

キャプション IoTゲートウェイ構成図 出所:obniz

 ゲートウェイ本体は、コンセントに挿すだけで利用を始められる。また、接続状態やコンテンツを表示できるディスプレイ(E Ink)を備える。Bluetooth 5.0に対応しており、長距離通信センサーと組み合わせれば広い範囲をカバーできる。

 サイズは75×48×20mm(プラグ部除く)で、重量が55g。AC100〜240V、50〜60Hzの電源に対応しており、最大消費電力は0.3A。−10〜+45℃、湿度95%以内で動作する(保管温度は−10〜+60℃)。技適(技術基準適合証明)、FCC、PSE(丸型)の認証を受けている。

⇒その他の「製造業IoT」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.