ニュース
» 2022年09月01日 11時30分 公開

半導体製造装置向け樹脂加工品の生産能力増強、熊本工場を増床工場ニュース

クラボウ 化成品事業部は2022年8月30日、熊本事業所の生産能力と開発体制の増強に向け、新棟の建設用地を新たに取得し、熊本県菊池市と立地に関する協定を締結した。

[MONOist]

 クラボウ 化成品事業部は2022年8月30日、熊本事業所の生産能力と開発体制の増強に向け、新棟の建設用地を新たに取得し、熊本県菊池市と立地に関する協定を締結した。

 クラボウ 熊本事業所は、半導体製造装置に使用される、耐薬品性に優れ、クリーン性が高い高機能樹脂加工品の開発や製造を行っている。昨今の半導体需要の拡大を受け、生産能力と開発体制を現状の2倍以上に増強するため、熊本事業所の新棟建設用地として、2022年8月に熊本事業所の隣接地を取得した。

 新たに取得したのは、熊本事業所西側隣接地の5467m2での土地で、建設予定の新棟は、6000m2の延べ床面積となる予定だという。2023年3月頃に着工し、2024年4月頃の操業を目指す。投資額は約20億円となる見込みだ。新棟では、高機能樹脂加工品の生産や検査工程の自動化設備を新たに導入するなど、より生産性に優れた体制を構築する計画だ。また、新規加工製品の商品化を見据えた生産スペースの確保も行う。

photo 現在の熊本事業所の外観 出所:クラボウ

 熊本県では、台湾のTSMCが過半の株式を所有する「Japan Advanced Semiconductor Manufacturing株式会社」が菊陽町に進出し、半導体ファウンドリーとして2024年に生産を開始することを発表しており、半導体関連投資の拡大が目立っている。

≫「工場ニュース」のバックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.