ニュース
» 2022年07月25日 14時00分 公開

0.5μsの高速応答性を備えた小型低背のコアレス電流センサー組み込み開発ニュース

村田製作所は、小型低背のコアレス電流センサー「MRD」シリーズの量産を開始した。TMR素子と独自の補正処理技術により高精度の電流測定が可能で、オープンループ方式を採用することで、高速応答化にも成功している。

[MONOist]

 村田製作所は2022年6月27日、高い応答性と測定精度を備えたコアレス電流センサー「MRD」シリーズの量産開始を発表した。充電ステーション、サーバ用電源タップ、太陽光発電システム、スマートメーター、エアコンなど、さまざまな自動車、産業、民生製品に適する。

キャプション コアレス電流センサー「MRD」シリーズ 出所:村田製作所

 MRDシリーズは、磁気抵抗効果を利用したMR(Magneto Resistance)電流センサー。TMR(トンネル磁気抵抗効果)素子と独自の補正処理技術により、高精度の電流測定ができる。

 また、磁集するコア部品のないコアレス型とすることで、センサーを小型低背化するとともに、オープンループ方式を採用し、高速応答化にも成功した。差動方式を採用し、外部磁場の影響を除去して誤作動を防ぐ。

 10.2×10.3×2.8mmのSOICW16パッケージで提供する。電源電圧は3.3Vあるいは5.0V、最大一次電流は40Armsとする。アナログ出力で、ACおよびDCを測定可能だ。

 使用温度範囲は−40〜+105℃、総合精度は使用温度範囲全域で1.0%F.S.、応答時間は0.5μs。帯域幅は1MHzだが、コンデンサーで選択できる。サーマルシャットダウン回路を備え、安全規格UL62368-1に準拠する。

⇒その他の「組み込み開発ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.