ニュース
» 2022年07月11日 11時00分 公開

重量5kgの小型ロボット制御装置発売、縦置きや重ね置きにも対応産業用ロボット

不二越は、小型ロボット用制御装置「CFDq」を発表した。サイズは270×270×82.9mm、重量は5kgで、小型かつ軽量なため、縦置きや重ね置きに対応し、レイアウトの自由度が向上する。

[ITmedia]

 不二越は2022年6月29日、小型ロボット用制御装置「CFDq」の販売開始を発表した。同社の高速、高精度ロボット「MZ07F」「MZ07LF」「MZ10LF」に対応する。

小型ロボット用制御装置「CFDq」 小型ロボット用制御装置「CFDq」 出所:不二越

 サイズは270×270×82.9mmで、容積は6リットル。設置面積は729cm2、重量は5kgで、従来の制御装置「CFD」や小型化した高機能制御装置「CFDs」に比べてコンパクトになっている。小型かつ軽量なため、縦置きや重ね置きに対応し、レイアウトの自由度が向上する。

「CFD」「CFDs」「CFDq」 左から「CFD」「CFDs」「CFDq」 出所:不二越

 また、従来は制御装置前面パネルに配置していた切り替えスイッチをティーチペンダントへ配置した。ラック格納後にも、手元でモード切り替えができる。

 同社は、世界最小クラスの制御装置と小型ロボットを組み合わせることで、周辺装置を含めた設備全体のコンパクト化、設備費用の削減につながるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.