ニュース
» 2022年07月08日 14時00分 公開

ドローンが悪意ある第三者に捕獲された瞬間にデータを無効化する技術を開発IoTセキュリティ

アイ・ロボティクス、ネクストウェア、ZenmuTechは、ドローンや移動型ロボットのデータを秘密分散アルゴリズムにより保護する「インテグリティ・ドローン」技術を開発した。物流、防衛装備業界などで活用できる。

[MONOist]

 アイ・ロボティクス、ネクストウェア、ZenmuTechは2022年6月13日、ドローンや移動型ロボットのデータを秘密分散アルゴリズムにより保護する「インテグリティ・ドローン」技術を開発したと発表した。技術検証の第一段階は完了し、同年中に国内外の航空機、ドローン、自動運転車、防衛装備業界などへ提案する予定だ。

キャプション ドローンが悪意ある第三者に捕獲されたイメージ[クリックで拡大] 出所:アイ・ロボティクス

 秘密分散技術とは、1つだけでは意味のない複数の「分散片」にデータを分け、それぞれを別の環境で管理することで、外部へのデータ流出を防ぐ。ZenmuTechの秘密分散技術「ZENMU-AONT」は、全ての分散片を集めないとデータを復元できない。

 インテグリティ・ドローン技術は、ZENMU-AONTを利用し、小さく軽量のアルゴリズムをドローンに搭載して、運用効率を維持したまま、リアルタイムにデータを分散化する。

 これにより、何らかの理由でドローンを紛失したり、通信が途絶えた瞬間にデータが無意味なものになり、知的財産や個人情報、機密情報を保持できる。落下検知や電源喪失時に自動でデータを無効化するなど、機密レベルに応じた多重化、完全機密化も可能だ。

 仮に、悪意のある第三者が回収しても、データの復元や自律飛行プログラミングの逆アセンブルは不可能だ。これにより、産業領域や物流領域、中でも安全保障領域での機密の漏えい防止に貢献する。

キャプション 「インテグリティ・ドローン」の基本構成とシステム処理概念図[クリックで拡大] 出所:アイ・ロボティクス

⇒その他の「IoTセキュリティ」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.