ニュース
» 2022年07月06日 14時00分 公開

フルMVNOを活用したGPSトラッキングシステムをスポーツ大会に採用組み込み採用事例

インターネットイニシアティブのフルMVNOサービス「IIJモバイルサービス/タイプI」のSIMカードが、セイコーエプソンのGPSトラッキングシステムに採用された。トライアスロン大会の安全な大会運営に活用する。

[MONOist]

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は2022年6月15日、同社のフルMVNOサービス「IIJモバイルサービス/タイプI」のSIMカードが、セイコーエプソンのGPSトラッキングシステムに採用されたと発表した。同月25日の「スワコエイトピークス ミドルトライアスロン大会 2022」における、安心、安全な大会運営に活用したという。

キャプション GPSトラッキングシステム利用イメージ[クリックで拡大] 出所:インターネットイニシアティブ

 IIJモバイルサービス/タイプIは、NTTドコモのネットワークを利用したモバイル通信サービス。開通のタイミング、中断、再開を制御するSIMライフサイクル管理機能や、定額プラン、パケットシェアなど複数の料金体系を提供し、IoT(モノのインターネット)やリモートアクセスでの活用を見込む。省電力性も備え、長時間のトラッキングにも対応する。

 トライアスロン大会では、同サービスを採用したGPSトラッキングシステムを使って、選手やスタッフの位置、速度情報、コンディションなどを大会運営監視センターで確認する。

 IIJでは、今後もフルMVNO事業者の強みを生かし、産業、農業、見守り、エネルギー分野を中心に、柔軟で独自のサービスを展開していく。セイコーエプソンも、GPSトラッキングシステムを通して、スポーツイベントによる地域活性化やスポーツツーリズムなど、地域振興に貢献するとしている。

⇒その他の「組み込み採用事例」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.