ニュース
» 2022年07月05日 14時00分 公開

バッテリー駆動型追跡デバイスに適した、4.5×4.5mmのGNSSモジュール発表組み込み開発ニュース

u-bloxは、4.5×4.5mmのGNSSモジュール「MIA-M10」シリーズを発表した。超低消費電力のGNSSプラットフォーム「u-blox M10」をベースとし、GPS、Galileo、BeiDou、GLONASSを同時受信できる。

[MONOist]

 u-bloxは2022年6月15日、GNSS(全地球測位システム)モジュール「MIA-M10」シリーズを発表した。初回のサンプル提供は同年7月を予定する。消費電力が小さく、バッテリー駆動型の資産追跡デバイスに適する。

キャプション GNSSモジュール「MIA-M10」 出所:ユーブロックス

 MIA-M10シリーズは、超低消費電力のGNSSプラットフォーム「u-blox M10」をベースとし、GPS、Galileo、BeiDou、GLONASSを同時受信できる。RF感度も高く、信号の弱い都市部でも測位性能を発揮する。

 サイズは4.5×4.5mmと競合品の約半分で、世界最小サイズになるという。小型ながら、GNSS性能を維持したまま消費電力を抑えている。パワーセーブモードでは、測位精度と消費電力のバランスを最適化し、バッテリー寿命をさらに伸ばせる。

 現在、「MIA-M10Q」「MIA-M10C」の2種をラインアップする。MIA-M10Qは、小型のバッテリー駆動型追跡デバイスに適し、子どもや高齢者、ペット、家畜の居場所や安否を見守るためのウェアラブル機器、小型ドローン、カメラ、バイク用コンピュータ、バッテリー駆動型センサーなど動きを伴う機器への利用を見込む。MIA-M10Cは、アクティブアンテナまたはカスタムアンテナ回路と柔軟に統合可能だ。

 起動時の初期測位時間を短縮する「u-blox AssistNow」サービスや、クラウドで位置情報を計算する「u-blox CloudLocate」サービスも、端末の性能向上と消費電力削減に貢献する。

⇒その他の「組み込み開発ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.