ニュース
» 2022年05月12日 14時00分 公開

ドローン間の直接通信による自動追従群飛行と自律接近回避の実証実験に成功ドローン

情報通信研究機構は、ドローン同士がそれぞれの位置情報などを直接通信し、自律飛行する「機体間通信システム」を開発した。4機のドローンを使った実証実験において、自動追従群飛行と自律接近回避に成功している。

[MONOist]

 情報通信研究機構は2022年4月11日、ドローン同士がそれぞれの位置情報などを直接通信し、自律飛行する「機体間通信システム」を開発したと発表した。4機のドローンを使った実証実験では、自動追従群飛行と自律接近回避に成功している。物流、農業、点検、防災などの分野で、複数のドローンによる安全かつ安心な同時飛行を可能にする。

キャプション 開発した「機体間通信システム」[クリックで拡大] 出所:情報通信研究機構

 機体間通信システムでは、無線局免許不要の920MHz帯の電波を使ったブロードキャスト通信を使用する。ドローン同士がGNSS(衛星測位システム)からの位置情報を1秒に1回以上の頻度で共有することで、互いの相対位置を把握できる。このシステムへ、先導するドローンに他のドローンが自律的に追従して離陸、飛行、着陸する機能や、自律的に接近を回避する機能を持たせた飛行制御アルゴリズムを組み込んだ。

 実証実験では、1機の先導機に対して、3機の追従機が編隊飛行できた。また、東西南北から同一地点に向かっていた4機のドローンが、約20mの距離まで接近した際に、地上からの操作がなくても、各機が自律的に飛行経路を変えて衝突を回避できることを確認した。これまでの接近回避は3機までで、4機の成功は初めてだという。

キャプション 4機のドローンによる自動追従群飛行実験[クリックで拡大] 出所:情報通信研究機構
キャプション 4機のドローンによる自律接近回避実験[クリックで拡大] 出所:情報通信研究機構

 同システムは、ドローンと有人ヘリコプター間でも利用可能で、接近距離が数kmの時点で、ドローンが自律的に接近回避できることも実証している。

 今後は、同一空域内でより多くのドローンが飛行できるよう、通信制御方式や飛行制御方式を検討するとともに、飛行環境に応じた編隊飛行技術や通信技術を開発し、実用化を目指す。

⇒その他の「ドローン」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.