ニュース
» 2022年02月10日 08時00分 公開

ドローンの“巣”となるドローンポートを国産化、カーボンニュートラルにも貢献ドローン(1/2 ページ)

「Take Off Anywhereプロジェクト(TOAプロジェクト)」が、ドローンの離着陸や充電を自動で行えるドローンポートを開発したと発表。屋外運用に対応するため全天候対応のシェルターとなる開閉機構なども備えており、国内で設計開発し本格的な量産を行う国産のドローンポートは初の事例になるという。

[朴尚洙,MONOist]

 ドローン技術の確実な社会実装を目指す「Take Off Anywhereプロジェクト(TOAプロジェクト)」は2022年2月9日、東京都内で会見を開き、ドローンの離着陸や充電を自動で行えるドローンポートを開発したと発表した。屋外運用に対応するため全天候対応のシェルターとなる開閉機構なども備えており、国内で設計開発し本格的な量産を行う国産ドローンポートは初の事例になるという。まずは、2022年内をめどに先行顧客への納品を目指し、2023年からは100台以上の規模を視野に入れた量産出荷を始める方針だ。

TOAプロジェクトの国産ドローンポート TOAプロジェクトの国産ドローンポート[クリックで拡大] 出所:TOAプロジェクト
会見場で国産ドローンポートを披露した会見場で国産ドローンポートを披露した 会見場で国産ドローンポートを披露した[クリックで拡大] 出所:TOAプロジェクト
国産ドローンポートの開閉機構や自動充電機構の動作イメージ[クリックで再生] 出所:TOAプロジェクト

 2021年2月に、SUNDRED、自律制御システム研究所(ACSL)、センシンロボティクス、PHB Design、VFR、理経の6社で発足したTOAプロジェクトは「人生100年時代に人々を幸せにするドローン作り」をテーマに掲げている。このテーマに沿って、活動のフェーズ1に据えたのが、クルマで機体を運んでから複数人でさまざまな業務を分担して飛ばすなど手間とコストがかかるドローンの運用について、ドローンポートが付いたクルマに乗って1人で現地に向かい運用の全てをワンオペで行えるようにするための技術開発である。

 今回発表した国産ドローンポートは、ドローンのワンオペ運用の大きな足掛かりになる。開発の主体となったVFRで社長を務める湯浅浩一郎氏は「ドローンの語源はハチだが、ハチの生態系の基本はハチの巣だ。ドローンにとっての巣に当たるドローンポートにより、TOAプロジェクトが目指す『ドローンを誰でもどこでも必要な時に使える世界』を実現できるようになる」と語る。

ドローンポートはハチにとってのハチの巣と同じ役割を果たす ドローンポートはハチにとってのハチの巣と同じ役割を果たす[クリックで拡大] 出所:TOAプロジェクト

 開発したドローンポートは、ACSLの産業用ドローン「ACSL-PF2」向けになる。外形寸法は、シェルターを閉じた状態で幅1900×奥行き1650×高さ1180mmで、開閉機構を開くと幅4125mmとなる。重量は400kg。IP54の防塵(じん)防水機能を有し、駆動電源はAC100Vで、通信はLANもしくはWi-Fiを利用できる。

国産ドローンポートの外形寸法と仕様 国産ドローンポートの外形寸法と仕様[クリックで拡大] 出所:TOAプロジェクト
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.