ニュース
» 2022年05月18日 08時00分 公開

AMDがROS対応のロボット開発キットでNVIDIAに対抗、開発期間を約5分の1に短縮組み込み開発ニュース(2/2 ページ)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

ソニーのイメージセンサー用高速インタフェース「SLVS-EC」を採用

 追加要素の2つ目は、高性能ビジョンセンサーへの対応である。KV260が一般的なイメージセンサーインタフェースであるMIPIを搭載していたのに対し、KR260はソニーの高速インタフェース規格である「SLVS-EC(Scalable Low Voltage Signaling with Embedded Clock)」を採用した。これにより9.5Gb/sの帯域幅を用いて2つ以上のデータレーンで高画素のイメージセンサーを接続できるようになる。また、SFP+準拠の10GbEインタフェースも搭載しており、これら高画素イメージセンサーのデータをファクトリーオートメーションなどの他システムで活用することも容易になっている。

「KR260」は「SLVS-EC」とSFP+準拠の10GbEインタフェースを搭載している 「KR260」は「SLVS-EC」とSFP+準拠の10GbEインタフェースを搭載している[クリックで拡大] 出所:AMD

 3つ目は、工場向けの産業用ネットワークへの導入検討が進みつつあるイーサネットベースのTSN(Time-Sensitive Networking)への対応だ。KR260は、イーサネットポートを4つ用意しており、これらのうち2つは外付けスイッチなしでTSNを利用できるようになっている。また、ROS 2のマルチノード通信に対応するTSNアプリケーションも追加した。

「KR260」はTSNにも対応している 「KR260」はTSNにも対応している[クリックで拡大] 出所:AMD
「KR260」のブロックダイヤグラム「KR260」と「KV260」の比較 「KR260」のブロックダイヤグラム(左)と「KR260」との比較(右)[クリックで拡大] 出所:AMD

 なお、今回の発表に合わせて、量産製品向けのSOMであるK26の価格を改定している。動作温度0〜85℃で2年保証のCグレードは250米ドルから300米ドルに、動作温度−40〜100℃で3年保証のIグレードが350米ドルから420米ドルに変更された。ただし、AIカメラ向け開発キットであるKV260の価格は199米ドルで据え置いている。

「Kria」ブランドの各製品の価格 「Kria」ブランドの各製品の価格[クリックで拡大] 出所:AMD

⇒その他の「組み込み開発ニュース」の記事はこちら

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.