まとめ
» 2022年04月18日 12時00分 公開

東京五輪表彰台プロジェクトの軌跡〜未来へつなげるモノづくり〜電子ブックレット(メカ設計)

MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、使用済みプラスチックを材料に、3Dプリンティング技術によって新たな命が吹き込まれた東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(東京2020大会)表彰台プロジェクトを取り上げた「東京五輪表彰台プロジェクトの軌跡〜未来へつなげるモノづくり〜」をお送りします。

[MONOist]

 MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、使用済みプラスチックを材料に、3Dプリンティング技術によって新たな命が吹き込まれた東京2020大会表彰台プロジェクトを取り上げた「東京五輪表彰台プロジェクトの軌跡〜未来へつなげるモノづくり〜」をお送りします。

東京五輪表彰台プロジェクトの軌跡〜未来へつなげるモノづくり〜

 東京2020大会表彰台プロジェクトの製作過程とその試行錯誤の取り組み、そして、その先に何を思い描いているのかについて、大会エンブレムのデザインを担当した野老朝雄氏とともに、表彰台の製作プロジェクトを成功に導いた慶應義塾大学 環境情報学部 田中浩也研究室に話を聞いた。


【主な内容】
 ・短期間での検証・研究に欠かせなかった3Dプリンタ
 ・未知の挑戦となったリサイクルプラスチック材料の改質
 ・極限まで突き詰めたデザインとツールパス
 ・延期決定後に量産スタート、7000枚のパネルを約20日間で
 ・東京2020大会の開催を迎えた今、次に何を目指そうとしているのか
 ・循環型社会の実現に貢献する新たなアプローチ「リープサイクル」とは
 ・次の10年に向けて

・ブックレットは無料でお読みいただけますが、TechFactoryの利用登録および、メールマガジンの購読が必要です。
・電子ブックレットはPDFファイルで作成されています。
・電子ブックレット内の記事は、基本的に記事掲載時点の情報で記述されています。そのため一部時制や固有名詞などが現状にそぐわない可能性がございますので、ご了承ください。

⇒ その他の「メカ設計 電子ブックレット」はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.