ニュース
» 2022年03月29日 08時00分 公開

ボタンをタッチレス化する反射型センサーを開発、生産開始へ組み込み開発ニュース

日清紡マイクロデバイスは、反射型センサー「NJL5830R」を開発した。面実装パッケージに、高出力の赤外LEDと受光ICを組み込んでいる。エレベーターや自動販売機などのボタンをタッチレス化できるため、感染対策や衛生面の向上に寄与する。

[MONOist]

 日清紡マイクロデバイスは2022年3月8日、ボタンをタッチレス化する反射型センサー「NJL5830R」を開発したと発表した。100個購入時のサンプル価格は660円(税込)で、同年4月より月産10万個規模で生産する。

キャプション 反射型センサー「NJL5830R」 出所:日清紡マイクロデバイス

 NJL5830Rは、高出力の赤外LEDと受光ICを面実装パッケージ(COBP)に組み込んでいる。エレベーターや自動販売機などのボタンをタッチレス化できるため、感染対策や衛生面の向上に寄与する。

 光変調方式を採用しており、外乱光耐性に優れるため、屋外に設置する機器にも使用できる。また、手袋を着用した状態でも操作可能で、食品や医療の関連機器にも適する。

 センサー同士でパルス周期をずらす機能も搭載した。複数個用いる際に発生する、センサー間の干渉による誤動作を防止する。

 パッケージサイズは3.6×5.8×1.2mm、電源電圧は4.5〜12.0V。検出距離は0〜50mmで、用途に応じて調整できる。

 同社は今後、商品名「Optton」として、光学式タッチレスセンサーをシリーズ化する。

⇒その他の「組み込み開発ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.