ニュース
» 2022年03月17日 06時00分 公開

ベルリン市交通局に電動バス向け充電システム、2022年夏に稼働電気自動車

日立エナジーは2022年3月16日、ドイツのベルリン市交通局から電動のバスやトラック向けの充電システム「Grid-eMotion Fleet」を受注したと発表した。ベルリン市内の2カ所のバス操車場に合計4つの充電システムを納入。2022年8〜9月の稼働を予定している。

[齊藤由希,MONOist]

 日立エナジーは2022年3月16日、ドイツのベルリン市交通局から電動のバスやトラック向けの充電システム「Grid-eMotion Fleet」を受注したと発表した。ベルリン市内の2カ所のバス操車場に合計4つの充電システムを納入。2022年8〜9月の稼働を予定している。

 ベルリン市交通局は2030年までに全てのバスの電動化を目指しており、バス操車場への充電システムの設置を進めている。ベルリン市交通局での電動バス活用を支援し、都市環境の改善や脱炭素社会の実現に貢献していく。

 都市部のバス操車場はスペースの制約があり、充電システムも省スペースと低騒音が求められる。Grid-eMotion Fleetは、交流を直流に変換する設備と充電器を集約することで、従来の充電システムと比べて設置スペースを最大60%削減、ケーブル配線を最大40%削減している。

 また、充電器などの設備をコンテナに収容することで稼働中の騒音を最小限に抑えた。サポートサービスや設備の稼働状況をリアルタイムに確認できる遠隔監視システムにより信頼性を確保している。

 Grid-eMotion Fleetは2020年7月に発売した。グリッド接続と充電システムを統合しており、設置スペースがコンパクトであることや、拡張性が特徴だ。また、停留所などバスの運行ルート上に設置し、数秒間で充電を行う「Grid-eMotion Flash」もラインアップにある。Grid-eMotionシリーズは、オーストラリア、カナダ、中国、インド、中東、米国、欧州で展開している。

 充電システムと組み合わせるソリューションとしては、バスのエネルギー消費の算出、バッテリー残量や運航データの監視、充電ステーションの電力使用、エネルギーの貯蔵や夜間充電の最適化などを行うデジタル制御システム「e-mesh」や、稼働時間の最大化と効率性の向上を支援する「Lumada APM/EAM/FSM」がある。

→その他の「電動化」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.