ニュース
» 2022年03月01日 06時30分 公開

小島プレスのシステム障害でトヨタが国内全工場の稼働停止、日野自動車も工場ニュース

日本国内の仕入先で発生したシステム障害の影響を受けて、トヨタ自動車や日野自動車が工場の稼働を停止する。トヨタと日野がそれぞれ2022年2月28日に発表した。トヨタは、内装部品などを手掛ける小島プレス工業でのシステム障害の影響だとしている。

[齊藤由希,MONOist]

 日本国内の仕入先で発生したシステム障害の影響を受けて、トヨタ自動車や日野自動車が工場の稼働を停止する。トヨタと日野がそれぞれ2022年2月28日に発表した。

 トヨタは、内装部品などを手掛ける小島プレス工業でのシステム障害の影響だとしている。複数のメディアでシステム障害の原因はサイバー攻撃だと報じられている。

 トヨタ自動車は同年3月1日に国内の全工場となる14工場28ラインの稼働を止める。日野自動車も同日、大・中型トラックを生産する古河工場(茨城県古河市)、小型トラックや、トヨタ向けのSUV、高機動車を生産する羽村工場(東京都羽村市)の生産を停止する。

【2022年3月1日追記】トヨタ自動車は同年3月2日から全工場での稼働を再開すると発表した。

 サイバー攻撃に備えたセキュリティは、自動車メーカーだけでなくサプライチェーン全体で推進することが求められている。

 これに関し、日本自動車工業会と日本自動車部品工業会は、2020年3月に自動車産業向けのセキュリティガイドラインを策定。エンタープライズ領域で、企業規模に関係なく必要最低限実施すべき要求事項や達成条件をまとめている。自社の取り組み状況を自己評価し、対策レベルを効率的に点検するためのチェックシートも公開されている。

関連リンク:自動車産業サイバーセキュリティガイドライン
https://www.jama.or.jp/it/cyb_sec/cyb_sec_guideline.html

 エンタープライズ領域や工場のネットワークだけでなく、開発工程で求められる自動車へのセキュリティ対策や、販売後の車両の安全なソフトウェアアップデートやセキュリティリスクへの対応を求める法規への対応も不可欠だ。

→「工場ニュース」バックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.