ニュース
» 2022年02月16日 11時00分 公開

入手しやすい基板部品への置き換えサービスを開始、半導体不足に対応組み込み開発ニュース

日立ソリューションズ・テクノロジーは、「基板リメイクサービス」を開始した。入手が難しい部品を入手しやすい部品へと置き換えるもので、近年の半導体不足下での需要に応える。

[MONOist]

 日立ソリューションズ・テクノロジーは2022年1月25日、「基板リメイクサービス」を開始した。入手が難しい部品を入手しやすい部品へと置き換えるもので、近年の半導体不足下での需要に応える。

 基板リメイクサービスでは、旧基板の仕様を確認し、変更対象の仕様を明確にする。加えて、ハードウェア置き換え作業ではFPGAの論理設計、基板開発および評価などを、ソフトウェア置き換え作業では、開発環境の移行、ドライバソフトやアプリケーションソフト、OSの移植などを工程ごとに提供する。

キャプション 基板リメイクサービスの流れ 出所:日立ソリューションズ・テクノロジー

 設計者がいなかったり、仕様書が見当たらない場合でも、旧基板の仕様を明確化できる。また、同社が単独でハードおよびソフトウェア開発に対応するため、顧客は管理工数を削減できる。

⇒その他の「組み込み開発ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.