ニュース
» 2022年02月14日 10時00分 公開

キーエンス製PLCをIoT化してリモート制御する、新しい開発手順書を公開製造業IoT

ソラコムは、キーエンスのPLC「KV-8000」シリーズをIoT化してリモート制御する手順を記載した「IoT DIYレシピ」を公開した。同レシピにより、セルラー通信でプライベート接続し、管理ソフトを用いてCPUユニットを遠隔制御できるようになる。

[MONOist]

 ソラコムは2022年1月27日、キーエンスのPLC(プログラマブル・ロジック・コントローラー)「KV-8000」シリーズをIoT(モノのインターネット)化してリモート制御する手順を記載した「IoT DIYレシピ」を公開した。

 IoT DIYレシピは、ソラコムが無料公開しているIoTの開発手順書だ。Raspberry PiやArduino互換デバイスなど向けに、これまで50種類以上のレシピを公開している。

キャプション IoTの開発手順書「IoT DIYレシピ」 出所:ソラコム

 今回、PCを用いてKV-8000シリーズにアクセスし、リモート制御するIoTレシピを新たに公開した。ソラコムのプラットフォームにLTEルーターを介したセルラー通信でプライベート接続し、管理ソフト「KV STUDIO」を用いてKV-8000シリーズのCPUユニットを遠隔制御できる。

キャプション 「KV-8000」シリーズ向け「IoT DIYレシピ」のシステム図 出所:ソラコム

 セルラー通信を用いるため、現地で固定回線を設ける必要がない。また、プライベートネットワークを介してアクセスすることから、インターネットからの不正アクセスの危険性がない。

 リモートメンテナンスにより、現地に出向いてのPLC保守作業が不要となるため、顧客対応の迅速化や対応工数、費用の削減に寄与する。

キャプション IoTで、PLCを安全に遠隔メンテナンス 出所:ソラコム

⇒その他の「製造業IoT」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.