コラム
» 2022年02月08日 12時00分 公開

「まるでSF映画の世界」みたいだった自動倉庫システム製造マネジメント メルマガ 編集後記

国内でも導入企業が増えているようです。

[池谷翼,MONOist]

 この記事は、2022年2月8日発行の「製造マネジメント メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。


 ちょっと古い話で恐縮ですが、昨年(2021年)の12月、釣り具やペット製品などを手掛けるハヤブサの倉庫を見学するため兵庫県へと取材に赴きました。同社倉庫は、ロボットやグリッドタイプの製品格納コンテナを組み合わせた自動倉庫システムを手掛ける、ノルウェー企業Autostoreの製品(オートストア)を導入しています。これが実際に稼働している様子を拝見することが目的でした。

 オートストアは格子状の専用コンテナ(グリッド)を積み上げ、その中に製品を詰めた「ビン」を格納し、必要に応じてロボットが自律走行してビンを取り出して従業員(ピッカー)に届ける仕組みです。倉庫に合わせたシステムレイアウトが容易な上、倉庫入出庫作業を大幅に効率化できるといったメリットがあり、欧州ではドイツやノルウェーなどで450件超、国内ではニトリホールディングス傘下のホームロジスティクスをはじめ43件(導入工事中含む)の導入実績を持つなど、注目を集めています。

 自動倉庫システムを現地で取材するのは、筆者にとってこれが初めてでした。取材前からオートストアのデモ動画は何度か見ていたのですが、生で見ると、やはり受ける印象は全く違います。まるでSF映画の世界のような光景が目の前にあったのです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.