ニュース
» 2022年01月25日 08時00分 公開

自動GUIテストもカバーするQt、買収したfroglogicの「Squish」を披露スマート工場EXPO2022

The Qt Companyは、「第6回スマート工場EXPO」において、自動GUIテストツールの「Squish」を披露した。

[朴尚洙,MONOist]

 The Qt Companyは、「第6回スマート工場EXPO」(2022年1月19〜21日、東京ビッグサイト)において、自動GUIテストツールの「Squish」を披露した。

 UI開発のフレームワーク「Qt」で知られる同社は2021年4月、GUIベースアプリケーションのテスト分野における長年のパートナーだったfroglogicの買収を発表。これにより、GUIの設計、開発だけでなくテストのソリューションもポートフォリオに加わることになった。

 今回展示したSquishは、そのfroglogicの製品だ。GUIのテストをコードベースで行えるだけでなく、GUIに対して手動で行ったテスト内容を記録して再生することもできる。

自動GUIテストツール「Squish」の画面 自動GUIテストツール「Squish」の画面[クリックで拡大]
「Squish」により手動で行ったGUIテストの内容を記録して再生する様子[クリックで再生]

 近年のGUI開発では、基本となる制御モデルは共通化させながら、ハイエンドモデル向けに3Dグラフィックスなどを用いたリッチUIを、ミドルレンジやローエンドモデル向けには処理負荷の低い2Dグラフィックスを用いるといった派生開発が増えている。機能アップデートのための追加開発などもあり、GUIのテストに求める要件も複雑化している。The Qt Companyは、froglogicを傘下に収めることでテストプロセスまでカバーし、高度化するGUI開発に対応していく考えだ。

⇒その他の「組み込み開発ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.