ニュース
» 2022年01月18日 13時00分 公開

造形サイズ拡大や造形時間短縮、対応材料を広げたマイクロスケール3Dプリンタ3Dプリンタニュース

Boston Micro Fabricationは、3Dプリンタシステム「microArch」10μmシリーズの最新モデル「microArch S240」を発売した。高い造形精度を維持したまま、最大造形サイズを拡大、造形時間を短縮し、対応材料を拡大した。

[MONOist]

 Boston Micro Fabrication(BMF)は2021年12月27日、3Dプリンタシステム「microArch」10μmシリーズの最新モデル「microArch S240」の販売を開始した。10μmの光学解像度と加工公差±25μmの高精度なスペックを備え、微細構造を正確に造形できる。

3Dプリンタシステム「microArch S240」 3Dプリンタシステム「microArch S240」[クリックで拡大] 出所:Boston Micro Fabrication

 microArch S240の最大造形サイズは100×100×75mmで、既存モデル「microArch 140」の94×52×45mmより拡大し、ローラー式膜システムにより造形時間を最大で約50%短縮できる。光源はUV LED(405nm)を採用しており、光学解像度は10μm、積層厚は10〜40μm。ファイル形式はSTLに対応する。

 また、200cps以下の低粘度樹脂だけでなく、5000cps以上の高粘度材料や、セラミックおよびナノ粒子を含む機能性複合材料にも対応することで、構造物の耐久性を向上する。

 microArch S240は、BMFが独自に開発したプロジェクションマイクロステレオリソグラフィ(PμSL)と呼ばれる3Dプリント技術を採用。紫外線を面単位で照射することで、マイクロスケールの解像度で迅速に光重合する技術で、再現性の高い部品を製造できる。医療器具製造をはじめ、マイクロ流路、MEMS、バイオ、製薬、エレクトロニクスなど幅広い業界における、プロトタイプの開発や最終部品の小ロット生産に適している。

⇒ その他の「3Dプリンタ」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.