ニュース
» 2022年01月17日 13時00分 公開

業務提携により、Smart Cityの実現に向けた取り組みを加速メカ設計ニュース

NTTコミュニケーションズは、ダッソー・システムズと、日本で初めてSmart City分野での業務提携を締結した。3D統合技術と高度なデータプラットフォームを融合し、Smart Cityの具現化に向けた取り組みを加速する。

[MONOist]

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2021年12月16日、ダッソー・システムズと、日本で初めてSmart City分野での業務提携を締結したと発表した。3D統合技術と高度なデータプラットフォームを融合し、Smart Cityの具現化に向けた取り組みを加速する。

 両社は、京都府の「けいはんな学研都市」において、地域活性化を図る「スマートけいはんなプロジェクト」に参画。連携してSmart Cityに関する取り組みを始めており、今後もSmart City実現に向けたプロジェクトに参画する。

 ダッソー・システムズは、バーチャル環境やリアル空間から得られたデータと、さまざまな想定シナリオの組み合わせによる「3DEXPERIENCEプラットフォーム」を提供。NTT Comは、同社のデータ収集、蓄積、管理分析などの機能をワンストップで提供するデータプラットフォーム「Smart Data Platform for City(SDPF for City)」と、3DEXPERIENCEプラットフォームを連携させ、Smart Cityに関する取り組みを加速する。

 また、SDPF for City上に収集、蓄積した人流情報や建物情報、エネルギー利用量などを3DEXPERIENCEプラットフォームと連携させ、都市のデータをリアルタイムに可視化し、さまざまなシナリオをシミュレーションする実証実験も実施する。

東京千代田区大手町付近の街区の3Dモデルに人流データを統合したイメージ 東京千代田区大手町付近の街区の3Dモデルに人流データを統合したイメージ[クリックで拡大] 出所:NTTコミュニケーションズ

 実証実験の成果は、NTT Comの共創環境「CROSS LAB for Smart City」にて公開。パートナー企業とともに検討を行い、さまざまな都市データを統合できるプラットフォームを提供する予定だ。

⇒ その他の「メカ設計」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.