ニュース
» 2022年01月05日 08時00分 公開

Wi-Fi 6E対応の無線LANコンボモジュールを発表組み込み開発ニュース

サイレックス・テクノロジーは、最新規格Wi-Fi 6/Wi-Fi 6Eに対応する無線LANコンボモジュール「SX-PCEAX」シリーズを発表した。電波環境が厳しい工場や倉庫、医療現場などで利用する無線LAN搭載機器に適する。

[MONOist]

 サイレックス・テクノロジーは2021年12月16日、最新規格Wi-Fi 6/Wi-Fi 6E(IEEE 802.11ax)に対応する無線LANコンボモジュール「SX-PCEAX」シリーズを発表した。2022年3月から量産出荷する。

キャプション Wi-Fi 6対応無線LANコンボモジュール「SX-PCEAX」シリーズ[クリックで拡大] 出所:サイレックス・テクノロジー

 SX-PCEAXシリーズは、Wi-Fi 6およびBluetooth v5.2対応(予定)の無線LANコンボモジュール。Wi-Fi 6が有する通信効率、安定性、省電力、高速化を活用し、電波環境が厳しい工場や倉庫、医療現場などで利用する無人搬送車(AGV)、内視鏡、ハンディターミナルといった無線LAN搭載機器に適する。

 クアルコム製「QCA2066」を搭載し、2.4GHz帯、5GHz帯、6GHz帯をカバーする。子機(ステーション)モードと親機(アクセスポイント)モードに対応し、Wi-Fi 6の特徴であるOFDMA(直交周波数分割多元接続)やTWT(ターゲットウェイクタイム)といった機能も搭載する。

 さらに、クアルコムのDBS(Dual Band Simultaneous)技術を応用した独自機能を開発し、異なる2つの周波数帯で同じデータを一気に送信できるようにした。これにより、ノイズに強く通信断の少ない機器の開発を可能にするとともに、Wi-Fi 6の通信速度をさらに上げている。

キャプション DBS(Dual Band Simultaneous)技術イメージ 出所:サイレックス・テクノロジー

 SX-PCEAXシリーズのラインアップは、M.2、Mini PCI Express、表面実装タイプの3種類。外形寸法は、それぞれ22.0×30.0×2.70mm、29.85×26.65×2.90mm、14.0×18.0×1.90mmとなっている。

 同シリーズは、日本、アメリカ、カナダ、欧州(イギリス)の無線認証を受けている。なお、Wi-Fi 6Eがサポートする6GHz帯は、海外の一部の国で使用可能だが、日本国内では現在、未認可となっている。

⇒その他の「組み込み開発ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.