ニュース
» 2021年12月24日 10時00分 公開

上下独立2点接点構造の車載向けバックフリップFPC/FFCコネクター組み込み開発ニュース

ヒロセ電機は、125℃耐熱で耐振性に優れる、上下独立2点接点構造の車載向けバックフリップFPC/FFCコネクター「FH69」シリーズを発表した。接点方向の上下にかかわらず接続できるため、基板設計の自由度を高める。

[MONOist]

 ヒロセ電機は2021年12月7日、上下独立2点接点構造を有する車載向けバックフリップFPC/FFCコネクター「FH69」シリーズを発表した。車載インフォテインメントやセンサー接続などの用途に適する。

キャプション 車載向けバックフリップFPC、FFCコネクター「FH69」シリーズ 出所:ヒロセ電機

 同シリーズは、上下両側に接点があり、接点方向の上下にかかわらず接続できる。複数のコネクターを使い分ける必要がなく、基板設計の自由度を高め、部材管理の負担を軽減する。

 2点接点構造は独立したばね性を有しており、一方の接点に異物が挟まった際も、もう一方の接点が確実に接触する。

キャプション 上下独立2点接点構造 出所:ヒロセ電機

 また、バックフリップ構造で開きにくいため、上下方向の引き回し応力によるアクチュエーターの不意な解除を防止する。

キャプション バックフリップ構造 出所:ヒロセ電機

 車載用途に対応すべく、熱に強い材質や同社独自の端子構造を採用した。125℃耐熱で、耐振性にも優れている。

 同社はまずFH69シリーズの60芯品を発売し、今後、10〜50芯品も順次ラインアップしていく。

⇒その他の「組み込み開発ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.