ニュース
» 2021年12月16日 15時00分 公開

内視鏡用クラウドサービス向けの画像送信端末装置を発売医療機器ニュース

オリンパスとコニカミノルタは協業を開始し、オリンパスの内視鏡用クラウドサービス「Vivoly+」への画像送信端末装置として、コニカミノルタの医療用画像連携装置「BLUE Gate」を発売した。

[MONOist]

 オリンパスは2021年11月30日、国内クリニック向け画像管理ソリューションとクラウドサービスにおいて、コニカミノルタとの協業を発表した。同社の内視鏡用クラウドサービス「Vivoly+(ヴィヴォリープラス)」への画像送信端末装置として、コニカミノルタの医療用画像連携装置「BLUE Gate(ブルーゲート)」を同日より国内で販売開始した。

キャプション 「BLUE Gate」連携による内視鏡画像のデータ管理イメージ[クリックで拡大] 出所:オリンパス

 Vivoly+は、同年11月にオリンパスが発売した、サブスクリプション型のクリニック向け内視鏡画像およびレポートの管理ソフトウェアだ。BLUE Gateは、内視鏡画像を医用画像の国内規格DICOM(Digital Imaging andCommunications in Medicine)のフォーマットに変換し、Vivoly+や医療用画像管理システムPACSに自動アップロードする。

キャプション 医療用画像連携装置「BLUE Gate」 出所:オリンパス

 BLUE Gateは、両者の協業による初の製品となる。コニカミノルタが自社製品をオリンパスの要望に合わせて、Vivoly+向けに仕様変更した。

 オリンパスの国内販売会社オリンパスマーケティングが営業活動を行い、保守や故障対応などのカスタマーサービスはコニカミノルタの国内販売会社コニカミノルタジャパンが担う。

 BLUE Gateの利用により、医療現場では内視鏡からのデータをシームレスに扱えるようになり、より効率的なデータ管理が可能となる。BLUE Gateのユーザーは、コニカミノルタのクラウドサービス「infomity(インフォミティ)」も利用でき、画像AI(人工知能)解析サービスによる病変の視認性向上、医療機関同士のデータ共有、外出先の医師とのコミュニケーションなども可能になる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.