ニュース
» 2021年12月14日 07時00分 公開

工具段取り時間を約50%短縮する、工具マガジン専用の操作パネルを発売FAニュース

DMG森精機は、工具マガジンに配置した工具マガジン専用「マガジン操作パネル」を発売した。工具段取りに必要な全ての操作をタッチ式パネルですぐに実施できるため、工具段取り時間を従来の仕様に比べて約50%短縮する。

[MONOist]

 DMG森精機は2021年11月25日、工具マガジンに配置した工具マガジン専用の「マガジン操作パネル」を発売した。工作機械の操作盤と工具マガジン間の移動が不要になるため、マガジン操作パネルで工具データを登録後、すぐに工具マガジン内で工具の取り付け作業ができる。

キャプション マガジン操作パネル 出所:DMG森精機

 マガジンポットへの工具割り付けや登録済み工具の検索、呼び出しに対応するほか、異常工具フィルター機能により、メンテナンスが必要な工具も抽出できる。こうした工具段取りに必要な全ての操作をタッチ式パネルですぐに実施できるため、工具段取り時間を従来の仕様に比べて約50%短縮する。なお、パネルは手袋を付けたままでも操作可能だ。

キャプション 操作風景[クリックで拡大] 出所:DMG森精機

 さらに、使用中の同社工作機械に同パネルを搭載して、既存設備の生産性向上を図れる。対応機種は、横形マシニングセンタの「NHX 4000/5000 3rd Generation」「NHX 5500/6300 2rd Generation」「NHX 8000/10000」、複合加工機の「NTX 1000」「NTX 2000/2500/3000 2rd Generation」となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.