まとめ
» 2021年12月13日 12時00分 公開

ブリヂストンの“強烈な危機感”とは/「タイヤ力」のデータ価値電子ブックレット(製造マネジメント)

MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、製造業で広がるサービタイゼーション事例を、過去のニュースから取り上げ紹介する「事例で見る、モノづくりからコトづくりへの挑戦」をお送りします。

[MONOist]

MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、製造業で広がるサービタイゼーション事例を、過去のニュースから取り上げ紹介する「事例で見る、モノづくりからコトづくりへの挑戦」をお送りします。

事例で見る、モノづくりからコトづくりへの挑戦

アイコン

 現在、製造業のサービタイゼーション、すなわち「モノからコトへ」が加速している。サービス化を進める理由は何か。“本業”のモノづくりはどう変わっていくのか。MONOistに掲載した記事を基に、各社の最新の取り組みを紹介する。

ダウンロードボタン

【主な内容】
 ・「タイヤを売るだけでは生きていけない」ブリヂストンが抱える“強烈な危機感”
 ・スマホで測定した「幸福度」を基に組織改善を目指す、日立製作所が新会社設立
 ・TOYO TIREが「タイヤ力」の組み合わせで切り開く価値、路面情報を活用
 ・東芝が注力するインフラサービス事業、その「5W1H」とは

・ブックレットは無料でお読みいただけますが、TechFactoryの利用登録および、メールマガジンの購読が必要です。
・電子ブックレットはPDFファイルで作成されています。
・電子ブックレット内の記事は、基本的に記事掲載時点の情報で記述されています。そのため一部時制や固有名詞などが現状にそぐわない可能性がございますので、ご了承ください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.