ニュース
» 2021年12月10日 11時00分 公開

3Dマップ上で指定ルートを作成可能な屋内自律飛行システムを共同開発ドローン

センシンロボティクスとACSLは、屋内自律飛行システムを共同開発した。設計図面および立面図の3Dモデルによりマップを作成し、自己位置を測位するドローンが指定ルートを自動飛行する。

[MONOist]

 センシンロボティクスとACSLは2021年11月25日、屋内自律飛行システムを共同開発したと発表した。3Dマップ上でルート設定や機体の自己位置表示が可能で、直感的に飛行経路を作成できる。

 本システムは、センシンロボティクスの業務自動化統合プラットフォーム「SENSYN CORE」とACSLの国産ドローン「Mini」を組み合わせた。SENSYN CORE上で設計図面および立面図の3Dモデルによりマップを作成し、Visual SLAMなどで自己位置を測位するMiniが自動飛行する。

キャプション 屋内自律飛行システムに使用するドローン 出所:センシンロボティクス
キャプション 「SENSYN CORE」上の3Dマップ 出所:センシンロボティクス

 ドローンが指定ルートに沿って自動飛行するほか、取得データのアップロードや管理、見える化までの一連の流れを自動化できる。工場、プラント内や建設現場などの無人建屋設備の点検や巡視業務などを効率化する。

 従来のドローンは、GPSなどを用いて現在位置を測位するため、屋内や地下室、トンネル内部などでは測位が困難となるケースがあった。また、GPSを用いずに自己位置を測位できる機体でも、機体自己位置とマップ上の機体位置を合わせる直感的なルート設定への対応が課題となっていた。

⇒その他の「ドローン」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.