ニュース
» 2021年12月08日 07時00分 公開

1kWの高出力青色DDLとIRファイバーレーザー搭載のハイブリッドレーザーFAニュース

古河電気工業は、青色DDLとIRファイバーレーザー発振器を搭載したハイブリッドレーザー「BRACE X」を発表した。従来品より青色レーザー出力が約7倍、IRレーザー出力が3倍高出力となっている。

[MONOist]

 古河電気工業は2021年11月24日、出力1kW(コア径300μm)の青色ダイレクトダイオードレーザー(青色DDL)と出力3kW(コア径50μm)の近赤外(IR)ファイバーレーザー発振器を搭載した、Blue-IRハイブリッドレーザー「BRACE X」を発表した。2022年1月26日より販売を開始する。

キャプション Blue-IRハイブリッドレーザー「BRACE X」 出所:古河電気工業

 日亜化学工業が開発した青色半導体レーザー技術と、古河電気工業のファイバーレーザーで培った光部品の合波技術を応用することで、ファイバーコア径300μmで青色レーザー出力1kW、光密度1.4MW/cm2の高い集光性を有する青色DDLを搭載した。

 波長465nmと1070nmの2波長の同時高速照射および制御が可能なガルバノスキャナーの適用や、青色DDLとIRファイバーレーザーの単独動作ができる。本体サイズは820×1075×1568mmで、本体重量は530kgだ。

 従来の「BRACE I」の青色レーザー出力150Wと比べて約7倍、IRレーザー出力1kWと比べて3倍の高出力により、xEV(電動車)のパワートレインで使われる銅材料に対して主要な領域をカバーでき、xEV用部品において求められる2mm以上の純銅のレーザー溶接が可能になった。

キャプション 「BRACE X」と「BRACE I」による純銅の加工結果の比較[クリックで拡大] 出所:古河電気工業

 IRファイバーレーザー側には、ビームモード制御技術を適用している。これにより、銅だけでなく、鉄やステンレスアルミ、銅とアルミの異材接合といった多様なレーザー加工に対応する。

 また、ガルバノスキャナーとの組み合わせにより、平角線を適用したSC型モーターのレーザー溶接による高速な結線が可能になる。全体のレーザー出力を低減できることから、SC型モーターの結線溶接時に絶縁被膜への熱影響を低減し、従来型と比較して消費電力を約30%削減する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.