ニュース
» 2021年10月27日 14時00分 公開

NTTコムがデータ基盤のIoTソリューション強化、料金メニューや接続先追加製造業IoT

NTTコミュニケーションズは、同社のデータ活用基盤「Smart Data Platform」の料金メニューの追加、IoT向けソリューションの強化を発表した。パブリッククラウド接続や閉域網接続メニューを拡充している。

[MONOist]

 NTTコミュニケーションズは2021年10月18日、同社のデータ活用基盤「Smart Data Platform」のIoT(モノのインターネット)向けソリューションを強化すると発表した。料金メニューの追加やパブリッククラウドの接続が可能になるなど、サービス拡充を図っている。

キャプション サービスの全体イメージ[クリックで拡大] 出所:NTTコミュニケーションズ

 料金メニューには、上り中心の大容量データ通信を低価格に利用できるよう、「IoT Connect Mobile Type S」に「上り特価プラン」を追加。上り上限容量3GB(下り上限容量500MB)で月額1122円のプランから、同500GB(同1GB)で月額1万120円のプランまで、合計12のプランを用意する(いずれも税込)。

 また、IoTデバイスから収集したデータを安全かつ容易にクラウド接続できるゲートウェイサービス「IoT Connect Gateway」の接続先を追加。同社のIoTプラットフォームサービス「Things Cloud」の他、クラウドサービスとして「Google Cloud Pub/Su」「Azure Event Hubs」「AWS Lambda」などが接続可能になった。これにより、さまざまなパブリッククラウドへの接続時に必要な認証情報などをネットワーク側で一括して管理できる。

 Things Cloudについては、広帯域の閉域網でつなぐネットワーク基盤「Flexible InterConnect」との接続に対応。IoT Connect Mobile Type Sや閉域網などのネットワークサービスとセキュアに接続できる。加えて、Flexible InterConnectと接続するさまざまなXaaSとも連携可能になる。

 IoT Connect Gatewayの接続先拡大とThings CloudのFlexible InterConnect接続は同年10月18日、上り特価プランは同年10月20日から提供を開始している。

⇒その他の「製造業IoT」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.