ニュース
» 2021年10月25日 14時00分 公開

塩野義製薬と日立、IT業務に関するパートナーシップ締結へ製造マネジメントニュース

日立製作所と塩野義製薬らは、シオノギグループのIT業務に関する中長期的かつ戦略的なパートナーシップに向けた基本合意書を締結した。2022年1月をめどに、塩野義製薬が日立医薬情報にITシステムの運用、保守、開発業務を委託する。

[MONOist]

 日立製作所(日立)は2021年10月4日、シオノギグループのIT業務に関するパートナーシップを発表した。同社と日立医薬情報ソリューションズ、塩野義製薬、シオノギデジタルサイエンスの4社が、中長期的かつ戦略的なパートナーシップに向けた基本合意書を締結した。

 シオノギグループでは、デジタルやITの戦略的な活用に向け、同年7月にDX(デジタルトランスフォーメーション)推進本部を塩野義製薬社内に設立した。新たなヘルスケアソリューションの創出に向けた活動に取り組んでいる。こうしたDX推進と、シオノギデジタルサイエンスが担ってきたIT機能を有機的につないで強化するため、新たなステージへ向けた検討を進めてきた。

 今回の協業により、シオノギグループのIT戦略と企画、IT全体のガバナンスを強化する。このため、シオノギデジタルサイエンスの戦略、企画業務を塩野義製薬へ移管する計画だ。また、ITシステムの運用、保守、開発業務の一部をシオノギデジタルサイエンスから日立医薬情報に移管し、2022年1月をめどに塩野義製薬が日立医薬情報に運用、保守、開発業務を委託する。

 これに伴って、シオノギデジタルサイエンスのITシステム運用、保守、一部の開発業務に関わる従業員を日立医薬情報へ移籍させる。日立グループのデジタル技術などを利活用する中で、専門性を伸ばして継続的なキャリアアップを目指す。

 4社は今後、具体的な取り組みに向けて詳細の検討、協議を進める。

⇒その他の「製造マネジメントニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.