「つながるクルマ」が変えるモビリティの未来像
特集
» 2020年08月26日 06時00分 公開

小田急がMaaSアプリの機能拡充を加速、後押しするのはAWSモビリティサービス(2/2 ページ)

[齊藤由希,MONOist]
前のページへ 1|2       

 小田急電鉄にとっても、外部のサービスとの連携を進めてMaaSを進化させていくことは重要なテーマとなる。小田急電鉄 経営戦略部 次世代モビリティチーム 統括リーダーの西村潤也氏は「MaaSは移動だけでなく、その先の生活や観光と組み合わせていく必要がある」と語る。

 既に具体的な取り組みも始めている。小田急グループの商業施設で一定額を購入し、そのレシートを窓口で提示するとEMotで路線バスの電子チケットを発行するというものだ。ユーザーは発行されたEMotのバス乗車券をバスで見せると乗車することができ、移動と消費が結び付いている。

 また、西村氏は「人口減少時代において、従来のように顧客を取り合うのではなく、顧客接点をつなげていくことが求められているのではないか。そのためには企業同士が連携し、企業と自治体もつながる必要があると考えている」と語った。

陣取り合戦から連携の時代に移行すると見込む(クリックして拡大) 出典:小田急電鉄

AWSとマイクロソフトがMaaSで競争

 AWSジャパンでは2020年内に「コネクテッドモビリティソリューション(CMS)」というプラットフォームを拡充する。これまで、2017年から自動車向けのソリューションを提供してきたが、バイクや自転車などさまざまな移動体を対象に広げる。

 一方、日本マイクロソフトもMaaSの普及に注力している。MaaSを導入したい自治体やMaaSに関連する技術を持つ企業向けに支援策を強化しており、MaaSで何ができるかイメージが描けていない自治体や、自社の技術がMaaSにどのように使えるかをつかみ切れていない企業に向けて、MaaSのレファレンスアーキテクチャを提供する。技術者の育成プログラムや、MaaS構築を支援する日本マイクロソフトのパートナー企業が参加するエコシステムも展開していく。

→その他の「モビリティサービス」関連ニュースはこちら

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.