特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2016年10月24日 13時00分 公開

インダストリー4.0における4つの疑問点とその解答IVI公開シンポジウム2016秋(2)(3/4 ページ)

[三島一孝,MONOist]

現時点でもインダストリー4.0対応は可能?

 既にドイツではインダストリー4.0のユースケースが約250以上公開されており「現時点でもインダストリー4.0対応は可能」ということがいえる。ドイツはフランスとの連携でそれぞれユースケースのオンラインマッピングを実施しており、ドイツが250、フランスが150で合計400件のスマート工場のユースケースが公開されている。

photo ドイツで実施されているユースケースのオンラインマッピング(クリックでWebサイトへ)出典:プラットフォーム インダストリー4.0

 日本でもユースケースの共有を目指して取り組みが開始。現在はオンラインマッピングのβ版が公開されている。

photo ロボット革命イニシアティブ協議会が公開しているユースケースの「オンラインマッピング」(クリックでWebサイトへ)出典:ロボット革命イニシアティブ協議会

 ただ、現実的にインダストリー4.0が理想として描いている世界を実現できるのはまだ先である。「標準化への取り組みは始まったばかりである。特に異種環境を吸収するのに重要な役割を示すと見られている『アドミニストレーション・シェル』の実現は初期段階にあり、『本格的なインダストリー4.0対応』は実現できていないといえる」とザーレック氏は述べている。

 インダストリー4.0における「アドミニストレーション・シェル」は、2015年に発表された「実践戦略※)」で「インダストリー4.0コンポーネント」の一環として示された、異種環境を吸収する仕組みのことだ。規格に対応していない機器でも「アドミニストレーション・シェル」をあたかもラッパーのようにかぶせることで、「インダストリー4.0規格」に準拠した通信インタフェースやデータフォーマットに対応させる構想である。このシェルは異種環境を吸収し、既存設備を活用できるようにする要となる技術だが、まだ研究が始まったばかりで商用レベルには至っていない。

※)関連記事:インダストリー4.0がいよいよ具体化、ドイツで「実践戦略」が公開

photo アドミニストレーション・シェルの活用方法(クリックで拡大)出典:IVI

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.