ニュース
» 2015年10月27日 10時00分 公開

3000万円のスーパーカー開発を支える3次元ツールTOKYO DESIGN WEEK 2015(2/3 ページ)

[八木沢篤,MONOist]

金属3DプリントされたCOOLな自転車

 さらに注目なのは、3Dプリントしたチタン製自転車「SOLID Bike」(Industry PDX)だ。独EOSの金属積層造形システム「EOSINT M 280」で出力したパーツを溶接して自転車フレームを製作(重量は約13kg)。チタン製であるという点の他、iPhoneアプリとの連携、ハンドルレバーの触覚フィードバック機構なども内蔵している。この自転車の設計・開発に「Fusion 360」やAliasといったツールが活用されているとのことだ。

3Dプリントしたチタン製自転車「SOLID Bike」 3Dプリントしたチタン製自転車「SOLID Bike」 ※画像クリックで拡大表示
SOLID Bike1SOLID Bike2SOLID Bike3 全体的に重厚なデザインに仕上がっている ※画像クリックで拡大表示

関連キーワード

設計 | デザイン | オートデスク


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.