連載
» 2015年10月19日 07時00分 公開

ESP8266をTCPサーバとTCPクライアントにするATコマンド実例Wi-Fiモジュール「ESP8266」で始めるIoT DIY(3)(4/4 ページ)

[今岡通博MONOist]
前のページへ 1|2|3|4       

おわりに

 今回はESP8266をTCPサーバにして、リモートPCとESP8266のUART間で通信を行いました。またTCPクライアントしてインターネット上のサーバとの通信を行いました。これまではPCと接続してESP8266の機能を利用してきましたが、次回からはPCではなくマイコンで制御してみたいと思います。

 さて第1回から大活躍のTera termですが、Windowsの環境でこのような作業をする場合とても重宝しています。こらはオープンソースで開発が続けておりその成果はフリーで提供されています。Tera termの開発に関わった方々やサポートコミュニティーに感謝します。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.