• 関連の記事

「技術基準適合認定」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「技術基準適合認定」に関する情報が集まったページです。

ZTEの最上位スマホ「nubia Z60 Ultra」を試す Snapdragon 8 Gen 3搭載で9万円台〜の実力は?
ZTEから「nubia Z60 Ultra」が登場した。カメラ性能重視のスマートフォンとして仕上がっており、メインカメラは35mm画角を採用。ゆがみが少ない写真を撮影できる。本記事ではnubia Z60 Ultraの作例を交えて紹介する。(2024/2/19)

4/8Gバイトの2モデル:
Raspberry Pi 5の国内販売が開始
スイッチサイエンスとケイエスワイが「Raspberry Pi」の最新モデルである「Raspberry Pi 5」の国内販売を開始した。(2024/2/13)

Apple Vision Proを使った作業風景が未来感すごい 空間に浮かぶアプリやブラウザを指先でコントロール
手狭なスペースでも快適作業。(2024/2/9)

「Apple Vision Pro」レビュー 渡米してまで買う価値はあったのか
米Appleの製品には「魔法のような」という形容詞がつきやすい。技術に魔法も近道もないが、大量の予算とエンジニアを貼り付けて「時間を早送りする」ことは可能ではある。Vision Proなそんな製品だ。どういうことか、渡米して実機を購入したのでレビューしたい。(2024/2/5)

能登半島地震で鳴り響いた「緊急地震速報」 受信できないスマホはあったのか
能登半島地震で最大震度6弱を観測したエリアにてこの揺れに遭遇したが、当然スマートフォンからは緊急地震速報が鳴り響いた。今回は筆者の手持ちのスマートフォンがどのような挙動をしたのか、振りかえっていきたい。緊急地震速報を受信できなかったスマホはあったのか。(2024/1/26)

中国vivoのカメラ特化スマホ「X100 Pro」を試す 10万円台でこの性能は驚異的
vivoはここ数年で一気にカメラ性能特化の機種を展開し、業界トレンドをけん引するところまで登りつめたメーカーだ。「vivo X100 Pro」は中国向けの上位モデルだが、そのカメラ性能について詳しく見ていきたい。(2024/1/15)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
スピーディーなWi-Fi 7解禁の一方で足踏みが続くローカル5Gの行方
やっぱりローカル5Gの導入が進まない理由は高くてめんどくさいからでしょうか。(2023/12/28)

組み込み開発ニュース:
60GHzミリ波無線通信モジュールのローカル5Gバックホールとしての有効性を実証
フジクラは、国土交通省主催の「遠隔施工等実演会」で、60GHzミリ波無線通信モジュール搭載の屋外評価キットをエイビットに提供した。高信頼ローカル5G通信システムのバックホールとしての有効性を実証している。(2023/12/20)

「Xiaomi 14 Pro」レビュー:ライカ監修のカメラがさらに進化、誰もが簡単に“写真作品”に昇華できる
早くも第4弾となる「Xiaomi 14シリーズ」が登場した。今回は中国向けの上位モデルである「Xiaomi 14 Pro」を手にする機会を得たので、レビューする。Qualcommの最新プロセッサ「Snapdragon 8 Gen 3」を採用し、ISP性能やAI性能が向上したことでカメラ性能の向上にも大きく寄与している。(2023/12/7)

ケイエスワイが「ラズパイ5」を展示:
ラズパイ、「今後は1次産業での活用に期待」
ケイエスワイは「EdgeTech+ 2023」で、2023年9月に発表された「Raspberry Pi 5」の実機を展示した。ケイエスワイによれば、日本では今後、農業や漁業といった1次産業でラズパイの活用が進むと期待されているという。(2023/11/30)

家族や友人とカギを共有可能! スマホからの解錠もできるキーボックス「Smart Lock Box L1」を試す
スマホでの解錠はもちろん、キーの共有など多機能なキーボックスがロックインの「Smart Lock Box L1」だ。実機を試して分かったことをまとめた。(2023/11/29)

小寺信良のIT大作戦:
徳島の「学校タブレット大量故障」にみる、GIGAスクールの“想定外” なぜそんなに壊れるのか
10月27日に朝日新聞が報じたところによれば、徳島県教育委員会が手配した約1万5000台のWindowsタブレットのうち、3500台以上が故障で使えなくなり、授業に支障が出ているという。なぜこのようなことが起こるのか、そして教育デバイスに求められる現実解を考える。(2023/11/10)

「Raspberry Pi 5」発表 CPU性能は2倍以上に向上、PCI Express 2.0にも対応
前世代機に比べてプロセッサの処理性能が2倍以上に高速化したという。(2023/9/28)

「スマホのバッテリー交換義務化」がユーザーにデメリットをもたらす理由
EU(欧州連合)は、スマートフォンなどに対する新たな規制として、「バッテリーを簡単に交換できる設計とすること」を可決した。バッテリーを交換できるのはメリットだけではない。スマートフォンのイノベーションを阻害する側面もある。(2023/8/20)

変化が乏しい「OPPO Reno9 A」が先代より130%売れているワケ 貫いた開発思想に迫る
OPPOの日本専用モデル「Reno9 A」が先代の「Reno7 A」よりも130%売れているという。Snapdragon 695を維持したことが物議を醸しているが、価格を優先した結果。ハイエンドモデルの日本投入についても聞いた。(2023/8/10)

スイッチサイエンス、ワンボードマイコン「Arduino UNO R4」を取り扱い
スイッチサイエンスは、ワンボードマイコンボード「Arduino UNO」の最新版「Arduino UNO R4」の取り扱いを開始した。(2023/6/28)

自動車周囲検知の課題を解決:
PR:交通事故ゼロに向けて死角なし! 10cmの超至近距離からセンシングできるレーダー
自動車による交通事故ゼロを目指して自動車の周囲を検知するセンサーシステムの搭載が増えている。ただ、並走する自動車や駐車時に動体を検知するセンサーが存在しないことが課題になっている。そうした中で、これらの課題を解決する超短距離レーダーが登場した。(2023/6/14)

OPPOが本気になった! カメラフォン「Find X6 Pro」(海外版)の実力を徹底検証する
2022年は1型センサーを採用した「カメラスマホ」が多く発売された年だった。Xiaomiやシャープが1型センサースマホを発売するなかで、OPPOも「OPPO Find X6」というカメラスマホを発売した。今回は同製品の撮り心地を実際に試してみる。(2023/5/3)

MVNOに聞く:
“ホリエモンのMVNO”誕生の舞台裏 あえてahamoより高く、今後も「○○モバイル」は増やす
2014年にモバイル業界に参入したエックスモバイルが、事業家の堀江貴文氏との共同事業「HORIE MOBILE」をスタートさせた。HORIE MOBILEは、単に通信が使えるだけでなく、堀江氏が関わるさまざまなサービスをセットにしている。一方で、これまで“格安スマホ”と呼ばれていたMVNOの料金水準と比べると、やはり少々割高だ。(2023/4/25)

CHUWI(ツーウェイ)が「5GHz帯Wi-Fi」の認証取得漏れの経緯を説明 認証は4月30日までに取得予定だが……
中国Chuwi Innovation Technology(ツーウェイ)が総務省から行政指導を受けたことについて、同社が経緯と対応策をWebサイト上で公開した。指導理由の1つとなった「5GHz帯における認証の未取得」は必要な認証を4月30日までに取得するとしているが、もう1つの「技適などの表示」については対応策が明記されていない。(2023/4/13)

総務省がCHUWI(ツーウェイ)を「行政指導」 一部モデルで認証の取得漏れなどが判明 当該機種では「5GHz帯Wi-Fi」は使わないように
総務省が、4月12日付で中国Chuwi Innovation Technology(ツーウェイ)に対して行政指導を行った。同社製のノートPCやタブレット端末の一部に電波法に違反している要素があることが判明したことを受けた措置で、同社が対応するまでの間、当該機種における5GHz帯での通信は厳に慎みたい。【更新】(2023/4/13)

OPPOの最新折りたたみスマホ「Find N2/N2 Flip」をじっくり試す Galaxyと比べてどう?
OPPOが2022年12月に海外で発売した折りたたみスマホ「OPPO Find N2」シリーズを使ってみた。折りたたむとコンパクトになり、高性能なプロセッサを使用しているため動作もヌルサク。快適に使える端末に仕上がっている。(2023/4/11)

「Rakuten Mini」から「Galaxy Z Flip4」に機種変更 大きく変わったユーザー体験と折りたたみならではの欠点も
「Rakuten Mini」から「Galaxy Z Flip4」に機種変更した。Rakuten Miniは小さすぎるゆえの欠点があった。一方、Galaxy Z Flip4を選んだ決め手は2つある。(2023/4/10)

5G:
5Gを賃貸物件の室内に取り込む、大東建託のDX推進室が実証実験を開始
大東建託のDX推進室は、5G電波を屋内に引き込み、室内での高速通信を可能にする実証実験を行う。今後は、大東建託で管理する賃貸建物の通信環境の整備を進めたい考えだ。(2023/4/6)

最小のAIハード「エッジデバイス」の選び方 SBC、FPGA、産業用組み込みPCを解説
AIの急速な発展を支えているのが、AI演算を効率良く実行できるAIハードだ。一口にAIハードといっても、スパコンからエッジまでさまざまな製品があり、用途によって最適な製品が異なる。AIハードの中でも1番小さなハードであるエッジデバイスを紹介する。(2023/3/29)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
野球シーズン到来! というわけで「修理する権利」がほしくなった話
野球シーズンに欠かせない「防水スピーカー」のバッテリーがへたってしまったのです。(2023/3/24)

ライカ監修の「Xiaomi 13 Pro」を試す 安定感抜群、“寄れる望遠”で写真を撮るのが楽しくなる
Xiaomiから発売されたライカ監修スマホの第2弾、「Xiaomi 13 Pro」を試す。1型センサー搭載のハイエンドスマホで、動作もストレスない。さらに「寄れる」望遠カメラを搭載しており、写真を撮るのが楽しくなるスマホといえる。(2023/3/7)

Android搭載レンズ交換式カメラ「YN455」を試す 画質や使い勝手はどう?
スマートフォンのカメラ性能が強化されていく中、デジタルカメラにAndroid OSを搭載した機種はかなり少ない。今回は一風変わった機種として、レンズ交換式のカメラにAndroid OSを搭載したYONGNUO「YN455」について紹介したい。(2023/2/26)

マウスの「DAIV」が進化! 新たな領域にダイブしたデスクトップPC「DAIV DD-I9G90」を試す
マウスコンピューターのクリエイター向けブランド「DAIV」シリーズに、新デザインのボディー採用のタワー型ハイエンドモデルが登場した。新モデルは、どこが変わって何が継承されたのか。実機を使って細かくチェックした。(2023/1/24)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
Windows 10のブルースクリーン問題を解消 Windows 7/8.1に最後の「Windows Update」
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、1月8日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/1/15)

2022年に「iPhone 14 Pro」「AirPods Pro」がベストバイだった理由
2022年も多くのガジェットを購入してきたが、実際に使って満足度の高かった製品を紹介する。スマートフォンでは「iPhone 14 Pro」が個人的なベストバイ。海外のスマートフォンでは「vivo X90 Pro+」の満足度も高かった。(2023/1/9)

海で使うIT:
衛星通信に対応した「iPhone 14」が使い物になる条件とは? 海上での「緊急通報」を考える
2022年のiPhone新モデルといえば「衛星緊急通報」が注目を集めた……のだが、日本では利用できないこともあり「衛星通信」という側面に強く注目が集まった。しかし、衛星通信を使った緊急通報機能は、既に利用できるものがある。「海難における連絡手段」としてどうなのか、という点に焦点を当てて、メリットを考えてみようと思う。(2022/12/27)

技適番号に変更あり:
ソフトバンクの「Xperia 1 IV」「Xperia 5 IV」がOSバージョンアップ Wi-Fi 6Eにも対応
ソフトバンクが発売する「Xperia 1 IV」「Xperia 5 IV」がAndroid 13にバージョンアップする。今回のバージョンアップを適用すると、6GHz帯の無線LAN(Wi-Fi 6E)での通信が可能となる。(2022/12/23)

Mobile Monthly Top10:
2022年を振り返る(1月編):スマホ決済はやっぱり「還元」ありきなのだろうか?
1年間でよく読まれた記事を月単位で振り返る「Mobile Monthly Top10」が始まります。2022年1月は、スマホ決済のキャンペーンをまとめた記事がよく読まれました。(2022/12/19)

製造業がサービス業となる日:
IoT機器開発を高速化、パナソニックHDが技適マーク取得の試験サービス開始
パナソニック ホールディングスは2022年12月7日、電気安全環境研究所から電波法に基づく「特任外部試験所」の認定を取得したと発表した。同認定の取得は「国内初」の事例。これを受けてパナソニック ホールディングスは、2023年1月11日から電波法の技適マーク取得のための「特任試験サービス」を開始する予定だ。(2022/12/16)

小寺信良のIT大作戦:
スマホ高騰 これから日本は「修理して長く使う」が主流になる?
iPhone 14ですら12万円からと高価になってしまったスマホ。これまでの「スマホはバンバン買い換えるのが正解」は、もう違ってきているのではないか。(2022/12/10)

街のスマホ修理店でiPhoneを修理 メリットと注意点は?
iPhoneを修理するという選択をした場合、修理先はサービスプロバイダーである「正規の修理店」だけでなく「街の修理店」も視野に入る。後者は正規のサポートを受けられなくなるなどのデメリットはあるが、「松竹梅」方式で修理方法を選択できたり、データを消去しない修理が可能だ。(2022/12/2)

Bluetoothを6GHz帯へ BLE拡張仕様の開発プロジェクトが始まる
Bluetooth SIGは16日(米国時間)、6GHz帯を使用するBluetooth Low Energy(BLE)仕様を開発すると発表した。将来にわたりBlueoothが進化するために必要としている。(2022/11/17)

Androidスマートフォンの“寿命”がiPhoneよりも短い理由
今回はスマートフォンをとりまくOSアップデートの実情、新たな取り組みについて考察する。AndroidスマートフォンのOSアップデートがiPhoneよりも少ない背景には、検証コストやプロセッサのサポート期間がある。そのAndroidスマートフォンでも、OSのアップデート長期化の流れも見え始めている。(2022/10/27)

街のiPhone修理業者でバッテリーを交換する際の注意点
街のiPhone修理屋さん。修理に際して気をつけるべき点は何か。まとめた。(2022/10/25)

メルマガ登録で割引あり:
Ryzen 7 6800U搭載ポータブルゲーミングPC「AOKZOE A1」が日本上陸 ハイビームが11月25日に発売
ハイビームが、中国AOKZOE(エーオーケー・ゾーイ)製のRyzen 7 6800U搭載ポータブルゲーミングPCを発売する。10月20日までにハイビームのメールマガジンを購読すると、5000円引きで購入できるクーポン券がもらえるという。(2022/10/18)

“技適なし”の無線機器を日本で利用するには? 総務省の「特例制度」を試してみた
「技適」を取得していない無線機器を実験目的で使用するための申請が2019年にオンライン化され、届け出から即日で使用できるようになった。今回、実際にこれらの手続きを行う機会があったので、その流れを紹介してみよう。(2022/9/21)

ついに始まった「Wi-Fi 6E」 既存の対応機器で有効化するのは難しい? 総務省に確認して分かったこと
日本でも解禁された「Wi-Fi 6E」だが、解禁日(9月2日)より前に登場した「Wi-Fi 6Eレディ」な機器においてWi-Fi 6Eを利用するには超えなければならない“ハードル”がある。総務省への確認を踏まえて、かいつまんで解説していく。【更新】(2022/9/16)

製造業IoT:
Bluetoothデバイス向けのIoTゲートウェイを発売
obnizは、IoTゲートウェイ「obniz BLE/Wi-Fi Gateway Gen2.0」を発売した。短期間、低コストでBluetoothデバイスのデータ収集やIoTサービスへの連携ができる。(2022/9/12)

技適取得済みで開発期間を短縮:
フジクラ、60GHz帯ミリ波無線通信モジュールを開発
フジクラは、技術基準適合証明(技適証明)を取得済みの「60GHz帯ミリ波無線通信モジュール」を開発し、サンプル品の出荷を始めた。このモジュールを活用することで、60GHz帯を利用する通信機器や産業機器を開発する期間とコストを削減することができるという。(2022/9/7)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
「Xiaomi 12 Lite」はコスパ重視のモデルとは違う? 日本投入にも期待
Xiaomiが、グローバル向けに低価格モデルという位置付けの「Xiaomi 12 Lite」を発売しました。Xiaomi 12 Liteはコスパ重視のRedmiシリーズではなく、XiaomiのメインモデルであるXiaomiシリーズのライトモデル。発売日の香港のXiaomiストアを訪れていましたが、女性客がXiaomi 12 Liteを手に取る姿が目立ちました。(2022/8/19)

Reno5 Aよりも約55%売れている 「OPPO Reno7 A」が日本ユーザーから支持された理由
OPPOの日本向けスマートフォン「OPPO Reno7 A」が6月に発売された。コストパフォーマンスの高さや、おサイフケータイ、防水・防塵(じん)対応はそのままに、Reno7 Aではデザインにも日本市場の“意見”を取り入れている。先代の「Reno5 A」よりも売れているという好調の背景に迫った。(2022/8/18)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
Tesla Model 3、1年乗ってバッテリーはどのくらい劣化した?
Teslaのバッテリーマネジメントについて詳しく調べてみた。(2022/8/15)

デジタルカメラをも駆逐 スマホのカメラが大幅な進化を遂げた理由
今回はスマホに搭載されるカメラの進化についてまとめてみる。多眼化した機種が普及し始めた2017年から進化が始まり、2022年ではイメージセンサーの大型化や画素数の増加など、めざましい進化を遂げている。(2022/8/8)

ライカとコラボした「Xiaomi 12S Ultra」を試す 驚きのカメラ性能、思い出した“あのメーカー”
ライカ監修の1型センサーのカメラを搭載した「Xiaomi 12S Ultra」を入手した。最上位モデルにあたるXiaomi 12S Ultraは、超広角レンズと光学5倍望遠レンズを備える3眼構成だ。撮影してみるとダイナミックレンジの広さに驚かされる。(2022/8/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。