特集
» 2015年05月22日 08時00分 公開

燃料電池車「ミライ」を“解剖”人とくるまのテクノロジー展2015 リポート(4/4 ページ)

[朴尚洙MONOist]
前のページへ 1|2|3|4       

ミライの“未来感”を感じさせるシートやドアトリム

 トヨタ紡織は、燃料電池セルの水素極側のチタン製セパレータ、水素や空気、冷却水を供給するスタックマニホールド、燃料電池セルスタッククーラントの不純物イオンを取り除くイオン交換器などが採用された。また、ミライの“未来感”を感じさせるシートやドアトリムなども同社の製品だ。


水素極側のチタン製セパレータスタックマニホールド (左)燃料電池セルの水素極側のチタン製セパレータ(右)とスタックマニホールド(クリックで拡大)
イオン交換器シートやドアトリム (左)イオン交換器と(右)シートやドアトリム(クリックで拡大)

 愛三工業は、ミライの燃料電池セルに供給される水素の圧力・流量を制御する水素インジェクタを展示した。

 圧縮天然ガス(CNG)自動車の燃料供給システムをベースに、70MPaとCNGよりも高圧になる水素が漏れないようにするシール性の向上や、生成される水への耐腐食性の付与などを行ったという。

愛三工業が展示した水素インジェクタ 愛三工業が展示した水素インジェクタ(クリックで拡大)

 愛知製鋼は、高圧水素による脆化が起こらないステンレス鋼「AUS316L-H2」を紹介した。ミライの高圧水素用部品の他、水素ステーションにも素材として用いられている。

愛知製鋼が高圧水素用ステンレス鋼「AUS316L-H2」 ,愛知製鋼が高圧水素用ステンレス鋼「AUS316L-H2」。左側にある2つの部品は、水素ステーション向けのものだ(クリックで拡大)

人とくるまのテクノロジー展2015 ≫↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑≪
前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.