連載
» 2015年04月02日 09時00分 公開

ZEV規制から読み解く環境対応自動車の攻防〔前編〕知財コンサルタントが教える業界事情(19)(4/5 ページ)

[菅田正夫,MONOist]

特許レベルから見た燃料電池

 ここでは、欧州特許庁の特許データベース「Espacenet」を利用し、FCVの特徴的構成要素であるFuel Cell(燃料電池)のファミリー特許件数までを含めた、注目企業の特許件数の検索結果を紹介します※13)

※13)「具体的な検索方法」と「特許件数をみる上での注意事項」については「コラム1」を参照

 まず、大規模自動車メーカー6社のFCV対応特許件数を表1に示します。提携関係にある企業については、グループとしての特許件数も示します。

photo 表1:大規模自動車メーカー8社の燃料電池関連特許件数(クリックで拡大)※出典:Espacenet ※14)

※14)フィアット・クライスラー:無料の特許データベースである「Espacenet」は企業名の変遷までを考慮された特許情報データベースではないため、出願当初のApplicant(出願人名)のままであり、このような形式でまとめた

 次に、中規模自動車メーカー8社の燃料電池関連特許件数を表2に示します。企業グループを形成している企業については、企業グループとしての特許件数も併せて示します。

photo 表2:中規模自動車メーカー6社の燃料電池関連特許件数(クリックで拡大)※出典:Espacenet

 表2から、韓国の現代自動車(Hyundai)とダイムラー(Daimler)以外の中規模企業にとって、FCVの自主開発までへの道のりは遠いものと推察されます。そこで、自動車メーカーが提携先候補とするであろう、著名な燃料電池企業の特許件数を表3に示します。

photo 表3:著名燃料電池企業の燃料電池特許件数(クリックで拡大)※出典:Espacenet

 いずれの企業も、FCVへの取り組みが後発となっている自動車メーカーには、魅力ある特許件数となっています(関連記事:固体酸化物形燃料電池(SOFC)技術〔前編〕SOFC開発競争の動向を知財から読む)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.