ニュース
» 2015年02月12日 12時00分 公開

3列シート車「ジェイド」の燃費は25.0km/l、IPUをセンターコンソールに縦置きエコカー技術(2/2 ページ)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

全幅は1775mmで3ナンバー

 ジェイドの外形寸法は全長4650×全幅1775×全高1530mmで、ホイールベースは2760mm。車両重量は1510kg。乗車定員は6人である。機械式立体駐車場制限に対応した3列シート車であることから、2014年5月に販売を終了した「ストリーム」の後継とみられることも多いが、全幅が1695mmで5ナンバー車だったストリームとは異なり、全幅は1775mmと広い。

 全高を1530mmに抑える一方で、i-DCDを搭載し、3列目シートも利用できるようにするにはパッケージングに工夫が必要になる。そこで、電池パックやインバータ、DC-DCコンバータなどを内蔵するi-DCDのIPU(インテリジェントパワーユニット)を、1列目シートのセンターコンソールに縦置きで組み込んだ。これまでに発売している、「フィット ハイブリッド」や「ヴェゼル ハイブリッド」、「グレイス」といったi-DCD搭載車は、車両後部の荷室床下に搭載していた(関連記事:新型「フィット ハイブリッド」燃費世界一の立役者、「i-DCD」の仕組み)。

超高密度低床プラットフォームのイメージセンターコンソールに縦置きで組み込んだIPUのカットモデル 超高密度低床プラットフォームのイメージ(左)とセンターコンソールに縦置きで組み込んだIPUのカットモデル(右)(クリックで拡大) 出典:ホンダ

 併せて、燃料タンクや排気システムを薄型化し、リヤサスペンションに低床化に寄与するダブルウィッシュボーン方式を採用した。アッパーアームを湾曲することで3列目シートの足元をフラットにして快適性を高めている。

競合は7人乗り「プリウスα」?

 ジェイドは、1550mm未満の機械式立体駐車場の制限に対応する3列シートのハイブリッド車である。国内ではこれと同じ機能を持つ車両がないので“オンリーワン”といえるだろう。

 ただし、全高1550mm未満ではないものの、トヨタ自動車のハイブリッド車「プリウスα」の7人乗りモデルは、3列シート車のハイブリッド車という意味ではジェイドの競合になり得る。税込み価格は282万8618円からで、JC08モード燃費は26.2km/lとジェイドよりも良好だ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.